ピアノと共に♪  美しい音楽を求めて♪

「より美しい音楽を奏でたい♪」という想いを抱きながら、日々レッスンに取り組んでいます。ピアノ・音楽をテーマに綴るピアノ講師の日記です♪

「大喜び」しなかった訳

前回のレッスンで、いつも送迎してくれているお父様から「卒業式の伴奏者に選ばれました」とご報告いただいていた生徒さんが、今回、その「伴奏の楽譜」を持ってこなかったので、
「卒業式で弾くんだったら、レッスンしないといけないでしょ」とお話したら…、
「私、本当は補欠なの。2番なの。この前はウソをついて伴奏者に選ばれたって言ったの。」と、告白しました

だから、先週「大喜び」していなかった、というか、できなかったのね…。

きっと、お父さんとかにも叱られたんだろうな…。

結果を受け入れられずに、「ウソをついてしまう事」って、子供なら時々あることです。

本当に「自分が選ばれたかった」のでしょうし、「選ばれ」たという「幻想」に浸って、自分がオーディションで1番になれなかった事から「現実逃避したかった」のかな。
お家でも「伴奏者に選んでもらえるかも知れない」と期待されて、「本当の事をお話しにくかった」のかも…。
時間がたてばすぐに「ウソだ」って「バレてしまう」のに…。

でも、その「ウソをつき続ける事」の方が、辛かったでしょ

私はね、「オーディションで合格する事」を目標に「努力した事」の方が、大切だと思うの。
惜しい結果で「2番」になって、「卒業式で演奏できないかも知れない」という事で、本当に残念だけど…、「負ける」という経験をしないとわからない「悔しい気持ち」「悲しい気持ち」「辛い想い」…そういう感情を「身にしみて」体験した人でなければ、「人の心の痛み」はわからないんだよ。
「子供時代」に、こういう「負ける体験」をしておくことは、素敵な大人になるためには「通らなければならない道」だと思っているの。
今は「辛い」って思うかも知れないけれど、今回の経験は、あなたにとって「大きな宝物」にきっとなっていくから。

「オーディション」で2番でも、あなたの「人格を否定」されたわけではないんだよ。
ただちょっと、1番の子の方が、選出を決定した先生の評価が高かった、という事なの。
特に「音楽」は、聴く人の好みに左右されるもの。別の先生だったら、結果だって違ったかも知れないよね。

「今回」は残念だったけど、「チャンスはまだまだある」のだから。
まだちょっと「悔しい」かも知れないけれど…、1番の子の「良いところ」はきちんと見習って、ちゃんと「その結果を認められるように」なろうね。
それに「補欠」なら、1番の人が急病になったりして弾けない時に弾く事になるのだから、「レッスン」しないといけないよね。ちょっと辛いけど、準備はしておかないといけないね。

「ウソをついた事」を告白したこの生徒さん。まだ「傷心」のような感じだったので…、今回は私は「この件についての指導」は差し控えましたが、もう少し「元気」になったら、少しずつこういう事を伝えていきたいな、と思っています。

そして、今度は、「本当の事」を報告できるようになってね

続きはこちら⇒【「6年生を送る会」のピアノ奏者だね♪】(2013年2月9日投稿記事)


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

スポンサーサイト
  1. 2013/01/31(木) 00:00:00|
  2. レッスンでの出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようやく咲いたお花♪

昨年の秋にホームセンターで購入した「シャコバサボテンの鉢植え」が、ようやく花を咲かせました。1度花が咲き終わって葉っぱだけになっていたものだったのですが、当初【798円】だったものがなんと【70%引】で、【約240円】になっていたので、そのお安さに心惹かれて思わず買ってしまったのですが…、中々つぼみが出来ず「もう葉っぱだけで終わりかな…」と半ばあきらめかけていたので、購入から約3ヶ月経った今、美しく咲き始めたお花を眺める事が出来て、何だかとってもうれしいです

葉っぱだけだった時はいらっしゃる生徒さんの誰一人として「植物がある事」に関心を持たれなかったのに、お花が咲き始めた先週のレッスンの時に、小学生の生徒さんが「これ、本物のお花きれいだね~」とウットリしてくれました。

教室にお花がある効果は大きいんですね。
きれいにお花を咲かせてくれて、ありがとうね

シャコバサボテン


「ピアノでお花を咲かせる」って、どんな事だろう…、ちょっと考えてみました。

習い始めたばかりの頃は、鍵盤の並び方も音の名前も何もかも知らなかった生徒さんが、レッスンで習って色々と覚えて「はじめての曲」が最初から最後まで1曲通して弾けるようになった時、ピアノで曲が弾けた時、それが「ピアノでお花を咲かせる」って事なのかな。

はじめの曲はとても小さな小さなかわいいお花だけど、1曲、また1曲と、演奏できる曲が増えていって、お花の種類や色もどんどん増えて「素敵なお花畑」のようにどんどん豊かになっていく、そんなイメージなのかな。

そして、その「素敵なお花畑」は、それを「愛でる人の心を癒して」くれるように、「ピアノ」も練習して「色々な曲が弾ける」ようになることで、「聴く人の心に感動を与えてくれる」とても素敵な世界になっていくのかな、って思います

そんな「人の心を豊かにしてくれるピアノ」も「普段の練習」は、毎日同じような変わり映えのしない「くり返し」が多いのも事実です。「単調な練習」にちょっぴり飽きてしまったり、「大変だな~」って思う事ももちろんありますが…、「日々の練習を積み重ねていく事」によって「美しい音楽を演奏できる力」が身についていくんですよね

「絶対にきれいなお花が咲くんだ」と諦めずに信じて「美しく花を咲かせる日」を待ち続けるように…、ピアノを習っている生徒の皆さんが「日々の地道な練習」を続けることで、「目に見えない成長」を遂げて、今よりも「もっと素敵なピアノの演奏が出来るようになる」と信じ続けていく事の大切さを、改めて感じています

生徒の皆さん、これからも1曲でも多くの「憧れの曲」を弾けるようになるために、頑張って練習していこうね。皆さんの「素敵なお花畑」が「より豊かに美しく」花開きますように…


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/01/29(火) 00:00:00|
  2. ピアノを通して
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーディション合格おめでとう♪

先週「学校の卒業式」での「伴奏者のオーディション」に臨んだ小学校5年生の生徒さんのレッスンがありました。結果は、この生徒さんが「伴奏者」に選んでもらえたそうです。頑張った甲斐があったよね

合格したのに、「1人しか選んでもらえないオーディション」を経験して、「手放しで喜べない」というか、ちょっと「複雑な心境」といった様子で…。
そうだよね~。4人オーディションを受けて、3人は落ちちゃったわけで…そのお友達の前で、「私、選んでもらえて、とってもうれしいな。」なんて、はしゃいだり言ったりできないよね。
今まで私の前では「いつでも勝気」だったこの生徒さんが、オーディションに合格して「大喜び」するのかと思ったら…、小学生でも学校生活って何かと「気を使うもの」なんだね。でも、そういう姿を見て「ちょっと大人になったんだな」とこの生徒さんのご成長が伝わってきて、何だかうれしかったです

でも、努力して手に入れた「伴奏者」なのだから、自分の実力に自信を持って、誇りに思っていいんだよ。選んでもらったのは、「あなた」なのだから…

「オーディション合格、本当におめでとう。卒業式で演奏するから、責任重大だよね。ピアノ伴奏をする在校生の代表者として本番までしっかりと練習し続けないといけないよね。」とお話しました。

今までは「憧れ」だと思っていた「全校生徒の前で演奏する伴奏者」に選ばれたことで、それまでは「感じることなかった心境」に至ったこの生徒さん。卒業式の本番を迎えるまで、色々な事を感じ取ることになるでしょうね。他の生徒さんから「好意的な感情」で「羨望の眼差し」で見られたり、羨ましいという気持ちが高じて…ひがまれたり、ねたまれたり…といった「ちょっと嫌な思い」をすることだってあるかも知れません。色々な想いが錯綜する中で「自分の責任を果たす事」はとても大変ですが…、自らが望み努力して獲得した「ピアノ伴奏者の地位」をきちんと果たせるように…、本番まで頑張ってね
今回、代表でピアノ伴奏者として「経験しなければわからない事」をたくさん感じ取り、学びながら、「本番の重圧」に負けずに、「人の心の痛み」を感じ取れるような素敵な心を育みながら、これからの「人生の宝物」にしていってほしいな、と思っています。

ピアノでのオーディションに限らず、これから先も生きていく中で「勝敗のある場面」に遭遇することが出てくると思います。
そういう時に「自分自身に実力をつけていく事」で結果的に「勝者」になれたのなら、喜んでいいし自信を持っていいと思います。そして「敗者に対しての敬意と配慮」を忘れずに、「しっかりと責任を果たすべき」なのでしょう。
もちろん、僅差で「敗者」となってしまう場合だってありますよね。その時は「実力で勝ち取った方に対して敬意」を表して、潔く結果を受け止めて、これからもっと「自分の実力をつる努力をしていく事」が大切なのではないでしょうか

今までも何人もの生徒さん達が、「学校でのピアノ伴奏者」を目指してオーディションに臨むことが度々ありました。
各学校によって「オーディション」の基準も様々で、生徒さんも保護者の方もその結果に一喜一憂したり、時には「学校側の思惑」などに理不尽さを感じたり…。

音楽で「勝ち負けをつける」という選抜方法は、私個人はあまり好きではありませんが…、「他者と戦う」という意識で臨むのではなく、「自分自身をより高めるため」に通らなければならない道なのだと考えて、「結果を恐れずに、挑戦していく事」はとても大切ですよね

「憧れていた時」には気付かなかった「実際に経験してみて“はじめてわかる事”」もたくさんあります。
「ピアノ」を通して学べることは「演奏技術」だけではないんですよね。
「ピアノを習う事」で、人として生きていく中でとても大切な「色々な体験」をしながら、生徒さんが「魅力的な人」に成長していくお手伝いを続けていきたいな、と思っています

続きはこちら⇒【「大喜び」しなかった訳】(2013年1月31日投稿記事)


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/01/27(日) 00:00:00|
  2. レッスンでの出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「連弾」演奏の魅力♪

皆様、こんにちは。今回もご高覧いただきありがとうございます

私が子供の頃に使っていた「バイエル」でも、「伴奏譜が載っている曲」の時に、先生が隣で伴奏を弾いてレッスンしてくださいましたが、「バイエルの練習曲が、先生の伴奏が入るととても素敵な曲に変わるんだな。」と子供ながらに感じた記憶が今でもあります。

私が「連弾の魅力」を感じた原点はそこにあるのかも知れません
という訳で…、習い始めて間もない生徒さんが、先生の伴奏に合わせて「連弾」でピアノを演奏する喜びを実感できる「ピアノランド」を使用してレッスンしています
もちろん、発表会でも「生徒さんとの連弾演奏」もやっています

まだ習い始めて間もない幼少の生徒さんが発表会で演奏する時、ソロの曲を2曲弾いたとしてもほんの数分で演奏し終わってしまいます。本当に習い始めたばかりの小さな生徒さんの曲は、「両手で演奏できる曲目」も範囲が狭く、左手の伴奏も単音または和音のみで、ちょっと物足りないというか、呆気ないというか、寂しいですよね…。
でも「連弾」でも演奏できると、生徒さんが「第1ピアノ」でたとえ右手だけでメロディのみを弾いていたとしても「第2ピアノ」の音が重なるとグッと音楽が豊かに華やかになって「弾き映えのする演奏」に劇的に変化します

「連弾」では「それぞれのパートを演奏する」ので、「自分のパート」をしっかりと責任を持って演奏する事ができるように育っていきます。
「ソロの曲だけ」ではテンポが速くなってしまったり、ゆっくりになってしまったり、「テンポが安定しない生徒さん」には、第2ピアノの音に合わせて「テンポを一定に保って演奏する習慣」を身につけるのにとても有益です。

それにピアノの練習を1人だけでやっていると、時々「孤独感」を抱く事もあるのですが…、「連弾」は講師と2人で「1つの曲を完成させるもの」なので、「アンサンブルの楽しさ」を実感しながら「一緒に奏でている音楽を聴いて“音楽を聴く耳”を育て、拍節感も育んでいくことができる」とても素敵な演奏形態ですよね

私は「自宅教室」の他に、週1回「別の音楽教室」でも指導しています。
その音楽教室の発表会は3月2日なので、こちらの方が先に開催予定ですが、今は、この音楽教室で指導にあたっている先生が少なくなったせいか、出演する生徒さんも少なくなってきたため、発表会に「時間的なゆとり」が出てきて、数年前から「講師演奏」もできるようになり、私のクラスについては昨年から「生徒さんとの連弾の時間枠」も作ってもらえるようになりました

「発表会での連弾演奏」は「自宅の生徒さん」とは今までもずっと当たり前のように実施してきた事でしたが、「こちらの音楽教室の生徒さんたち」も「発表会で連弾ができる環境」になったので、本当によかったです

自宅でも音楽教室でも「1対1の個人レッスン」で、使用する教材も「講師の判断」にゆだねられているので、レッスンの内容は、ほぼ同じ内容をレッスンできています
どちらの教室で習っている生徒さんにも「音楽を楽しみながら、ピアノを学んでいってほしいな」と私は願っています

「連弾」があると、私自身も「第2ピアノ」の練習を「参加人数分の準備をしないといけない」のですが、「生徒さんと音楽を作り上げることのできる喜び」を実感しながら、私自身も音楽を楽しみながら、発表会に向けて生徒さんと一緒に頑張っていきたいな、と思っています


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/01/23(水) 20:00:00|
  2. 発表会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「楽しい発表会」と感じてもらうために♪

皆様、こんにちは。今回もご高覧いただきありがとうございます

6月の発表会に向けて選曲して数ヶ月レッスンしてきた演奏曲目も、どの生徒さんも「右手」についてはほぼ弾けるようになってきて、進度の早い生徒さんの中には「両手のレッスン」に入っている生徒さんも出てきました

「クラシック系の曲」については、その曲で「グレードテストを受験したい」と申し出る生徒さんもいらっしゃいますので(当たり前の事ですが)「楽譜通りに演奏できるように」しています。

発表会で演奏する曲は、私のクラスの場合、現時点での教則本で練習している曲よりも「少し難しい曲」を与える事にしているので、生徒さんにとっては「高いハードル」ですよね。
この課題を「自らの努力で乗り越えられるように」育ってほしいな、と私個人は願っていますが、生徒さんによっては、「重荷」と感じて、選曲した当初は「この曲大好き」と言っていた子も、「練習が過酷」だと感じてしまって、練習がはかどらなくなってしまう事もありますよね。生徒さんの「レッスンでの様子」を見ていれば大体わかります。

こういう状況の場合、まだあと5ヵ月あるこの時期なら思い切って「曲目変更」する事も可能です。
「クラシック系の曲」が発表会までに仕上がりそうにないかな…、と予測できる場合、もちろん、生徒さんのプライドを傷つけないように配慮しながら、
「この曲、今はちょっと難しいみたいだよね…。もう少し先の発表会の時に弾く曲にしてもいいんだよ。今回は気分を変えて別の曲にしてみる?」とお話してみると…、
ご本人も数ヶ月レッスンして弾きあぐねている曲の場合は、内心ホッとした様子を見せる事が多いです
今年はというと、「曲目変更」をしないといけない生徒さんはいません。よかったです

「アニメソング」や「ポピュラー系の曲目」については、「楽譜通りの編曲」で弾ける生徒さんは、もちろん「そのままの形」で演奏してもらっています。
でも楽譜通りではちょっと大変そうな生徒さんの場合は「右手のメロディ」が弾けるようになっているのであれば、左手の伴奏をより演奏しやすく編曲し直したりして仕上げるという事もできます。という事で…今回は「左手簡単バージョン」の楽譜を1曲作成中です
「ポピュラー系の曲」は、クラシックの曲で育ってきた私自身も「結構、難しいな~」と感じる事が実はよくあるんです。
「左手簡単バージョン」を作るのは、ちょっと手間ひまがかかりますが、発表会に出演する生徒さん自身が、楽しさでワクワクしながら発表会当日を迎えられるようにするための「ひと手間」なら、「やってあげなくちゃ」と思っています

こうやって「左手簡単バージョン」の楽譜を作りためておくと、「○○ちゃんが弾いた曲、私も弾いてみた~い」という生徒さんが出てきた時に、その生徒さんの進度に応じて「どのバージョンの編曲が適当か」を判断した上で次回以降の発表会にも使えますよね

年に1度の発表会で、出演する生徒さん1人1人が「主役気分」で本番当日を迎えられるように、レッスンで一緒に頑張っていきたいな、と思っています


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/01/21(月) 00:00:00|
  2. 発表会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

選ばれるといいね♪

皆様、こんにちは。今回もご高覧いただきありがとうございます

小学校5年生の生徒さんが、
「卒業式の時に在校生(5年生)代表でみんなの前で弾くピアノの伴奏者になりたいの」と言って、昨年末の最後のレッスンの時に「合唱の伴奏の楽譜」を持ってきました。
「じゃあ、年末年始のお休みの時に練習できるよう、色を塗って指使いを書いておくから自主練習、頑張ってね」と楽譜に手を加えて、早速その日から弾き方のレッスンをしました。
年明けのレッスン日には、大分弾けるようになっていました
オーディションでは「4人」が受けるそうですが…、○○ちゃん、選んでもらえたかな

前回のレッスンの時に、
「卒業式の時の伴奏者に選ばれなかったら、別の曲を【6年生を送る会】でも演奏者になれるチャンスがあるから、こっちがダメだったら、今度の曲も教えてね」と言われて、「もちろん。教えてあげるね」とお約束しました。
「でも、卒業式で弾ける人の方がかっこいいから、そっちになれるといいな…
「そうだね、じゃあ、明日のオーディションで上手に弾けて、合格できるよう祈っているよ。」
と言って、前回のレッスンを終えました。

この生徒さんは3年生から習い始めて、最初の体験レッスンの時に「卒業式の時に6年生のお姉さんがピアノを弾いていて、私も卒業式の時にピアノを弾ける人になりたいの」と言っていたので、「学校での式典で選ばれてピアノを弾く事」は、この子にとって「憧れ」であり、とても大きな「目標」なんですよね。

学校行事の伴奏者選びは、その学校内で判断する事なので…結果はどうだったのかな
次回のレッスンで報告してくれる事になっています

この生徒さんに限らず、多くの生徒さんにとって「学校」は、「自分の所属する社会の中心」と感じている子が多いですよね。
ピアノを習っている生徒さんは皆「学校」でも「自分の実力を認めてもらいたい」と感じているのだと思います。
私は「ピアノ講師」なので、それぞれの生徒さんが所属している学校行事については全く発言権もありませんので「その子がオーディションで選んでもらえるように、精一杯レッスンで指導する」ということしかできません。
自分の生徒さんがとても上手に演奏できるようになったとしても、それ以上に「学校の先生が評価する別の生徒さん」がいれば、選んでもらえない事になってしまいます
実力的には甲乙つけがたい場合でも、「1人だけが選ばれる」訳で、合格すれば嬉しいですが、ダメだったらショックですよね…。

でも、子供の頃から「結果」を恐れずに、「目標に向かって努力して挑戦する体験」をしていく事はとても大切だと思っています。
こういう経験を重ねていく中で、望む結果になったり、ならなかったり…、そういう「体験」を通じて「人の心の痛みのわかる人間」に育っていってくれればうれしいな、と私は思っています
今は、○○ちゃんが「オーディションに合格している事」を心から祈っています

続きはこちら⇒【オーディション合格おめでとう♪】(2013年1月27日投稿記事)


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/01/18(金) 20:00:00|
  2. レッスンでの出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪かき

皆様、こんにちは。今回もご高覧いただきありがとうございます

茂原市も成人の日の14日の午後から雪に変わって翌朝(15日)は積もった雪がカチカチに凍っていました。
日当たりのよいところなら放っておいても自然に解けるかも知れませんが、やはり「人手」を加えて雪かきしないと「安全に通行できる状態」にはなりません。
夕方には生徒さんも来るし、家族も自分も使う家の前の道路や来客用駐車場に積もった雪かきをしなくちゃ、と思って、お日様が出てカチカチだった雪が少しやわらかくなってきた10時半頃から雪かきを開始しました。
来客用駐車場は3台分とめられる広いスペースですし、自家用車カーポート前の道路や教室の出入り口の道路や階段など広範囲だったので、12時までかかってしまいました
お昼ごはんをいただいた後、「県道に出るまでの市道」もちょっと危険で気になっていたので、そちらも手を広げて作業しました。建物の日陰部分は道路の表面に固まった雪が凍りついていて、「雪かき用のスコップ」で叩き割って氷を剥がして道の端に寄せておけば安心して通行できるようになります。
午前と午後合わせて3時間もの大仕事でしたが、「情けは人の為ならず」です。「私も使用する道路」を安全に通れるようにできてよかったです

でも、折角「安全に整えた道路」に、近所の子供たちが雪を道に投げて遊びだしたのです。もう4時半過ぎで、すぐに日も落ちてそのまま路面に雪が残ってしまったら危険ですよね。
なので、注意しに行きました。「このまま雪を道路に放置したら凍って道路を通行する車や人が危険な思いをするからやめようね」と。
1回注意すれば大丈夫だろうと思っていたら、また数分後に始まったので再度注意しました

私だってこんな事言いたくないですけど…。
本来は「親」が注意すべき事なのではないのかなと思います。
「学校」でも、雪が道路に残ったら危険だという事は指導すると思うのですがしないのかな
あまり「雪の降らない地域」では、子供たちにとっては「雪遊び」は楽しいものだろうな、と思います。もちろん「雪遊び自体をやるな」、と言っているのではなく、お家のお庭などでやる分には全く問題ありませんけれど、「道路」では問題があります。何故なら、「人の命の危険にもつながる可能性がある」からです。

私が子供の頃は、人としてやってはいけない事「道理に反する行為」をした時は「親」に叱られて、「善悪についての指導」を受けながら成長しました。
今はそうではないのかなと感じる時が「ピアノのレッスン」を通じても遭遇する事があります。

「ピアノの講師」は生徒さんからすれば「他人」ですが、縁あって「師弟」となったのであれば、「ピアノの技術指導」だけでは不十分な生徒さんには、「身近な大人」として、子供の生徒さんに「人としての道理」を教えていくことも必要なのかな、と思っています
【2012年12月7日】に投稿した「無着先生のお話から」のブログでも書きましたが、「子供」は「仕込まれて」ようやく「大人」に「1人前になる」のですから…


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/01/16(水) 00:00:00|
  2. 講師のひとり言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピアノをやめた生徒さんとの交流♪

皆様、こんにちは。今回もご高覧いただきありがとうございます

高校受験が差し迫った1年前にピアノをおやめになった生徒さんから今年も元旦に年賀状をいただきました。
おはがきには「最近、ちょっとピアノを弾き始めました。友達がボーカルで私が伴奏をやっているんです。やっぱりピアノって楽しいですよね」と書かれていました。

昨年の春に県立の進学校に無事合格なさって、今高校生活を楽しんでお過ごしのご様子でした。
この生徒さんのご家族とはお姉ちゃんとお二人を指導させていただいて、10年以上の長いお付き合いでした。毎年発表会でソロと連弾で共演したり、ピアラのグレードテストで級を取得したり、ピアラのコンクールに出場したり…と、思い出もたくさんあります。
ご両親様もとても教養が高く、安心してお付き合いできる素敵なご家庭のお嬢様方でした。
お二人ともお勉強もよくお出来になって進学校の高校に通う事になると、学業とピアノとの両立は難しくなってお二人ともピアノはおやめになったのですが、去年の6月の発表会には片道30分以上かかるのに、ご家族揃って演奏を聴きに来てくださいました

今は「レッスンでお目にかかる事」はできませんが、発表会の時に聴きに来てくださったり、年賀状等を通じて「ピアノを楽しんでいる」というメッセージをいただいたり、直接の指導が終わった後もお二人のご成長を感じ取りながら交流できて、私もとても懐かしく、嬉しいなと思っています。

「ピアノを弾ける技術を持っている」事で、お二人とも「ピアノという趣味」を持って音楽を楽しんでいくことがができるんですよね。
志望する大学受験の勉強の合間のひと時にでも、「ピアノを弾いて」リラックスして息抜きできるのはとても素敵な事だと思います

お二人とも「子供の頃から習っていたピアノ」で身につけた「演奏技術」をこれからも大切になさって、この先、大人になってからも「ピアノを生涯の趣味として」楽しんでいっていただきたいな、と願っています

過去に指導させていただいた生徒さんには中々直接お目にかかる事ができませんが、ご一緒にレッスンして過ごした時間の思い出を大切に持ち続けて、これからのご成長を陰ながら見守っていきたいな、と感じています


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/01/14(月) 16:00:00|
  2. 生徒さんとの関わり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

学びの姿勢~素直な心の大切さ♪

皆様、こんにちは。今回もご高覧いただきありがとうございます

「大人の生徒さん」でよく登場する生徒さんはパソコン等はあまりお使いにならないということで、今まで私が投稿した記事をリアルタイムではご高覧いただけなかったのですが…、「○○さんの事を書いているので、年末年始にご家族が帰省した時にでも、是非、ブログの記事を読んでみてくださいね」とお伝えしていました。
年明けのレッスンにいらっしゃった時に、「先生のブログ拝見しました。先生の文章は素直に心に入ってきて、私の事を文章にして書いてくださってとても嬉しかったです。」とおっしゃってくださいました
ブログに登場する「生徒さんたちがいらっしゃるから書ける記事」は、やはり、その「当事者の方」には「是非、ご一読いただきたいな」と思うものなので、読んでいただけて私もとてもうれしかったです

昨年末最後のレッスンで「海・その愛」を仕上げて、「新たな気持ちで」新しい曲「さとうきび畑」をお渡ししてあって、今回から新曲のレッスンを始めました
『新しい曲は、本当に頭を使っているって実感しますね。一見簡単そうに見える楽譜でも、右手のメロディもパッと手を移動しないといけないところがあったり、左手は普段あまり使わないけれどピアノだと5本の指全てを使って指使い等にも気を使いながら動かすし…。でも、間違った音を弾くと間違えに気付くから、そこのところを気をつけなくちゃ、と思って練習していって段々とできるようになるんですよね。ピアノでも水泳でも「できなかった事が出来るようになった時の喜び」は、何とも言えなく嬉しいものなんですよね。』とお話してくださいました

シニアのこの生徒さんは以前ご紹介した通り「忍耐力」があり、そしていつでも「素直な心」でレッスンを受けています。「素直な心で学ぶ姿勢」はピアノ等の習い事ではとても大切な事です。
指導する側の人間は、生徒さんに「上手になってほしい」と願っています。だから「今よりもよい演奏ができるようになるためのアドバイス」をする事になります。「できなかった事」を「できるように指導する」のは簡単な事ではなく、生徒さんご自身が「この技術を身につけたい、習得したい」と強く望むことではじめて「ご本人が努力できる」のです
技術指導上での「できないところのアドバイス」は決して「個人を批判するもの」ではありません。でも、こういったアドバイスを聴く側が「プライドを傷つけられた」と曲解してしまう場合もあります。「ピアノ」に限らず、どんな道であっても「技術を身につける」ためには、時として辛く苦痛の時間のように感じる場合もあるかも知れません。でもどんな道でも「技術を習得するために必要な過程」であると悟って、謙虚にアドバイスを受け入れるようになる事で自分自身の技術を向上させていくことができるのです
「素直な心で指導者のアドバイスを聴ける生徒さん」と「指導上必要な注意事項に対して聴く耳を持たずに屁理屈をこねてしまう生徒さん」とでは、やはり、前者の方が伸びていきますよね。
ピアノや他の習い事等でも「自分をよりよい方向に導く言葉、アドバイス」を「素直に聴く耳を持てるか否か」は、その後の成長に大きな影響を与えます。
ピアノを習っている生徒さんの年代は小さなお子様からシニアの方々までいらっしゃいます。どの年代の生徒さんも、自分自身のために「素直な心」で「ご自身を磨くための努力」をし続けていただきたいな、と私は願っています

シニアの生徒さんはピアノを習う前からずっと「ご自身の人生を誠実に生きていらっしゃった」のだと思います。その人生の中で身につけてきた事1つ1つが「美徳」となっているのでしょう。歴史上に出てくるような「偉人」ではなくても、日々誠実に人生を歩んでいらっしゃった方々にも「素晴らしい美徳」があります

レッスンで感じた「シニアの方々の持つ素晴らしい底力」をお伝えすることで、きっとご高覧いただく方々も勇気付けられたり、希望を抱いてくださる方もいらっしゃるのではないかしら、と思っています。

シニアの方々が持っている「美徳」に敬意を払いながら、私自身も「シニアの生徒さんから学べる事」に感謝して、これからも1曲でも多く「レパートリー」を増やすお手伝いをさせていただきたいな、と感じています


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/01/11(金) 20:00:00|
  2. 大人の生徒さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年明けのレッスン開始♪

皆様、こんにちは。今回もご高覧いただきありがとうございます

新しい年を迎えて、7日からレッスンが再開しました
月曜日は出張レッスン日で、自宅から片道3~40分の生徒さんのご自宅にお伺いして小1と小5の姉妹のお二人を指導させていただいています。
2週間丸々お休みだったので…、休み明けのレッスンは、講師の私もドキドキです
最初に妹さん、次にお姉ちゃんと30分ずつレッスンをして、お二人とも昨年末のレッスンの時よりもお上手になっていて、「お休み中も、ちゃんと練習していてくれたんだな」とわかって一安心しました

6月に発表会があり、お二人ともその日に向けて「発表会用の曲」を頑張って練習しています
これからインフルエンザ等が流行したりすると予定していたレッスンを行えない事も考えられるので…、本番の6月はまだ先ですが、なるべく早めに「形」ができるようにしていきたいと思っています。
お姉ちゃんの方は、「“嵐”の曲を弾いてみたい!」、という事で、今回、連弾とソロの候補の曲で普段の年よりも多く「発表会のための準備の曲」の数が多くなっているので(連弾曲とソロの曲合わせて4曲やっています)今は既に「普段の練習曲の教材」はお休みにしてあります。
妹さんは「ピアノランド」「トンプソン」「はじめてのギロック」等もやっているのを少し減らして「発表会用の曲中心」のレッスンに移行していくつもりです。年長さんから始めた妹さんは、とても頑張り屋さんで、「沢山の教材の曲も一生懸命練習してくれる」ので、「もうちょっとこれらの教材を使っていても大丈夫かな?」とついつい思ってしまうのですが、出張レッスンは月3回しか実施しておらず「年間の回数」も自宅の教室のレッスンよりも8回も少ないので、早め早めに「できるようにする」ことが求められるのだろうな、と感じています

お二人とも発表会は「経験済み」なので、1回でも体験していれば「どんなものか」が本人もわかっているわけで、「たくさんのお客さんの前で弾く事」を自覚して、これからも「自分の練習」を頑張って、「よりよい演奏」がでるように努力していける生徒さんに成長していってほしいな、と考えています

発表会当日「楽しい発表会だったな」と実感できるようにするためには、「今、目の前にある課題=発表会の曲」を一生懸命練習していく事で「夢は叶う」のです
「素敵な未来にするため」に、「今できる事」を努力してもらって、これからも生徒さんと一緒にレッスンしていきたいとな、と考えています

火曜日からの「まだ“年明け後のレッスン”をしていない生徒さん」たちも、「しっかりと練習してくれている事」を祈りながら、私も「レッスンの再開」を楽しみにしています


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/01/08(火) 16:00:00|
  2. レッスンでの出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「辻井伸行さんの番組」を見て♪

皆様、こんにちは。今回もご高覧いただきありがとうございます

元旦の夜、BS朝日で放送していた「奇跡のピアニスト 辻井伸行 魂の旋律 指揮者 佐渡 裕との10年」という番組をビデオで録画したものを、昨日視聴しました
2時間弱の番組では、辻井伸行さんのピアノ演奏を数多く聴く事が出来て「2回続けて再生」してしまいました。
「録画の演奏」であっても、とても素晴らしいピアノの演奏を聴く事が出来て、本当に幸福なひと時でした
辻井さんの演奏は、聴く人の心を揺さぶり人々に感動を与えて、「魂が洗われるという想い」を抱く方が多くいらっしゃると思います。
番組中、指揮者の佐渡裕さんも辻井さんと出会った時のエピソードなどもお話なさっていましたが、たまたまインタビューアーの方から「辻井君のCD、よかったら聴いてみてください」と言われて受取ったCDを何気なく聴いてみたら、「心に響くものを感じた」ことがきっかけで「直接会って、辻井君の演奏を聴いて、その音楽の素晴らしさに感動して泣いてしまった」というお話をなさっていました。そこからお二人の関係が始まったんですね。
辻井さんの演奏は、「一流の音楽家の心をも揺さぶる素晴らしい演奏」なんですね。
もちろん、私も辻井さんの演奏で「心が洗われる想いをしている人」の1人です

番組では、ドビュッシー、ショパン、リストの作品の演奏、自作曲の演奏、映画音楽の作曲に携わった時のお話、作曲家としての抱負、佐渡裕さんとの共演のコンチェルト演奏の一部、等を紹介していました。

辻井さんについては、はじめは「目が見えないというハンデがある事」に意識がいきがちですが、辻井さんの「汚れのない魂」でピアノを奏でていて、その演奏から伝わってくる「高潔な魂、崇高な音楽の世界」がそこにあるから、その「崇高な音楽」に触れることで聴く人々が思わず涙ができてきてしまう、そいうった種類の感動を人々に与えられる演奏なのだろうな、と私はいつも感じています。

こういう「素晴らしいピアニストの演奏を聴く事ができる現代」に生れた私をはじめ、同時代を生きている皆様もとても幸せですよね

「辻井伸行さんの稀有な演奏」について私ごときが多くを語るより、「演奏を聴いてその感動に浸れる事」に感謝をして、今回録画した番組の演奏を今後も時々再生して聴いていきたいな、と思っています

辻井伸行さんという素晴らしいピアニストを育んだご家庭、素晴らしいお母様のインタビューなどを視聴して感じる事については、また、改めて感想を書きたいな、と考えています


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/01/05(土) 18:00:00|
  2. 音楽全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元旦の行事

皆様、こんにちは。今回もご高覧いただきありがとうございます

無着先生のお寺とご縁をいただいてから、もう15年位、毎年欠かさず元旦はお寺(福泉寺)で【修正会(しゅしょうえ)法要】に参詣しています。【修正会法要】は「皆が健康で幸せに暮らせますよう祈願するとともに、正しく生きられるよう、道を正すという意味のある法要」なのだそうです。
ご住職の成融さんとご一緒に、参詣した皆さんがお寺の本堂の前で「般若心経」等のお経を唱えてお参りします。
お寺からのご案内の封筒には
「お寺は生きているうちに来るところです。死んでから来てもおそい!お経は生きている人のために説かれた教えです。死んでから聞いてもおそい!」
と、無着成恭先生の頃も、今のご住職(成恭先生のご子息様)の無着成融さんになってからもこの文言が印刷されています。

昨日の「法要の前の成融さんからのお話」では、12月に逝去された中村勘三郎さんの座右の銘は、実は無着成恭先生の話が元だったんですよ、という事をお話してくださって、【TBSの子ども電話相談室】で放送していた番組を勘三郎さん(当時の勘九郎さん)が聴いていて、「“型破り”と“形無し”の違いは何ですか?」という子供からの質問に対して、無着成恭先生は「型がある人間が型を破ると『型破り』、型がない人間が型を破ったら『形無し』ですよ。」と答えたそうです。
勘三郎さんは、「型がある人間」とは「基本をしっかりと身につけた人間」で、「古典をしっかりと学ぶことで型が作られる」、「型がない人間」は、「基本が身についていない土台のない者」は「新しい事をやっても形がなくなる」という事を、この回答を聴いて「そうだったのか」、と理解できたのだそうです。

発信した無着先生は「子供の質問」に答えた訳ですが、「全国にラジオで放送されている番組」は「質問した子供」だけでなく「それを聴いている全国の視聴者」も「聴き手」になって知識を得る事が出来て「学べる」んですね。

勘三郎さんのように、「歌舞伎という古典を学び続けながらも、新しいものにも挑戦したい」という気持ちで「どうしたらそれが実現できるのか」を日々自問自答していたからこそ、無着先生のこの回答を聴いた時に、自分の中で「腑に落ちて」「答えを見つけて」「生涯、心に刻みこまれる座右の銘」となったのだと思いました。

「生涯、心に残る言葉」というものは、いつどんな形で自分自身の目の前に現れるかわかりません。
「大切な言葉」と巡り合うためには、「情報をキャッチする受け手自身」が日々漫然と過ごすのではなく、常に「問題意識」を持ち続けることで、「それを解くヒントになるものに巡り合える事ができるのだ」ということを念頭に置いて日々生活していくことが大切なのだろうな、と感じました。
そして「人と人とのつながり」は、色々なところからどんどん広がっていくものなんだな、と感じました

私の「年の始まりはお寺から」始まります。
「佛教について語る力」はまだまだ勉強不足で未熟な私にはありませんが、「佛教」は、「神頼み」のような「他力本願」ではなく、「自力本願」で「自らが誓願し達成することを求められる教え」だということを法話を通じて学んできました。
ピアノも自分で練習しなければ上達は望めない世界であり、「上達の近道」はなく、基本練習をしっかりと続けることで「自分の目指す演奏の形」が見えてくるのかも知れないなと思い、これからも自分自身の練習をし続けていこうと、2013年の年頭に改めて感じています


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/01/02(水) 18:00:00|
  2. 佛教から学ぶ事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

chihiropiano

Author:chihiropiano
このたびは、ブログ【ピアノと共に♪ 美し音楽を求めて♪】にお立ち寄りいただき、ありがとうございました!

音楽が大好きで、長年、ピアノを専門に学び、今、千葉県茂原市でピアノ講師をしています♪

縁あって私のもとでピアノを習いに来てくださっている生徒の皆さんにも、ピアノ音楽の素晴らしさを伝えていきたいと考えています。

自分の心の中にある「理想的な演奏」を再現することは至難の業ですが、演奏できる場で、少しでも想い描く理想の演奏に近づけるべく、日々練習を重ねています。

ピアノを練習する時間は、「音楽からの贈り物を享受できる至福の時間」です。ピアノを演奏できることに感謝して、これからもピアノと共に素晴らしい時間を過ごしていきたいと考えています♪

水瓶座・B型:
  独特な感性の持ち主?

好きな色:ピンク

好きな作曲家:
   ショパン
   リスト
   モーツァルト



♪ Tutti ピアノ教室 ♪ の詳細については、下記の【ホームページ】をご参照くださいませ♪ 

【♪ Tutti ピアノ教室 ♪】
 
  【ホームページ】

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
講師演奏・動画 (19)
発表会 (113)
グレードテスト (12)
演奏に関する私見 (12)
レッスンの特徴 (18)
レッスンでの出来事 (74)
レッスン風景 (3)
体験レッスン&レッスン風景 (27)
大人の生徒さん (19)
生徒さんとの関わり方 (13)
音楽全般 (29)
学び・気付き・感動 (26)
セミナー (12)
講師のひとり言 (93)
私の歩み~過去を振り返って (6)
ピアノを通して (83)
佛教から学ぶ事 (20)
ピアノ教室・施設紹介 (58)
お知らせ (12)
千裕先生のレッスン (8)
発表会・演奏動画(連弾) (15)
発表会・演奏動画(生徒ソロ) (22)

☆ ホームページ ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪

【ホームページ☆お店のミカタ】

ご関心のおありの方は、ご高覧いただければ幸いです♪

☆ お問合せフォーム① ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪
【お問合せフォーム①】
【体験レッスン申込用・fc2】

【体験レッスン】をご希望の方は、こちらの【お問合せフォーム①】からお申込みください♪ 現在、空き時間が少なくなってきています。ご希望の曜日・時間帯によっては、体験レッスンを実施できない場合もございますが、その折は、悪しからず、ご容赦願います。

☆ お問合せフォーム② ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪
【お問合せフォーム②・fc2】
【ご質問・お問合せ用】

【ご質問・お問合せ】については、【お問合せフォーム②】からお問合せくださいませ♪

☆ メールフォーム③ ☆

【メールフォーム③・fc2】

この【ブログ】をご高覧いただいての【ご感想など】については、こちらのメールフォームからどうぞ♪

☆ Tutti ピアノ教室 ♪ ご案内 ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪

ピアノ教室.COM

Music Square.jp

【音楽教室検索サイト】☆リンク☆

☆ facebookバナー ☆

Chihiro Takahoso


Tutti ピアノ教室

☆ 演奏動画 ☆

発表会での講師演奏です♪

華麗なロンド Op.62
(ウェーバー)

スケルツォ 第2番 Op.31
(F.ショパン)

3つの演奏会用練習曲よりⅢため息
(F.リスト)

バラード 第3番 Op.47
(F.ショパン)

幻想即興曲 Op.66 (F.ショパン)
ラ・カンパネラ (F.リスト)
①きらきら星変奏曲 K.265
(W.A.モーツァルト)

②きらきら星変奏曲 K.265
(W.A.モーツァルト)

超絶技巧練習曲 第10番
(F.リスト)

ソナタK.330 第1楽章
(W.A.モーツァルト)

ノクターンOp.27-2(F.ショパン)
月の光(C.ドビュッシー)
ロンドK.485(W.A.モーツァルト)
バラード 第1番 Op.23
(F.ショパン)

アラベスク第1番(C.ドビュッシー)
ソナタK.333 第1楽章
(W.A.モーツァルト)

ノクターンOp.9-2(F.ショパン)
ラ・カンパネラ(F.リスト)

ご関心がございましたら、どうぞお聴きください♪

リンク

このブログをリンクに追加する

☆ お友達ブログ ☆

【facebook】お友達のピアノ講師の先生方のブログ集♪

【磯山久理ピアノ教室】
【Piano Diary~ようこピアノ教室】
【鈴木直美ピアノコラム】
【白石ピアノ教室『頑張ってる通信』】
【いつも心に音楽をくちびるに歌を♪】
【荒井千裕*ピアノの音の綴り方】
【香港発ピアニスト/ピアノ講師*音の綴り方(荒井千裕)】
【保科陽子 近況ご報告】
【コーチングレッスン(保科陽子)】
【せとピアノ教室(瀬戸喜美子)】
【どれみスタジオ(遠藤 操)】
【しょうこ先生の日々。(益子祥子)】
【ワクワクピアノレッスン(大石富子)】
【ピアノ脱力法メソッド(大嶋聡子)】
【大竹道哉・日々雑感】
【想い出の樹(中嶋恵美子)】
【やすこ先生の日記帳(荒木安子)】
【ピアノの音色(愛野由美子)】
【山口県下関市・little-Note Piano Studio(神野由香)】
【音楽センスを~(山本美芽)】
【Piano Room(藤代のりこ)】
【俺達の遺伝子(沖田大佑)】
【いのうえピアノ教室・トピックス】
【みさきピアノ教室(千葉美咲)】
【アルモーニア教室(高野芳美)】
【ゆきえせんせい(矢内幸恵)】
【今時のピアノの先生(石嶺尚江)】
【優しい風(大原由紀)
【楕円は踊る♪(緒方ヤヨイ)】
【未来輝くピアノレッスン&コーチング♪(林 美紀)】
【ぴあのすく~る(中塚三貴子)】
【茉音's Diary Sweet Harmony(若谷茉音)】
【キティのお部屋(キティ先生♡)】
【チッペンデール(冨永雅子)】
【中川純子ピアノ教室】
【Life with Klavier(大西由佳)】
【すくすくミュージック(信定千尋)】
【寺坂亜紀音楽教室】
【ミュージックサロン(望月 和)】
【取手市もみの木のうた(坂上明子)】
【美音・音もだち(佐藤 美和)】


【ブログ】には書いている方の個性が表れます♪ 素敵な先生方のブログ、ご関心がございましたら、是非、ご高覧ください♪

☆ お気に入りブログ ☆

過去に“コメント”を残した事のあるブログ集♪

☆【しんわのばら日記】☆
☆【仏の赤川塾】2011.8.8☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

只今、ランキングに参加中です。 皆様からの【クリック】が【大きな力】になります♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ



趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

皆様の【1クリック】が【大きな力】となります♪ 温かい【応援クリック】どうぞよろしくお願いします♪

アクセスランキング

音楽

[ジャンルランキング]
音楽
975位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
29位
アクセスランキングを見る>>

ピアノ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

アクセスカウンター

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

下記のQRコードを携帯電話で読み取り、アクセスしてください♪

QR

RSSリンクの表示

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: