ピアノと共に♪  美しい音楽を求めて♪

「より美しい音楽を奏でたい♪」という想いを抱きながら、日々レッスンに取り組んでいます。ピアノ・音楽をテーマに綴るピアノ講師の日記です♪

ピアノ教室の「駐車場」について♪

自宅教室に通って来て下さる生徒さん用に「来客用駐車場」があります。

かなり広いスぺースなのですが、「ライン」を引いていなかったので車を止めるのも「止める方の自由」だったのですが、やはり「ラインを引いて駐車スペースを明確に表示した方が駐車しやすくなる」と思い、ホームセンターで「コンクリートにも使用できるタイプの塗料等」を購入して2月16日の午前中、強風が吹き付ける中「ライン引き」の作業をしました。

「スプレーの塗料で2本あれば間に合うだろう」と思って準備していましたが、足りなくなってしまい、急遽カインズホームに同じ物を買い出しに行ったりして、ちょっと大変でしたが…、何とか無事作業も終了しました

「マスキングテープ」を「真っすぐに貼る作業」から始まって、「同じ幅で平行にテープを貼る」という工程を繰り返してから、いよいよ「スプレーの塗料の吹き付け」でした。この作業は夫にお任せで…、大変な作業のご協力、どうもありがとうございました

お陰さまで、素人の仕事にしては、上出来だと思っています

130223_01_駐車場(IMG_1555s)
130223_02_駐車場(IMG_1558s)
駐車場・看板

黄色い塗料でラインを引きました。
この来客用駐車場は、南側と西側の道路に接しているので、同時に4台分の駐車が可能です。
物置の隣の「角の部分」は、「自転車を置くスペース」です。

「個人レッスン」ですし、生徒さんがいらっしゃる前後は、少し時間的なゆとりをつけていますので、駐車する際のご不安は無いと思いますが、今回「ライン」を引きましたので、今まで以上に「駐車しやすく」「安心して」お越しいただけるようになったかな、と思っています


「春」は「新しい事を始める季節」ですよね

「ピアノを習ってみようかな?」と思いの皆様、現在≪無料体験レッスン実施中≫です

【お問合せフォーム】からお申込みの方は、≪入会金無料キャンペーン中≫ですので、
どうぞ、お気軽にお問合せくださいませ


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

スポンサーサイト
  1. 2013/02/27(水) 00:00:00|
  2. ピアノ教室・施設紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

発表会で「弾きたい曲」は何?

前回の記事でご紹介した姉妹の生徒さん、今回は、妹ちゃんの選曲の時のお話です。

お姉ちゃんが「嵐」が大好きだって教えてくれた妹ちゃんも昨年「初めての発表会」を経験して、今年も出演してくれる予定です

お姉ちゃんの選曲の際に「まとめ買いをした楽譜」の中に「いますぐ弾きたい!なかよしピアノ2012」があって、この曲集の中に「子供が好きそうな」アニメの主題歌等もたくさん載っていました。

楽譜 アニメ


「小1の女の子だし、プリキュアあたりが好きなのかな?」と思って聞いてみたのですが…、
どうもあまり「ピンときていない様子」で…、プリキュアは見ていないのかな~?

「○○○ちゃんは、いつも見ているテレビとかで、何か弾きたい曲とかある?」と問いかけてみると…、

「う~ん…、ドラえもんの曲がいい!」との事

「そうなんだ、じゃあ、今度、楽譜を調べてみるね。」

レッスンでのこのやり取りをお母様にもお話して、次回のレッスンまでにピックアップしてみます、という事になりました。

この楽譜の中に「生きてる生きてく(映画 ドラえもん のび太と奇跡の島 ~アニマル アドベンチャ―~)」(福山雅治さんの作詞・作曲だったんです)というソロの曲があって、私自身は「ドラえもん」の映画を見ていなかったので、どうかな?と思ったのですが、

「この曲知ってる?」と、少し弾いてあげると

「この曲知ってる!映画で見て、とても感動したの!と言ってくれました

「そうなんだ、じゃあ、この曲、発表会で弾けるように頑張ろうね!」

小1位のまだ小さいうちは、中々「自分が好きなのはこの曲なの」と、「自分から言い出すこと」はまだあまり得意ではないようですよね。
だって「知っている曲の数」もまだ少ないのだから…。
「発表会」で「ちょっと年上のお姉さん」や「お友達」が弾いた曲を聴いて、「この曲、いつか私も弾いてみたいな」と思う事が多いんじゃないかな。
こういう体験の1つ1つが積み重なって、「自分の弾きた曲」=「憧れの曲」の「具体像」が見えてくるのだろうな、思います。

長い時間をかけて練習していく事になる「発表会の曲」は、具体的に「この曲はどうかな?」とご本人にお聴きして「本人の好みかどうかを探りながら」選曲しています。

私のところに今、通って来てくれている生徒さんは、どういう訳か「小1の生徒さん」の割合が多いのですが、同じ「小1」でも、「好んで見ているテレビ番組」も微妙に違うし、「大好きな曲」もそれぞれみんな違うんだな、という事を「選曲」という1点からも、レッスンを通して日々感じています

「ドラえもん」が大好きな○○○ちゃんの「今年の連弾曲」は、「夢をかなえてドラえもん」で、もう「第2」と合わせ始めています

もう1曲のソロの曲は「トルコ行進曲(ベートーヴェン)」です。
ソロの曲はどちらも「右手」は上手になってきていて、「左手」と「両手」も少しずつはじめています

「本人の大好きな曲」を「発表会」で演奏することになった○○○ちゃん。
ちょっと難しいけれど…、きっと「本番まで頑張って仕上げられる」と信じています

お姉ちゃんも一緒に出演する「発表会」に向けて、これからも練習、頑張ろうね

「素敵なドレス」で参加してくれる生徒の皆さんが、本番で「楽しく演奏」できますように…


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/02/24(日) 00:00:00|
  2. 発表会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「大好きな曲だから」頑張れる♪

月曜日に出張レッスンでお伺いしている姉妹のお姉ちゃんは、今「嵐」が大好きなんですって。

小1の妹ちゃんがレッスンしている時に
「お姉ちゃんは、嵐が好きなの。それで、自分で嵐の曲をやりたいって先生に言うのを恥ずかしがっていたから、私が先生に伝えてあげるよ、って約束したの。」
「そうなんだ、○○○ちゃんが、代わりに私にお話ししてくれたんだね。どうもありがとう。じゃあ、お姉ちゃんのレッスンの時に相談してみるね。」

去年の秋、そろそろ6月の発表会の曲を選ばないといけないかな、と思っていた時の事。

そしてお姉ちゃんのレッスンの時間になった時に、ご本人にお聞きしてみると、
一番お気に入りの曲が、テレビのドラマ「魔王」の主題歌だった「truth」との事。

レッスン終了後にお母様ともお話して、ポピュラーの曲は結構弾くのが難しいから、「連弾で弾ければ…」というご要望でした

早速、インターネットで調べてみましたが、残念ながら「truth」の「連弾の楽譜」は見つからなかったので…、「弾きやすそう」で「弾き映えのしそうな」アレンジのものを選んで、「ソロ」で挑戦する事になりました

楽譜は実際に手にとって弾いてみないと判断できないので…、他の生徒さんの「選曲」にも役立ちそうな楽譜も含めて「ネットでまとめ買い」して入手しました。
「truth」は「ソロ」しかなかったので、「嵐の連弾の楽譜」から「明日の記憶」も準備することになって、今回「嵐」の曲を2曲に取り組んでもらっています

楽譜 嵐

6月の発表会では、生徒さんには「ソロ2曲」「連弾1曲」を演奏してもらっています。
今回は、嵐の曲から2曲と、もう1曲のソロの曲は、「ジプシーの踊り(リヒナー)」に決定しました。

準備を始める秋の時点では、「果たしてポピュラーの曲をどれ位弾けるようになるか」未知数だったこともあり、もう1曲「ナポリの踊りの歌(チャイコフスキー)」をお渡しして、数ヶ月間は合計4曲練習してもらっていましたが、そろそろ「本番に演奏する曲」を決定してもいいかな、と思い、ご本人に「どの曲にする?」と聞いたところ、この3曲に決まりました

「発表会用の曲」は、生徒さんにとって難しい曲ばかりだから…。
最初は片手ずつ、数小節から練習を始めて、コツコツと練習を重ねて、ようやく「曲の形」ができてきて、人前で演奏できるように仕上がっていきます

先週は月曜日が祝日で2週間ぶりのレッスンでしたが、「truth」がとても上手になっていました
他のどの曲よりも一番大好きなこの「truth」が「今、一番上手」になっています
ポピュラーの曲のリズムも難しくてちょっと弾きにくそうだったのに…、「大好きな曲」は「やり甲斐」があって、「練習する意欲」も高まって、「楽しく取り組むことができる」んですね

本番まで後4ヶ月、大好きな「嵐」の曲を「楽しく発表会で演奏できるように」、これからも頑張ろうね


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/02/21(木) 00:00:00|
  2. 発表会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

発表会が近付くと♪

1回でも「発表会」を経験したことがある生徒さんは、「発表会」が近付いてくると、日頃あまり練習をしない生徒さんでも「練習しなくちゃ」という気持ちになるものなんですね
「人前で演奏する発表会」には、「とても大きな力」があるんだな、と感じます。

勤務先の音楽教室の発表会は3月2日が本番ですが…、
1月の頃は「本番までに間に合うのかな?」と当日までに演奏曲が仕上がるかどうかを心配していた生徒さんも、大分「弾けるように」なってきて、本番まで後2週間弱となった今、ようやく仕上がりの目途がついてきました。
これも、やはり「過去に発表会を経験した」という事が大きいのだろうな、と思います。

そんな「本番にきちんと演奏できるかどうかとても心配」だった生徒さん

年明け後の初レッスンの状態では…、「発表会のプログラム」には「曲目を載せてもらう」けれど、本番までに「人前で演奏できる状態」でなければ、最悪「アナウンス」で「演奏曲目を減らす事」をお伝えしてもらおうかな…、とも考えていたのですが…
前回のレッスンで「ここまで出来ていれば、連弾もソロも大丈夫だな」という状態になってきました。
本人が「大好きな発表会」を「気持ちよく」「本番を迎えられそう」になってくれて、本当によかったです

まだ小学校低学年位までなら、ちょっと危なっかしい演奏でも「ご愛敬」で許されますが…。
学年が上がっていくにつれて、周りの同学年の生徒さん達がどんどん難しい曲をスラスラと弾けるようになる中で、「練習しなければ、簡単で短い曲しか演奏できない」という事になってしまう訳で…。

「そんな風になりたくない!と思う心」=「本人の自尊心」を刺激しながら、
「自分も上手になりたい」「聴きに来ている人から大きな拍手をしてもらいたい」という気持ちを育てながら、
「本人が本番に向けて努力していく事」がとても大切なのだろうな、と思っています。

普段あまり練習してこないこの生徒さんも、
「ピアノの発表会でおめかしして、聴いてくれている人から拍手してもらえる事が、とても気持ち良くて楽しかった」という感想を本人が言っていたんです。
と、前回の初ステージを終えた後にご両親様から伺いました

「○○くん、練習できないんだったらピアノは続けていけなくなるんだよ」とご両親様もお話してくださったようですが、
「お願いだから、ピアノを続けさせて」って、本人が泣いて懇願するんですよ…。
他にもたくさんの習い事をしている中で「ピアノ」が一番気に入っていて、というか「ピアノの先生が大好き」だから、「どうしてもやめたくない」と泣いて頼まれちゃうから…、と。

普段は、30分間のレッスン時間に「真面目にレッスン出来ている時間」は、半分あるかどうか…といったところ

それでも「本番前の予行練習」などをさせていく中で、
「昨年経験した発表会」を思い出し「いよいよ本番が近付いてきているんだ」という意識が目覚めて、
何ともうれしそうな表情で「本番のつもり」で演奏している姿を見ると、ご両親様がおっしゃっていた「発表会が気に入っている」という言葉も「本心」なんだろうな、と感じます。
本人の「発表会に出演したい」という想いから「練習しなくちゃ」という気持ちになっていって、
「自宅でも演奏する曲を練習できるようになってきた」
のだろうな、と思います。

どんなに「幼少の生徒さん」であっても「人格」を持っています。
なので、「練習をしてこない生徒さん」を「力ずくで練習させる」なんてことはできません。

何度も何度も「ピアノを習うって事は、レッスンの時間中は先生のお話をちゃんと聞いて、お家での練習を毎日少しずつでもしていかないといけないんだよ。」と、
「当たり前のこと」を、くり返しくり返し「伝え続けていかなければならない」のです。
「ピアノを習う意義」を、生徒さんご本人が「気付くまで」伝え続け、待ってあげないといけないんだろうな…、と私は思っています。

そんな生徒さんが「発表会に向けてのレッスン」で、「30分間、発表会の曲を練習し続けることができた事」は、「とても大きな進歩」なんだろうな、と感じました。
発表会が終わった後も「30分間、レッスンできるかどうか」はわかりませんが…、
今まで「普段のレッスン」では出来なかった「レッスン時間中にピアノを練習し続ける事」が「できるようになりそうな気配」を見せたこの生徒さん。
「発表会の本番に向けてのお辞儀」や「本番のつもりの演奏」をする中で見せた「ピアノを弾ける喜び」がこの子の中にあるのであれば、この生徒さんを「ピアノ」で「教え導く可能性がある」のだと感じました。

この生徒さんに一番必要な事は、ピアノを習い続けるのであれば「自宅で練習する習慣を身につける事」なのです。

少し時間がかかるかも知れないけれど…、
本人が「ピアノを習うという意義に気付き、目覚めてくれること」を信じて、これからも「根気強く」レッスンしていきたいな、と考えています


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/02/18(月) 00:00:00|
  2. 発表会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今度は「シクラメンのかほり」ですね♪

「毎回ピアノのレッスンを楽しみにしているんです」とおっしゃるシニアの生徒さんのレッスンが、「お天気」のためにレッスン出来なくなってしまうのは残念なので…
「1月の大雪」の時は、「予約していた歯医者さんもキャンセルして、2~3日は車での外出も控えたのよ。」とおっしゃっていたのを思い出して、先週は「雪の予報」で、急遽1日前にレッスンする事に変更ました。
結果的には「雪の予報」は外れて「雨」でしたが、お天気はその日になってみないとわからないから…
もしも本当に雪だったら外出できなくなり、「楽しみにしているピアノが出来なくなってしまう」ので、「先にやっておけば、雪が降っても安心」ですよね

という訳で、前回は火曜日にいらっしゃったシニアの生徒さん。今週もちょっと「お天気」に不安はあったものの、無事、通常のレッスン曜日に実施できました

「さとうきび畑」がマルになってから、フランク永井さんの「おまえに」をお渡ししていましたが、この曲が本当にスムーズに短期間で仕上がって、3回位レッスンして「弾けるように」なり、前回マルになりました。

「この曲、すごく素敵に弾けましたね~。上達するのがとても早くなりましたよね。“実力”が付いてきたんですね~。」とお伝えすると…、

「何だか、この曲は私も弾きやすくて。先生が“2分音符の長さに気をつけて”っておっしゃったところに注意して練習したら、自分でも“結構弾けてきているかな”、って思いました。短期間に1曲が仕上がってうれしいです。」

数週間前も、「抒情歌が載っている曲集もやってみたいんです」とおっしゃって、何冊か楽譜を見比べて、1冊をお選びになって「独力で練習している」んですよ
本当に素晴らしい向学心ですよね
「今まで先生が色を塗ってご指導してくださったお陰で、音符に色がなくても、何となく読めるようになってきている気がします。もちろん、色が塗ってある方がわかりがいいんですけどね。」

やはり、ピアノは「積み重ね」が大切なんですね

そして、今度挑戦する曲は、布施明さんの「シクラメンのかほり」です。
我が家のシクラメンのお花もまだ咲いているので、シーズン的にもピッタリですよね。
前回は、右手と左手を分けてレッスンしました。今週は「両手」を練習してきて、16分音符の連打の奏法~手首を使って弾くコツ~をレッスンしました

「新しい曲は、頭を使っているのがよくわかるんです。難しい課題だって思うとやり甲斐を感じて、余計に“頑張ろう”っていう気持ちになるんですよ。難しいけれど、新しい曲に挑戦出来る事がとてもうれしいし楽しいんですよ。」とよくおっしゃています

1曲が仕上がるペースも段々早くなってきて、練習する曲数も増えてきています
シニアになってからピアノを始めて、1曲1曲とレパートリーを着実に増やしていけるって、本当に素敵なことですよね
「春休み」には、埼玉に住んでいるお孫ちゃんも長期滞在するそうで…、
「おばあちゃん、こんな難しい曲を弾けるなんてすご~い。ピアノ上手だね」と言ってもらえるように、頑張りましょうね。
これからも楽しみながらピアノを続けて、もっともっと上達していけるように、レッスンでお手伝いをさせていただきたいな、と思っています


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/02/15(金) 00:00:00|
  2. 大人の生徒さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

発表会前のレッスンで♪

3月2日に、私が所属している音楽教室の発表会が開催される予定です。

本番まで約3週間弱…、日に日に本番が近付いてきています
今回、私の担当の生徒さんは3名が参加しますので、参加する生徒の皆さんも本番に向けて練習に励んでいます

多くの人の前で演奏を披露する「発表会」で演奏するのですから、やはり「しっかりと準備」しないといけませんよね。
普段のレッスンでは、1曲練習するたびに「お辞儀の練習」をしたりしませんが、「発表会で演奏するための練習」では、本番が近付くこの時期には「本番に向けてのイメージをつける」ために、特に幼少の生徒さんには、「本番のつもり」で「演奏の前後にお辞儀をして」から演奏させています。この「お辞儀をする」という所作を1つ加えるだけでも、「緊張した~」と思う生徒さんが多いんですよね。

いざ「予行練習」してみると…、「思ってもいないところでの間違え」をする事があります。
椅子に座ってから「スタートする音域」を1オクターブ高くしてしまったり、低いところではじめてしまったり…、「ド」で弾くところを「ファ」に間違えてしまったり…

「本番」でなくてよかった~

やはり「本番のつもり」で「予行練習」を何度もやっておかないといけませんよね。

そんな風に「発表会に向けての練習」を重ねて、ようやく「本番のステージに立つことができる」んですよね。小学校低学年位までは、「発表会、楽しかった」と感じてくれる生徒さんが多いかな。
まだ小さいうちは「演奏の責任」などを感じずに、「のびのびと、楽しい時間だったな、という気持ちを育てていく事」=「音楽を演奏する事が楽しいという原体験をしておく事」も大切なのだろうな、と思っています。

女の子も男の子も「素敵な衣装」に身を包み、「ステージで演奏する事」=「楽しかったなと感じる事」も大切ですよね。
この気持ちがあるから、「ピアノを続けていける」んだもんね。

昨年初ステージを経験した小1の女の子の生徒さんのお母様が、前回のレッスンの時に、
「去年は入学式用のお洋服でしたけど、もう今年は小さくなって着れないから、年に1回の発表会ですし、可愛いステージ衣装を探してみようと思っています」とお話してくださいました。
そうだよね。去年の発表会よりずっと上手になったお嬢様の晴れ舞台
写真も撮るし、ビデオも撮るし…、それも「発表会の楽しみの1つ」ですよね。
○○ちゃんの発表会の衣装、私も楽しみにしているよ

そうやって「ご家族の愛」に包まれて「年に1度」ステージのグランドピアノで「演奏する経験」を積んでいく訳ですが、始めのうちは「素敵な衣装を着て、楽しく過ごす時間」だったものが、少しずつ変化していって「演奏自体をよりよいものにしていきたい」、という想いが段々と育っていくのだと思います。ご本人が「経験」を重ねる中で、「学び、理解して、より高い演奏を目指したい」と感じるように育てていく事が大切なんだろうな、と思います。

本番まであと僅かで、ちょっぴり不安の残る生徒さんもいらっしゃいますが…、本番で多少のミスがあっても、本人が「ピアノ発表会、楽しかったな」と感じられればいいのかな。

発表会では、「連弾」と「ソロ」の曲を、生徒さん自身が「今持っている力」を発揮して、のびのびと演奏できるように、残された時間を大切にレッスンしていきたいな、と思っています


≪発表会のご案内≫ 

2013年3月2日(土) 午後1時30分開演  茂原市東部台文化会館 3階 音楽ホール 入場無料

ピアノ・ヴァイオリン・フルート・サックスの音楽発表会です

講師演奏で、私も「キラキラ星変奏曲(W.A.モーツァルト)」を演奏予定です


ご関心がございましたら、どうぞ聴きにいらしてくださいね



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/02/12(火) 00:00:00|
  2. 発表会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「6年生を送る会」のピアノ奏者だね♪

惜しくも「卒業式の伴奏者」には選んでもらえなかった生徒さんが、前回のレッスンで、

「3月4日の“6年生を送る会”で弾く曲の新しい楽譜をもらったの。
“この曲○○ちゃんお願いね”、って学校の先生に言われたの
自分で楽譜に色も塗ってみたの。間違えていないかな先生、教えて~

と言って、もう「ウキウキ気分」にすっかり切り替わっていました。

よかった。先週は「卒業式の伴奏者に選ばれなかったショック」が残っていたのに…、「代わりの曲」をもらった事ですっかり「立ち直って」いました

生徒さん本人が色を塗った楽譜に目を通して、数ヶ所間違っているところを修正し、指使いとペダルを加筆して片手ずつのレッスンを開始しました

「じゃあ、後は少しずつ両手の練習だね。お家でやってみてね」と言って、レッスンを終えました。

僅差で「卒業式でのピアノ伴奏者」には選んでもらえなかったけれど…。
そのお陰で、この学校で「“たった1人だけ”に渡された新しい曲の楽譜」をもらって、「たった1人だけこの曲を練習できる」んだよね
結果的には「素敵な曲を2曲も練習できる」わけで
「○○ちゃん、オーディションを受けてよかったよね

この子の学校では、オーディションに惜しくも不合格になってしまった生徒さんに、「代わりの演奏の場」を用意してくださいました
「不合格」だった生徒さんにも「新たなやる気、希望」を与えていただくことができました。
この学校の先生は「オーディションで敗者になってしまった生徒さん」にも「救いの手」を差し延べてくださって、1ピアノ講師としても大変「ありがたい気持ち」で一杯です

ピアノを習っている生徒さんの「目指すもの」は、それぞれみんな違います。
この子のように「学校でも、ピアノで認めてもらいたい」という気持ちが強い子にとっては、「学校の行事でピアノ演奏者に選出されること」はとても大きな目標になります

本人が「オーディションを受ける事を決めて」手を挙げた事で、
1番目標にしていた「卒業式のピアノ伴奏者」にまでは手が届かなかなかったのはちょっと残念でしたが…
すんなりと「1番」になれなかったことで、「敗者になる経験」=「人の心の痛みを感じる事」もできて、
別の式典の「6年生を送る会」でのピアノ奏者になることができました。
本人が勇気を持って「挑戦」したからこそ「手に入れる事ができた」んですよね。

今回の経験は、この生徒さんにとって「貴重な体験」になったのではないでしょうか

生徒の皆さんには、「ピアノ」を学ぶ事を通して「色々な経験」を積んで、これからも「人として大切な事」をたくさん学んび、そして「聴く人の心に響く音楽をピアノで奏でられるように」成長していってほしいな、と願っています

続きはこちら⇒【「6年生を送る会」頑張ってね♪】(2013年3月2日投稿記事)


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/02/09(土) 00:00:00|
  2. レッスンでの出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「大人の初心者の生徒さん」のレッスン♪

昨年の秋から私のところに通って来て下さっている大人の初心者の生徒さんは、毎日、東京まで通勤して週末の土曜日に月に1~2回のペースで、1回1時間レッスンしています
前回のレッスンが「4回目のレッスン」でした。

使用している教材は、下記の4冊です。

はじめてのギロック
大人のためのピアノ教本 1
トンプソン 1
ハノン


「ギロック」は、両手を使って演奏する曲ですが、今は「右手・左手で受け渡しながら、1本のメロディーを演奏する」形なので、今は毎回1曲ずつ進んでいっています。ご本人も「ギロックは弾きやすいです」との事。

「大人のためのピアノ教本」は、はじめの数曲は、「右手→左手」と「片手ずつ弾く」ので、今のところ順調に進んでいますが、次の曲から「ユニゾン」で「両手で同時に弾く」課題になり、「両手で同時に音を出すのは、とても難しいです。」とおっしゃっていました。
この教本は、講師用の「伴奏」も載っているので、簡単な「連弾曲」になりますね。

子供の生徒さんには必ず「ピアノランド」を使っていますが、挿絵もちょっと可愛過ぎるし…、「ピアノランド1巻」を使用することは見合わせました。でも、2巻・3巻は「連弾曲集としてもとても楽しい」ので、状況を見てお勧めしてみようかな、と思っています。

「トンプソン」は、1曲目から「右手と左手を同時に別々の音を弾く」ので、片手ずつの練習はすんなり出来るけれど、両手がとても難しいらしく、何回も挑戦して、前回のレッスンで「1曲目」がようやく弾けるようになってマルになりました。
ご本人も「トンプソンは、はじめから両手弾きなので難しいですね。頭ではわかっていても、中々スムーズに指が反応しなくて…、大変でした」と感想を語って下さいました。

「ハノン」は、「ピアノを習い始めたばかりの生徒さんにはちょっと難しいかな」と思ったのですが、音型のパターンを覚えれば、指を動かして「指の運動機能を高めていく」のにとても有益なテキストなので、使用することにしました。
もちろん「片手ずつ」で、まずは「1小節だけ」、次に「上行形のみ1オクターブまで」、次に「下行形のみ1オクターブまで」、次に「上行・下行形を1オクターブを通して」…という順番でレッスンして、今は、「リズム練習」にも入っています

どのテキストも「音譜に色をつけてから」練習してもらっています。
特に初心者の方にとっては、「音譜を読む事」「ピアノを弾く事」を同時にこなす事はとても大変です。「色音譜」にして練習する事で「ピアノを弾く事」にだけ集中できるようになります。
「譜読みをする事」「指の運動機能を高めるための練習」は別の課題なので…。

「子供の生徒さん」の場合、「色を塗る事」にも「講師の手助け」が必要ですが、「大人の初心者の生徒さん」の場合は、「生徒さんご自身が音譜を読んで色を塗る」事もすんなりとできる様子でしたので、初回から数回のレッスンで「色を塗る法則」を学び、「予習として、次の曲の色を塗ってくる」という宿題もしっかりとやってきてくださいました

「自分で音譜に色を塗っていく事」で「譜読み」も段々と慣れてきますので、「自分でやる事」で「譜読み」も「色の補助なし」でも段々と読めるようになっていきます
「譜読み」は、結局「習うより慣れろ」なんですよね

この生徒さんは、「体験レッスン」の時に、
「将来的には、K-POPの曲を弾いてみたいんです。発表会やグレードテストにも挑戦してみたいです。」
というご希望をお伺いしました

まだレッスンを開始したばかりですが…、お仕事もお忙しい中、頑張って練習してきてくださいますし、きっと着実に実力をつけて「夢が叶う日が来る」と信じています

これからも、生徒さんご本人の「夢を叶えるためのお手伝い」をしていきたいな、と思っています


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/02/06(水) 00:00:00|
  2. レッスン風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「上達を感じながら学ぶ事」の大切さ♪ 

前回のレッスンの時に、小2の生徒さんが、
「私ね、学校の音楽の時間に先生が教えてくれる事がすぐにわかっちゃうの。ピアノを習っているから、すぐに出来るようになって、クラスのみんなが出来るようになるまで待っててあげているんだよ。」
と、ちょっぴり「誇らしげに」お話してくれました
「そうだよね。○○ちゃんは、ピアノを習って努力しているから、学校の音楽の授業でも“簡単”に出来るようになっているんだね。ピアノのレッスンでいつも頑張っているもんね~。」
「フフフ、うん、そうなの。」

自分の「技術の成長」を実感するタイミングは、色々な場面で感じるものなんですね

発表会で去年の曲より難しい曲が弾けるようになった時、
憧れていた曲が弾けるようになった時、
今まで使っていた教材が1冊終わった時、
他の人から「上手になったね」と言ってもらえた時、
他の人が出来ない課題を自分は簡単に出来るようになったと気付いた時…など
、色々です。

「本人」が、「あっ、私、ピアノ上手になってきているんだな。」と感じられれば、「今よりももっと上手になりたい」という気持ちがより一層強く育ってきて、「ピアノの練習に向かう意欲」が高まっていきますよね。

生徒さんが各々生活している空間の中で、本人が「ピアノを習っていてよかったな。」と実感できるタイミングは、生徒さんによって異なり、ピアノの「演奏技術の上達」は、日々あまり見えにくいものではありますが、節目節目に「上達している事」を「本人が実感していく事」は、とても大切だと思います

ピアノを習い始めたきっかけが、「本人の意志」であるか否かによって「成長のスピード」に差がつくこともありますが、折角「ピアノを習う」のであれば、他の人から無理強いされて「練習させられている」と感じながら練習するより、「ピアノを弾ける喜び」を感じながらレッスンしていける方が「幸福」であり「素敵な時間の使い方」になりますよね

レッスンで「少しずつ技術を高めていく」中で「いつの間にか“上達していた自分”」に気付き、
「ピアノが弾ける自分」を「誇りに思える」ように、
「ピアノを習って、色々な曲が弾けるようになってよかったな。」と感じてもらえるように、
これからも生徒さんのペースを大切にしながらレッスンしていきたいな、と感じています


只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/02/03(日) 00:00:00|
  2. ピアノを通して
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

chihiropiano

Author:chihiropiano
このたびは、ブログ【ピアノと共に♪ 美し音楽を求めて♪】にお立ち寄りいただき、ありがとうございました!

音楽が大好きで、長年、ピアノを専門に学び、今、千葉県茂原市でピアノ講師をしています♪

縁あって私のもとでピアノを習いに来てくださっている生徒の皆さんにも、ピアノ音楽の素晴らしさを伝えていきたいと考えています。

自分の心の中にある「理想的な演奏」を再現することは至難の業ですが、演奏できる場で、少しでも想い描く理想の演奏に近づけるべく、日々練習を重ねています。

ピアノを練習する時間は、「音楽からの贈り物を享受できる至福の時間」です。ピアノを演奏できることに感謝して、これからもピアノと共に素晴らしい時間を過ごしていきたいと考えています♪

水瓶座・B型:
  独特な感性の持ち主?

好きな色:ピンク

好きな作曲家:
   ショパン
   リスト
   モーツァルト



♪ Tutti ピアノ教室 ♪ の詳細については、下記の【ホームページ】をご参照くださいませ♪ 

【♪ Tutti ピアノ教室 ♪】
 
  【ホームページ】

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
講師演奏・動画 (19)
発表会 (113)
グレードテスト (13)
演奏に関する私見 (12)
レッスンの特徴 (18)
レッスンでの出来事 (74)
レッスン風景 (3)
体験レッスン&レッスン風景 (27)
大人の生徒さん (19)
生徒さんとの関わり方 (13)
音楽全般 (29)
学び・気付き・感動 (26)
セミナー (12)
講師のひとり言 (93)
私の歩み~過去を振り返って (6)
ピアノを通して (83)
佛教から学ぶ事 (20)
ピアノ教室・施設紹介 (58)
お知らせ (12)
千裕先生のレッスン (8)
発表会・演奏動画(連弾) (29)
発表会・演奏動画(生徒ソロ) (22)

☆ ホームページ ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪

【ホームページ☆お店のミカタ】

ご関心のおありの方は、ご高覧いただければ幸いです♪

☆ お問合せフォーム① ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪
【お問合せフォーム①】
【体験レッスン申込用・fc2】

【体験レッスン】をご希望の方は、こちらの【お問合せフォーム①】からお申込みください♪ 現在、空き時間が少なくなってきています。ご希望の曜日・時間帯によっては、体験レッスンを実施できない場合もございますが、その折は、悪しからず、ご容赦願います。

☆ お問合せフォーム② ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪
【お問合せフォーム②・fc2】
【ご質問・お問合せ用】

【ご質問・お問合せ】については、【お問合せフォーム②】からお問合せくださいませ♪

☆ メールフォーム③ ☆

【メールフォーム③・fc2】

この【ブログ】をご高覧いただいての【ご感想など】については、こちらのメールフォームからどうぞ♪

☆ Tutti ピアノ教室 ♪ ご案内 ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪

ピアノ教室.COM

Music Square.jp

【音楽教室検索サイト】☆リンク☆

☆ facebookバナー ☆

Chihiro Takahoso


Tutti ピアノ教室

☆ 演奏動画 ☆

発表会での講師演奏です♪

華麗なロンド Op.62
(ウェーバー)

スケルツォ 第2番 Op.31
(F.ショパン)

3つの演奏会用練習曲よりⅢため息
(F.リスト)

バラード 第3番 Op.47
(F.ショパン)

幻想即興曲 Op.66 (F.ショパン)
ラ・カンパネラ (F.リスト)
①きらきら星変奏曲 K.265
(W.A.モーツァルト)

②きらきら星変奏曲 K.265
(W.A.モーツァルト)

超絶技巧練習曲 第10番
(F.リスト)

ソナタK.330 第1楽章
(W.A.モーツァルト)

ノクターンOp.27-2(F.ショパン)
月の光(C.ドビュッシー)
ロンドK.485(W.A.モーツァルト)
バラード 第1番 Op.23
(F.ショパン)

アラベスク第1番(C.ドビュッシー)
ソナタK.333 第1楽章
(W.A.モーツァルト)

ノクターンOp.9-2(F.ショパン)
ラ・カンパネラ(F.リスト)
献呈(R.シューマン/F.リスト)


ご関心がございましたら、どうぞお聴きください♪

リンク

このブログをリンクに追加する

☆ お友達ブログ ☆

【facebook】お友達のピアノ講師の先生方のブログ集♪

【磯山久理ピアノ教室】
【Piano Diary~ようこピアノ教室】
【鈴木直美ピアノコラム】
【白石ピアノ教室『頑張ってる通信』】
【いつも心に音楽をくちびるに歌を♪】
【荒井千裕*ピアノの音の綴り方】
【香港発ピアニスト/ピアノ講師*音の綴り方(荒井千裕)】
【保科陽子 近況ご報告】
【コーチングレッスン(保科陽子)】
【せとピアノ教室(瀬戸喜美子)】
【どれみスタジオ(遠藤 操)】
【しょうこ先生の日々。(益子祥子)】
【ワクワクピアノレッスン(大石富子)】
【ピアノ脱力法メソッド(大嶋聡子)】
【大竹道哉・日々雑感】
【想い出の樹(中嶋恵美子)】
【やすこ先生の日記帳(荒木安子)】
【ピアノの音色(愛野由美子)】
【山口県下関市・little-Note Piano Studio(神野由香)】
【音楽センスを~(山本美芽)】
【Piano Room(藤代のりこ)】
【俺達の遺伝子(沖田大佑)】
【いのうえピアノ教室・トピックス】
【みさきピアノ教室(千葉美咲)】
【アルモーニア教室(高野芳美)】
【ゆきえせんせい(矢内幸恵)】
【今時のピアノの先生(石嶺尚江)】
【優しい風(大原由紀)
【楕円は踊る♪(緒方ヤヨイ)】
【未来輝くピアノレッスン&コーチング♪(林 美紀)】
【ぴあのすく~る(中塚三貴子)】
【茉音's Diary Sweet Harmony(若谷茉音)】
【キティのお部屋(キティ先生♡)】
【チッペンデール(冨永雅子)】
【中川純子ピアノ教室】
【Life with Klavier(大西由佳)】
【すくすくミュージック(信定千尋)】
【寺坂亜紀音楽教室】
【ミュージックサロン(望月 和)】
【取手市もみの木のうた(坂上明子)】
【美音・音もだち(佐藤 美和)】


【ブログ】には書いている方の個性が表れます♪ 素敵な先生方のブログ、ご関心がございましたら、是非、ご高覧ください♪

☆ お気に入りブログ ☆

過去に“コメント”を残した事のあるブログ集♪

☆【しんわのばら日記】☆
☆【仏の赤川塾】2011.8.8☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

只今、ランキングに参加中です。 皆様からの【クリック】が【大きな力】になります♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ



趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

皆様の【1クリック】が【大きな力】となります♪ 温かい【応援クリック】どうぞよろしくお願いします♪

アクセスランキング

音楽

[ジャンルランキング]
音楽
513位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
12位
アクセスランキングを見る>>

ピアノ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

アクセスカウンター

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

QRコード

下記のQRコードを携帯電話で読み取り、アクセスしてください♪

QR

RSSリンクの表示

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: