ピアノと共に♪  美しい音楽を求めて♪

「より美しい音楽を奏でたい♪」という想いを抱きながら、日々レッスンに取り組んでいます。ピアノ・音楽をテーマに綴るピアノ講師の日記です♪

自分なりの「イメージ」の重要性♪

伝えたい想いも、受け止め方も、人の数だけあるんですよね。





自分の「今の感情」を、泣いたり、笑ったり、怒ったり…して、

ストレートに相手にぶつけるだけでも、伝わる事もあります。





でも、ただ単に、

「感情をぶつけるだけで、相手に自分の気持ちを理解してもう」だけでは、

人間社会の中で生きていく上では、上手くいかない場合の方が多い(^_^;)…。





自分の思っていること、感じていること…を、

言葉に出して伝えて、表現する事がとても大切ですよね(*^_^*)♡


☆☆☆☆☆☆☆☆


音楽は、「言葉」ではありませんが、

作曲家が「音楽作品」の中に、自分の想いをこめて生まれたものなので、

その作品から感じ取った想いを、

演奏者自身の心のフィルターを通して、

聴き手に伝える事なのですよね(*^_^*)♪





他者様が創った作品を、表現する演奏では、

演奏者自身の中に、しっかりとしたビジョン・イメージがないと、

聴き手に伝わらないんですよね(^_^;)…。





私自身も、学生時代の試験の課題曲で、

レッスンを受けて、それなりの「形」になっていたとしても、

自分自身が、「この曲を、本当はどう弾けばいいんだろう?」

という疑問を抱いたままで、

自分自身の中に「答えが見つからない状態」で試験を受けたことがありましたが…、

そういう場合は、当然のことながら「評価」も、あまりよくなかったんですよね(^_^;)…。




自分の想いを、言葉にして、他者様に伝える場合でも、

自分自身が、どう感じているのかを、

きちんと相手に伝わるように表現しないと、中々、理解してもらえない。





音楽で演奏する場合でも、

「演奏者が、どう感じ、どう表現したいのか?」

という「ビジョン」を、しっかりと心に描いておかないと、

聴き手に伝わらない演奏になってしまいます(^_^;)…。





技術的に「弾けるようになること」と同時に、

自分が、その作品を、どう感じ、どう表現したいのか?

という、確固たるイメージを心に描くことも、

とても 重要 なのですよね(*^_^*)♡





ピアノの前で、指を動かして練習する時間だけが、「ピアノの練習」なのではなく、

ピアノを弾いていない時間に、

「自分がどう感じているのか?」を「心に問う」ことも、

とても大切な作業、なのかもしれませんね(*^_^*)♡







こちらは、Tutti ピアノ教室の You Tube チャンネルです

 ↓ ↓ ↓

Tuttiピアノ教室 You Tube チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCkMq1vsEHMX8_W5oXBi1gaw






♪ Tutti ピアノ教室 ♪ Google + 

https://plus.google.com/b/115538042633806159971/115538042633806159971/posts



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ


  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング


♪ Tutti ピアノ教室 ♪ Google + 

スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

  1. 2016/12/09(金) 07:30:00|
  2. 演奏に関する私見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美しい音楽を奏でるために、技を磨くんですよね♪

和音が連続する「重音」を、レガートで美しく弾くのって、

結構難しいですよね(^_^;)♪




その音が、白鍵だけの時と、

黒鍵盤が混じっている場合とでは、

やはり、後者の方が、弾きにくいですね(^_^;)♪




私自身の次回の講師演奏の曲のモーツァルトのソナタにも、

この「重音のレガート奏」が、たくさんあるんです(^_^;)♪




重音のレガート奏では、私は、

上の音と下の音を別々に、単音のメロディーを、その指使い通りに練習してから、

重音にして練習しています。





重音は、「指でつなげられる音」を、頭でも理解して、練習しますよね♪

最初に弾いた音の後に、次に出てくる音が、同じ音の場合は、つなげることができません。

そういう 「物理的に つなげられない音」 があっても、

2音のうち、どちらかを、「指でつなげて」弾けていれば、

全体として、「つながって」聴こえるんですよね(*^_^*)♪






生徒さんの練習している曲の中にも、

たびたび、重音のレガート奏の課題が出現します♪





ピアノランド3巻の「たからのダンジョン」でも、

「お人形の夢と目覚め」や、ブルグミュラーの「狩」など…、

色々な曲で、「重音のレガート奏」が出てきますよね♪





そんな場合、「どの音を指でつなげて弾くのか?」 を、

「頭」でも、しっかり理解して、練習することが大切ですよね(*^_^*)♪





テキストに出てくる曲でも、発表会で演奏する曲でも…、

守らなければいけない「技」があって、

そういう技を、1つ1つ、丁寧に練習することで、

段々、自分自身の「技」として、獲得できるんですよね(*^_^*)♪





「技を磨くために、練習する」というより、

「より美しい音楽を奏でるためには、技がなければ演奏できない」

という事なのだと思います(*^_^*)♪




今、取り組んでいる作品を、より美しく演奏できるように、

これからも、1つ1つの「技」を、磨き続けていきたいですよね(*^_^*)♪







こちらは、Tutti ピアノ教室の You Tube チャンネルです

 ↓ ↓ ↓

Tuttiピアノ教室 You Tube チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCkMq1vsEHMX8_W5oXBi1gaw






♪ Tutti ピアノ教室 ♪ Google + 

https://plus.google.com/b/115538042633806159971/115538042633806159971/posts



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ


  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング


♪ Tutti ピアノ教室 ♪ Google + 

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

  1. 2016/11/21(月) 07:30:00|
  2. 演奏に関する私見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音楽を感じた呼吸で♪

ピアノは、極端ですが(^_^;)…、

「猫があるいても、音が出る」ものではありますが(^_^;)、

それでは、「音楽」を「演奏している」、とは言えないですよね(^_^;)♪




人が、声を出して、メロディを歌う時、

フレーズを感じて、ここから、ここまでは、1息で歌っていますよね。

つまり、音楽にあわせた「呼吸」をしているんですよね♪




歌を歌う時に、

変なところで「息つぎ(ブレス)」すると、

音楽が台無しになってしまいます(^_^;)…。




ピアノを弾く時に、「音楽に連動していない呼吸」でも、

物理的に、「音は出ます」が、

それでは、「魂のこもった素敵な音楽」にはなりません(^_^;)…。




ピアノの場合も、フレーズを意識して弾く事が求められます♪

「猫があるいても音が出るピアノ」であっても、

音楽を感じないで、指だけを動かして「音を出している」だけでは、

魂のこもった魅力的な演奏、にはならないんですよね(^_^;)♪



ピアノで「歌う」

ピアノで奏でるメロディーも、心の中で、歌い上げる事で、

出てくる「音」も、「音楽」になる♪

音楽を奏でる時の「呼吸」を意識する事は、

とても大切ですね(*^_^*)♡





f から p に移る直前も (その逆の場合も)、

フレーズが終わって、次のフレーズに移行する時も、

「息を吸って」 「1フレーズ毎に、歌い上げて」 音楽を創り上げる。




指を動かして、物理的に出てくる「音」だけでは、

「ピアノで音楽を奏でる」事にはならない…。




メロディーを歌う。

ピアノで歌う。




それを支えているのは、

「音楽にあわせた呼吸」「音楽を感じている呼吸」で、演奏する事 なのかもしれません(*^_^*)♡




「生きている」という定義の1つには、

「呼吸している」 という事も、含まれているんですよね♡

呼吸しなくなったら、命の灯火が消えてしまう…。




だから、「生きた演奏」にするためには、

「呼吸」が大切なのかな(*^_^*)♡




生きている人間だけに許された「演奏」できる力♪





「眠っていた音楽作品」に「命の灯火」を与える「演奏」という行為♪

「演奏者の息使い、呼吸」があってはじめて、

ほんの束の間、音楽に「生命力」を与える事になるのだろうなぁ…と、

私は、解釈しています(*^_^*)♡




ピアノを弾く時、

あなたは、「眠っている音楽」に「命」を与えていますか(*^_^*)?




ピアノを弾く私自身も、

眠っている音楽作品に、束の間の「命」を与えられるように、演奏していきたいなぁ…

と、感じています(*^_^*)♡





只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ


  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング



テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

  1. 2015/10/30(金) 08:00:00|
  2. 演奏に関する私見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「暗譜」を求められる理由♪

私が高校生だった頃は、NHKのFM放送では、クラシック音楽の時間が多かったので、

夏休みや冬休みなどは、私もよく視聴していました(*^_^*)♡

そのお目当てのクラシック音楽の番組の後に、『朗読』の時間がありました。




「聴きたい」と思ってではなく、たまたま聴く事になった朗読。

最初はちょっとウトウトしながら、「何となく聴いていた」のですが、

とてもお上手な朗読で、

いつの間にか朗読の「物語の世界」に惹き込まれて、

最後の頃は、眠気も吹き飛び、身を乗り出して聴き入っていたのでした!





確か、松橋登さんの朗読で、梶井基次郎の「ある崖上の感情」という作品でした。





それまで、読んだことのない短編小説でしたが、

物凄く、衝撃的で、感動した事を今でも覚えています(*^_^*)♡

その後、梶井基次郎さんの文庫本を購入して、

電車通学の道中、読み耽ったのでした(*^_^*)♡




朗読も、読み手自身が、その作品を、深い部分まで解釈できていなければ、

聴き手に、その作品の素晴らしさを伝えることはできないのですよね!





音楽も、作曲家が遺してくれた作品を、別人の演奏者が演奏するという世界で、

文学作品を朗読するのと、共通点が多いのだろうなぁ…と感じています。




作曲家(自分以外の方)が創作した芸術作品を、

演奏者自身の心のフィルターを通して奏でられる音楽。




演奏者自身が、いかに、その作品を、自分自身の中に取り込んで、咀嚼しているかで、

出てくる音楽・演奏も、違ってくる…。





演奏者自身が、深くその作品を味わって、解釈して、表現する。





ピアノの演奏は、指が動けば弾ける、という上辺だけの演奏、ではなく、

「演奏者自身の心の奥から奏でられる音楽」として演奏する事が、

最終的には求められる世界ですね。





「たどたどしい演奏」では、

聴く人は、「感動」しませんよね(^_^;)…。





演奏者自身の「内側」から奏でられるようになる事が、

演奏する目的、なのかもしれません(^v^)♡




聴く人に、その音楽の素晴らしさを伝えたいと願うなら、

まずは、自分自身が、その音楽を深く鑑賞して、自分の体内に音楽を取り込んで、

作品と対話をする。

その後に、その人が表現したい「その作品の世界」が、見えてくるのかもしれませんね(^_-)-☆♡





上辺だけで、取り繕った演奏ではなく、

自分の心の奥から発せられる演奏。






思わず、聴く人が惹き込まれていくような演奏を、

演奏者は、目指すべきなのだろうなぁ…と、感じています(*^_^*)♡





だから、「暗譜」で、演奏する事が、求められるのですよね(*^_^*)♡





暗譜も、訓練しなければ、暗譜で演奏できません。

演奏の「最終目的地」に到達するまでには、かなりの時間と努力が必要ですが(^_^;)…、

1つ1つ、地道に努力して、実力をつけて、

目的地に到達していただきたいなぁ…と、心から願っています(*^_^*)♡



千里の道も一歩から




たとえ、今すぐにはできなくて、身についていなくても…、

その人が「今、できる事」を、一生懸命こなしていくと、

「きっと、いつか、手に入る♡」と信じて…、

夢と希望を心に抱いて、

これからも、ピアノの修行をがんばりましょうね(*^_^*)♡





只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ


  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

  1. 2015/05/13(水) 08:00:00|
  2. 演奏に関する私見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目を閉じて弾く音色♪

自分の弾くピアノの音色を聴いて、

「より美しい音を出したい!」

そう思って練習する時に、

「目を開けて弾く音」と、「目を閉じて弾く音」とでは、

後者の「目を閉じて」弾く音の方が、美しいように感じます



「視覚からの情報」を遮断した方が、

演奏の際にマイナスに働く「雑念」に惑わされずに、

より「聴覚」が敏感になる、という事なのかもしれません(^v^)♡




暗譜をした後に、「より美しい音色」「豊かな響き」を求めるのなら、

「目を閉じて」弾いてみる




確かに、弾いているのは「自分」だけれど…、

目を閉じて演奏している時は、

「自分が弾いている」というよりも、

「作品と対話している」という感覚になって、

「その作品が、本来、どういう音色で表現されたいと望んでいるのか?」

という事を感じ取りやすくなると、私は感じています。




無我の境地、というものなのかもしれませんね





過去の経験上、自分の中にある「雑念」を無くして、演奏する方が、

結果的に「魅力的な演奏」になっているような気がします。




周りに誰もいない空間で、

自分一人で「練習」している時には、そういう形で練習できても、

不特定多数の「聴衆」の前で演奏する「本番」で、

この境地で演奏できるようになるまでには、

かなりの修行が必要ですよね(^_^;)!





「本番」の時は、色々な雑念がよぎりますよね(^_^;)!




「多くの人に聴かれているから、ミスしないで弾きたい」と…(^_^;)。




「演奏している自分」は、「その作品を弾くための道具」のような心境で、

ただ、ひたすらに「作品を表現する事」に集中できるようにする事が、

一番大切なのかも知れないですね(*^_^*)♡



私は、まだまだ、未熟者(^_^;)!

わかっていても、とても、難しいです(^_^;)




いつか、私も、心の中に思い描く音楽を、

「無我の境地」で演奏できるようになりたいです(*^_^*)♡




ピアノの修行は、本当に奥が深いですね(*^_^*)♡






只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ


  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

  1. 2015/04/06(月) 08:00:00|
  2. 演奏に関する私見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

chihiropiano

Author:chihiropiano
このたびは、ブログ【ピアノと共に♪ 美し音楽を求めて♪】にお立ち寄りいただき、ありがとうございました!

音楽が大好きで、長年、ピアノを専門に学び、今、千葉県茂原市でピアノ講師をしています♪

縁あって私のもとでピアノを習いに来てくださっている生徒の皆さんにも、ピアノ音楽の素晴らしさを伝えていきたいと考えています。

自分の心の中にある「理想的な演奏」を再現することは至難の業ですが、演奏できる場で、少しでも想い描く理想の演奏に近づけるべく、日々練習を重ねています。

ピアノを練習する時間は、「音楽からの贈り物を享受できる至福の時間」です。ピアノを演奏できることに感謝して、これからもピアノと共に素晴らしい時間を過ごしていきたいと考えています♪

水瓶座・B型:
  独特な感性の持ち主?

好きな色:ピンク

好きな作曲家:
   ショパン
   リスト
   モーツァルト



♪ Tutti ピアノ教室 ♪ の詳細については、下記の【ホームページ】をご参照くださいませ♪ 

【♪ Tutti ピアノ教室 ♪】
 
  【ホームページ】

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
講師演奏・動画 (19)
発表会 (112)
グレードテスト (12)
演奏に関する私見 (12)
レッスンの特徴 (18)
レッスンでの出来事 (74)
レッスン風景 (3)
体験レッスン&レッスン風景 (25)
大人の生徒さん (19)
生徒さんとの関わり方 (13)
音楽全般 (29)
学び・気付き・感動 (26)
セミナー (12)
講師のひとり言 (93)
私の歩み~過去を振り返って (6)
ピアノを通して (83)
佛教から学ぶ事 (20)
ピアノ教室・施設紹介 (57)
お知らせ (12)
千裕先生のレッスン (8)
発表会・演奏動画(連弾) (15)
発表会・演奏動画(生徒ソロ) (22)

☆ ホームページ ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪

【ホームページ☆お店のミカタ】

ご関心のおありの方は、ご高覧いただければ幸いです♪

☆ お問合せフォーム① ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪
【お問合せフォーム①】
【体験レッスン申込用・fc2】

【体験レッスン】をご希望の方は、こちらの【お問合せフォーム①】からお申込みください♪ 現在、空き時間が少なくなってきています。ご希望の曜日・時間帯によっては、体験レッスンを実施できない場合もございますが、その折は、悪しからず、ご容赦願います。

☆ お問合せフォーム② ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪
【お問合せフォーム②・fc2】
【ご質問・お問合せ用】

【ご質問・お問合せ】については、【お問合せフォーム②】からお問合せくださいませ♪

☆ メールフォーム③ ☆

【メールフォーム③・fc2】

この【ブログ】をご高覧いただいての【ご感想など】については、こちらのメールフォームからどうぞ♪

☆ Tutti ピアノ教室 ♪ ご案内 ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪

ピアノ教室.COM

Music Square.jp

【音楽教室検索サイト】☆リンク☆

☆ facebookバナー ☆

Chihiro Takahoso


Tutti ピアノ教室

☆ 演奏動画 ☆

発表会での講師演奏です♪

華麗なロンド Op.62
(ウェーバー)

スケルツォ 第2番 Op.31
(F.ショパン)

3つの演奏会用練習曲よりⅢため息
(F.リスト)

バラード 第3番 Op.47
(F.ショパン)

幻想即興曲 Op.66 (F.ショパン)
ラ・カンパネラ (F.リスト)
①きらきら星変奏曲 K.265
(W.A.モーツァルト)

②きらきら星変奏曲 K.265
(W.A.モーツァルト)

超絶技巧練習曲 第10番
(F.リスト)

ソナタK.330 第1楽章
(W.A.モーツァルト)

ノクターンOp.27-2(F.ショパン)
月の光(C.ドビュッシー)
ロンドK.485(W.A.モーツァルト)
バラード 第1番 Op.23
(F.ショパン)

アラベスク第1番(C.ドビュッシー)
ソナタK.333 第1楽章
(W.A.モーツァルト)

ノクターンOp.9-2(F.ショパン)
ラ・カンパネラ(F.リスト)

ご関心がございましたら、どうぞお聴きください♪

リンク

このブログをリンクに追加する

☆ お友達ブログ ☆

【facebook】お友達のピアノ講師の先生方のブログ集♪

【磯山久理ピアノ教室】
【Piano Diary~ようこピアノ教室】
【鈴木直美ピアノコラム】
【白石ピアノ教室『頑張ってる通信』】
【いつも心に音楽をくちびるに歌を♪】
【荒井千裕*ピアノの音の綴り方】
【香港発ピアニスト/ピアノ講師*音の綴り方(荒井千裕)】
【保科陽子 近況ご報告】
【コーチングレッスン(保科陽子)】
【せとピアノ教室(瀬戸喜美子)】
【どれみスタジオ(遠藤 操)】
【しょうこ先生の日々。(益子祥子)】
【ワクワクピアノレッスン(大石富子)】
【ピアノ脱力法メソッド(大嶋聡子)】
【大竹道哉・日々雑感】
【想い出の樹(中嶋恵美子)】
【やすこ先生の日記帳(荒木安子)】
【ピアノの音色(愛野由美子)】
【山口県下関市・little-Note Piano Studio(神野由香)】
【音楽センスを~(山本美芽)】
【Piano Room(藤代のりこ)】
【俺達の遺伝子(沖田大佑)】
【いのうえピアノ教室・トピックス】
【みさきピアノ教室(千葉美咲)】
【アルモーニア教室(高野芳美)】
【ゆきえせんせい(矢内幸恵)】
【今時のピアノの先生(石嶺尚江)】
【優しい風(大原由紀)
【楕円は踊る♪(緒方ヤヨイ)】
【未来輝くピアノレッスン&コーチング♪(林 美紀)】
【ぴあのすく~る(中塚三貴子)】
【茉音's Diary Sweet Harmony(若谷茉音)】
【キティのお部屋(キティ先生♡)】
【チッペンデール(冨永雅子)】
【中川純子ピアノ教室】
【Life with Klavier(大西由佳)】
【すくすくミュージック(信定千尋)】
【寺坂亜紀音楽教室】
【ミュージックサロン(望月 和)】
【取手市もみの木のうた(坂上明子)】
【美音・音もだち(佐藤 美和)】


【ブログ】には書いている方の個性が表れます♪ 素敵な先生方のブログ、ご関心がございましたら、是非、ご高覧ください♪

☆ お気に入りブログ ☆

過去に“コメント”を残した事のあるブログ集♪

☆【しんわのばら日記】☆
☆【仏の赤川塾】2011.8.8☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

只今、ランキングに参加中です。 皆様からの【クリック】が【大きな力】になります♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ



趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

皆様の【1クリック】が【大きな力】となります♪ 温かい【応援クリック】どうぞよろしくお願いします♪

アクセスランキング

音楽

[ジャンルランキング]
音楽
1310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
45位
アクセスランキングを見る>>

ピアノ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

アクセスカウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

下記のQRコードを携帯電話で読み取り、アクセスしてください♪

QR

RSSリンクの表示

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: