ピアノと共に♪  美しい音楽を求めて♪

「より美しい音楽を奏でたい♪」という想いを抱きながら、日々レッスンに取り組んでいます。ピアノ・音楽をテーマに綴るピアノ講師の日記です♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

この夏は【われは海の子】で♪

よくこのブログでも登場する「シニアの生徒さん」

夏休みになると、埼玉に住んでいるお孫ちゃんが長期間お泊りに来るので、

7月の下旬から【われは海の子】のレッスンをしています。

このシニアの生徒さんの一番下のお孫ちゃんは、
今春、小学校1年生になったのですが、春休みにお泊りにきた時に、

【1年生になったら】
「おばあちゃんのピアノの伴奏」で、
「小学校1年生に入学するお孫ちゃんが、歌ってくれた」、
という、とてもすてきなご体験をなさって、
ご本人も「とても記念になって、本当にうれしくて感動したんです。」


と語ってくださいました

そのお話を伺っていましたので、
「夏休み」という時季には、丁度いいかな?と思って、選曲しました

【われは海の子】という曲。

シニアの生徒さんも、学校に通っていたころによく歌っていた曲で、
今も、この曲を気に入ってくださって、練習に励んでくださっています。

お盆の週は、1回、ピアノ教室がお休みでしたので、
お盆休み明けに、「お孫ちゃんと、一緒に歌えましたか?」と質問してみましたが、

この【われは海の子】という曲を、知らなかったようで…

お孫ちゃんとの「共演」を楽しみにしていらっしゃったのに、何だか、ちょっと残念でした

学校の音楽の授業で「採用される歌」は、
「今時の作品」が、少しずつ増えて、
「過去、長年歌い継がれてきた曲」が削られているという事なのかな…

学校の音楽の授業で、昔から長年歌い継がれてきた日本の歌、文部省唱歌…、
今は、教わらない曲も増えてきているのですね。

すてきな曲が、たくさんあるのに…

文部省唱歌や、昔から歌い継がれてきた日本の歌って、
広く、世代を超えて、「同じ曲」で「歌でつながることができる」って、
とてもすてきな事なのに、何だか、ちょっと寂しいですよね。


このシニアの生徒さんも、
「いい歌なのに、残念ですよね。
文部省唱歌の歌詞も、とても心に響いて、
情景を思い浮かべる事が出来て、私はとても好きです。
今の子供たちにも、こういう曲を歌い継いでいってほしいなぁ。」
と。

私も小さな生徒さんにレッスンをしていて、
子供のころに、当たり前のように「知っている、歌っていた曲」を、
「知らない」生徒さんは、増えてきているような気がします。

今は、テレビで活躍しているアイドルやアニメの曲などの方が、
小さな生徒さんにとっては「知っている曲」って事なのでしょうね。

でも、私が子供のころに歌っていた「日本の歌」が、
「歌い継がれることなく、消滅していってしまう」のは、ちょっと寂しいですよね。

「新しいもの」だけ、「今、流行っているもの」だけで満足するのではなく、

一昔前に当たり前のように歌われていた「日本の歌」も「無くなってしまわないように」
「歌い継いでいく努力」をしなければいけない時代になったのかな?
と、考えさせられました。



昭和の時代は、母から子へ「童謡」「愛唱歌」を歌い継いで、
知らず知らずのうちに「覚えて、歌える」事が、当たり前でしたし、
幼馴染みのお友達とも、こういう歌を一緒に歌いながら遊んでいた記憶があります。


今は、核家族で、ご両親様とも「共稼ぎ」が当たり前で、
一昔(以上?)前、当たり前だった「母から子へ伝える歌」も伝えなくなって、
学校でも教えなくなってしまって、「知らない子供」が増えている時代なのでしょう。

でも、このシニアの生徒さんが、ピアノのレッスンで「日本の歌」を練習して、
何度もそのメロディを聴き続けていけば、
お孫ちゃんも「知らない曲」だったものが「知っている曲」昇格しますよね

おばあちゃんとの時間は、このお孫ちゃんにとって、「貴重な体験ができる時間」でもあります。

おばあちゃんのお家は「天国」って、感じていそうな、このお孫ちゃんは、
ただ「お家が広い」という事だけでなく、
「安心して過ごせる空間である」と同時に、「心豊かな時間を過ごせる空間」だという事を、
直感的に感じ取っているからなのかもしれませんね。



今年の夏休みは、先週末にお嬢さんがお迎えに来て、埼玉へお帰りになったそうですが、

おばあちゃんの存在って、子供さんにとって、とても大きなものなんですね!

お孫ちゃんのためにも、Oさん、頑張ってくださいね



このシニアの生徒さんの過去の記事は、
「カテゴリ」「大人の生徒さん」にまとめてあります。
ご関心がございましたら、併せてご高覧くださいませ。



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

スポンサーサイト
  1. 2013/08/29(木) 10:00:00|
  2. 大人の生徒さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏休み後のレッスン♪

ピアノ教室の夏休みも終わり、生徒さんのレッスンも再開しました

夏休み中、ご両親のご実家へ帰省する生徒さんの中には
8月全休する方もいらっしゃいますので、
まだ、全員に再会しているわけではありません。

夏休みで、1回、または2回、レッスンがお休みでしたが、
休みの間も、しっかりと練習していた生徒さんもいれば、
ちょっと練習をおサボリしちゃった生徒さんもいらっしゃいましたが、

夏休み、それぞれ、色々と、すてきな体験ができたのでしょうね!

みんな、元気な顔を見せてくださって、一安心です

ここ数日、酷い猛暑から少し解放されて、
少しずつ「秋」が近付いているのかな?
さわやかな涼風に心地よさを感じています

「秋」といえば、やはり私の場合は「芸術の秋」でしょうか。
少しずつ、ピアノの練習時間を増やしていきたいなぁ、と思っています。


先日、大学生のHくんからメールが届きました
塾講師のバイトをしているHくん。
夏休み、バイト先の塾の授業が入ってしまって、ピアノレッスンお休みの連絡でしたが、
その、お休みの連絡のメールと共に、

「先生のブログ読んでいます」と、とても嬉しいメッセージもいただきました。

彼は、「千里の道も一歩から」というブログ記事を読んで、
「僕もこの言葉を胸に刻んで、頑張ろうと思っています」

と、ご感想を伝えてくださって、

直接のレッスンがなくても、過去に私が投稿した記事を生徒さんも読んで、
「頑張ろう!」という気持ちになってくださって、
とても嬉しいなぁ、と感じました。

ブログって、こういう感動もいただけるのですね!


私が書く記事は、自分の経験からしか書けませんので、
どの程度、よい事を発信できているか、わかりませんが…、

1人からでも「この記事で勇気づけられました」とか、
「よかった」という温かいコメントをいただくと、
本当に、素直に「うれしいなぁ」と思います。

私、とても単純なので

ただ、私からの発信のみの「一方通行」ではなく、
読んでくださる方々からの励ましの言葉は、
本当に、「これからも、自分なりに、記事を書き続けていこう!」
という意欲と勇気をいただけます

「温かい言葉」って、本当にうれしいですし、ありがたいです。

Hくんのピアノレッスン再開は9月からですが、
Hくんからの「励ましの言葉」、ありがたく心に刻みました

人は「1人」では、生きていないのですね!

生徒さんとの出会い、生徒さんと時間を共有できる事に、
心から感謝しています。

Hくん、どうもありがとうね




最後に、お知らせです。

明日【2013年8月28日(水)】
NHK BS プレミアム 21:00~22:00
「旅のチカラ」という番組を放送予定ですが、
私の大好きなピアニスト、辻井伸行さんが出演なさるそうです


私は、録画予約をしました(正確には、夫に予約してもらいました)♪

DVDの予約、私は苦手で…、いつも夫にお願いしています
いつまでたっても私自身は「アナログ」人間で…、
これから先、色々なものが「デジタル化」していくと、
時代についていけない私(ある意味、“生きた化石”かも…)は、
とても「不便になりそう」と、危惧しています…


素晴らしいピアニストの辻井伸行さんの演奏が聴ける番組
ご関心のおありの方は、是非、視聴してみてはいかがでしょうか?

辻井さんの「心洗われるピアノ演奏」に触れ、すてきな時間を過ごしたいなぁ、と
今から明日の放送を楽しみにしています



番組詳細は、下記からご確認いただけます♪
   ↓ ↓ ↓

【NHK BS プレミアム 旅のチカラ 「“水”の音楽に挑む~辻井伸行 フランス~」】



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/08/27(火) 12:55:00|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍耐力…

ピアノを習っている生徒さんの中には、
それなりの年数、通って来ているのに、
「“ピアノを習う”という意味」を理解できずに、
折角、ご両親さまが「お月謝」を支払って
「習わせてもらっている事のありがたみ」を全く感じていない生徒さんもいます。

本当に「もったいないなぁ」と思います。

そういう生徒さんには、
「あなたが、いつまでも練習しないままでいると、
パパやママも、“もうこの子にはピアノなんて習わせても意味がない”って、
ピアノ辞めなくちゃいけなくなるんだよ!
そうなったら、先生ともサヨナラしなくちゃいけなくなるの。それでいいの?」

と、毎回毎回、語り、伝え続けていますが、
全く意に介さず「馬耳東風」といったところ…

この子のご両親さまも、
「ピアノは好きじゃないけど、先生が好きで習いに来ているんですよ!
先生じゃなきゃ、もうとっくの昔にピアノは辞めています。
先生だから、続けていられるんです。」

とおっしゃって…。

そう言って下さるのは、私もありがたいことではありますが…、

でも、このご寛大なご両親さまでも、
「永遠に今のままでもOK」とはならない、と私は考えるのです…。


この子のお父様は、
「自分が子供のころに、習い事をさせてもらえなかったから、
我が子には、色々な習い事をやらせてあげたい」という思いがあるのだそうです。

それで、ピアノの他にも、色々な習い事をしているそうですが、

ある時、ご本人に「どの習い事が一番好きなの?」と質問した時に、
「ピアノが一番好き」と答えたそうです。

そんなに「一番好き」と答えるなら、「やるべき事」が出来なくちゃ…、
と私の方が責任を感じてしまうのです。

ご両親さまの「習わせてあげたい」という愛情を一杯受けているのに…。
この子自身が「自分は、ピアノを習わせてもらっていて、本当に恵まれているんだ」
って、そろそろ、気付かなくちゃ…。


生徒さんが「ピアノに目覚める瞬間」は、それぞれタイミングが異なりますが、
最低限、「宿題」として与えられた課題をやってくること。
これは、ピアノなどの楽器を習う時には、必須条件です。

レッスンで、「新しい課題」がどんな曲なのか、や、練習方法についてを学んで、
それを持ち帰って、自宅で「繰り返し練習する」という習慣が身につかなければ、
上達していく事ができない、ピアノは、そういう類いの習い事なのです。


「ピアノを習っている」と一口に言っても、
ただ「通って来ている」「先生に会いに来ている」だけでは、
その「演奏技術を身につける事」ができません。


もちろん、持って生まれたものである技術的な能力の差・進度は、
生徒さんそれぞれ違いますし、
器用な生徒さんもいれば、習得するのに時間がかかる生徒さんもいます。

ピアノは、個人レッスンだからこそ、
1人1人の状況を見て、他者との比較などをせずに、
丁寧に指導していくことができます。

それでも、「最低限やらなければいけない事」を本人が全くやらなければ、
1歩たりとも「前に進む事」ができません。



昔、長年放送されていた「水戸黄門」というテレビドラマのテーマソング


人生、楽ありゃ苦もあるさ
涙の後には虹も出る
歩いてゆくんだしっかりと
自分の道をふみしめて

人生勇気が必要だ
くじけりゃ誰かが先に行く
後から来たのに追い越され
泣くのが嫌ならさあ歩け



という歌がありましたが、

この子には、この歌の意味が理解できるといいのになぁ、と、切実に願っています。



本人にとって「無理のない課題」を与えても、
それをこなしていけるだけの「忍耐力」が育たないと、
根気のいる地道な「家での練習」ができないのかな…


ピアノ発表会等、「晴れの舞台」で演奏する姿は、
一見とても華やかな世界のようにに受け止められがちですが、
そういう場に立つまでには、「見えないところでの努力」があってこそ出来る事です。


この子は、「発表会に出る事」は好きなんです。
「ピアノの発表会でステージで弾いて、
たくさんの人が、拍手をしてくれたことが気持ちよかった」
と思ったそうです。

まだ、小さいうちは、演奏技術が未熟でも「ご愛敬」で許されますが…、
学年が上がっていけば、同じ年ごろの生徒さんが順調に成長しているのに、
練習しないこの子は、「ごく簡単な曲しか弾けない」となってしまうのですよね。

「それでもいいのかな?」

何度も何度も、伝えても伝えても、「心に響かない」

結局、最後は、「本人次第」です。


レッスンに来ても、ピアノの前の椅子に座ることすら中々難しいこの子も、
“ピアノを習うってこういう事だったんだ”と気付く時がくるかもしれないと信じて、
根気強く、その本質を伝え続けていくしかありません。



様々なタイプの生徒さんを指導していく中で、色々と考えさせられます。

ピアノを習う側の生徒さんは「忍耐力」が必要ですが、
ピアノを教える側の講師にも、また「それ以上の忍耐力」がなければ出来ない事なんだなぁ、
と、強く感じるようになりました。


物質的に豊かな現代、何もかも「物質的」に非常に恵まれています。
この物質的に豊かな時代であっても
「ピアノ」は、「本人の努力」がなければ、「上達できない」類いのものです。
「お金」を支払えば、「買える」ものではありません。

現代に生まれ育っている若い世代の方々にとっては、
「忍耐力」が必要な「ピアノ」等の習い事は、苦労を伴い、とても大変な事だと思います。

「簡単には手に入らない」
「努力をすることでしか手に入れられない」

だからこそ、この技術を身につけるということの「意義」があるのだと思います。

最初は、誰もが“失敗”し、“間違え”ながらも、
練習を重ねる事で、少しずつ「出来るように」なって、技術を習得する。


「失敗する事」が、とても「野暮ったいと他人から見られるのが恥ずかしい」
そんな風に感じているかもしれない、現代の子供たち…。
でも、決してそうではなく、
「失敗を恐れずに、努力する姿」は、「人として、最も美しい姿」なのです。

つい先日、イチローさんが、素晴らしい記録を達成し話題になりましたが、
「栄光の影にある、失敗があったからこそ」と語っていらっしゃったのが印象的でした。

「多くの事が便利に出来てしまう時代」に生まれた現代の子供にとっては、
「努力していく事」を身につける事が、苦手なのかもしれません。

物質的に恵まれているという事は、多くの人々にとって「ありがたい事」ではありますが、
この時代だからこそ起こる「受難」も、併せ持つのかしら…、と、考えさせられます。

自分のペースでいいから、1歩ずつでいいから、
この子も「努力できる人」になっていただきたいなぁ…、と、心から願っています。



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/08/25(日) 08:40:00|
  2. ピアノを通して
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「経験」こそ宝物♪

楽しい事、うれしい事は、
とても心地の良い時間
ですよね。

できれば、こういう楽しい時間がずっと続いてくれればいいのになぁ、と願うものです。

でも、生きていく中では、
辛い事、悲しい事、苦しい事、などを経験することもあります。

「どうして、こんなに辛い想いをしないといけないんだろう…」

そんな風に感じる経験は、誰もが持っているのではないでしょうか?

そういう「辛く、悲しく、苦しい事」が、「何故起きるのかな?」と考えた時に、

「どうして、自分だけ、こんな辛い目に合わなければならないのだろう!」

と、その運命を恨み続けるばかりでは、何の解決にもなりません。


先日のブログでご紹介した【オーラの泉】という番組が放送されていた時に、
私自身、かなりの回数、視聴してきましたが、

風邪をひいたりすると、“健康に生活できることのありがたみ”を実感できるもの。
だから、時々、自分自身がそういう状態になって、
「健康で平穏な日常をつつがなく過ごせる事が如何に幸せなのか」に気付けるんです。

同様に、辛く、悲しく、苦しい経験をするからこそ、
「人の心の痛み」のわかる人間に成長できる、人生での「大きな学び」につながるんですよ。


という事を常に発信していたように思います


私自身も、色々と、他者から「理不尽な仕打ち」を受けた事がありました。
でも、「そういう経験」をした事で、
「こんな事をされると、人間はとても傷つき、こういう事を、他者にしてはいけないんだ」
という事を学びます。

大切なのは、
「他者から受けた仕打ちを、その仕返しとばかりに、別の弱者にするのでは、
その理不尽な仕打ちをしてきた人と“同レベル”になってしまう。
人にやられて、“自分が嫌だな、と感じる事を、他者にやらない。”」
という事を、貫く事だと思います。

そういう気付きをするために「辛く、悲しく、苦しい」経験をするのだろうなぁ
、と思いました。

「人の心の痛みがわかる」という事は、
「言葉」だけで「わかる」のでは「心底わかった」と言えず、
「経験・体験」することで、「本当の意味」を理解していくことができるのだと思います。




音楽を演奏する時、その作品が持つ特性ゆえに、
「楽しい事」だけしか経験していない人には、「表現出来ない作品」があります。

「色々な経験を積むこと」が、「芸の肥やしになる」と、よく耳にしますが、
人の心に響く「表現」をする際には、
「辛く、悲しく、苦しい経験」というものは、必要なもの。


「辛い経験真っただ中」の渦中にいる時は、
とても辛く、悲しく、苦しい時間であっても、
「人間」として成長していく過程で「必要な学びだったのだ」と考えると、
「負の経験」も「ありがたい出来事」と理解できる時がくるのですよね。

「人の心にしみる演奏」をするためには、
「人間としての色々な経験」が必要不可欠なもの。

いくら「演奏技術」が卓越していても、
「聴く人々に語りかける説得力のある音」で演奏するためには、
「必要な学び」である「辛く、悲しく、苦しい体験」を、
「自分にとっての宝物だ」と感じられるようになる事が大切なのでしょうね。


辛く、悲しく、苦しい時間も、「永遠に続く」わけではありません。


【オーラの泉】という番組で、
それまで感じていた「どうして?」という疑問が、
1つ1つ、心の中で解決していった記憶があります。

放送を終えて、もう5年位経つようですが、
先日、インターネットで「過去の番組映像」を発見し、視聴したことで、
放送していた当時、感じ、考えた事をもう一度思い出して、
改めて、「色々な経験することの大切さ」を実感しました。

どうして急に「再び聴きたくなったのか?」という点については、
私自身にもよくわかりませんが…、
「自分の心が求めた事」であり、再視聴する事が「必然」だったのかもしれませんね。

これからも、時間のある時に「色々なゲストの方々が出演した過去の番組映像」を、
改めて視聴して、学びたいなぁ、と考えています。

どんな人間も「生きる」という事それ自体が、「修行」なのですね



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/08/22(木) 10:40:00|
  2. 学び・気付き・感動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【オーラの泉(佐渡裕氏)】の映像を見つけました♪

以前、テレビで放送していた【オーラの泉】という番組、
私はこの番組が、とても好きでした。

魂と肉体について、
肉体は限りがあり、魂は永遠であること。

魂の年齢、肉体の年齢について、
肉体の年齢:一般的に生まれてきた順番で、子供は子供、大人は大人と考えられているけれど、
魂の年齢については、過去世から延々とつながる「魂の修行」をどれだけしてきたか。
なので現世での「年齢が年下」の人でも、「年齢の高い年上」の人よりも
「魂の年齢が高い(何度も生まれ変わり過去世をたくさん経験・修行を積んできているという意味)」
という事もよくあることなのだとか。

だからこそ、「小さな子供」の生徒さんに対しても、
「1人の人格を持った人間」として、「敬意を持って接していかなくちゃ」と、いつも思うのです。
だって、もしかすると、「自分より年下の生徒さん」の方が、
「魂の年齢」は、上、高いかも知れません。


【人間は、生まれる時と死ぬ時は、何も持たずに生まれ、旅立ってゆく。】
この点については、どの人間も「平等」。

現実のこの世は、不公平な社会。
富める人もあれば、貧しい人もいる。
平和な環境に生れた人もいれば、紛争地域に生れた人もいる、等々。

どの人も生死を繰り返す事で、「様々な人々の人生」を体験する。
今生、どういう宿命を持って生まれたかによって、
その人生を経験・全うする事で、「学び」がある。
与えられた今生の人生で「人間としての徳を積むこと」が、一番大切。

人生は、魂を磨くための学びの時間。

そういった事を、この番組を通して気付き、大切な事を学びました。



この【オーラの泉】で、2007年3月29日に放送されていた、
指揮者の佐渡裕さんが出演した時の映像を見つけました。


久しぶりに、この番組の映像を見て、
改めて「音楽の力」の偉大さ、素晴らしさを実感しました。

番組の中で、佐渡さんの「リコーダー:タイガーマスク」の名演奏もあります。

残念なことに、番組の最後が途中で切れてしまっていますが…、
約1時間の動画、途中まででも、とても感動的な話が視聴できます。

お時間があり、ご関心のおありの方は、是非、一度ご視聴してみてくださいね♪

↓ ↓ ↓ (どちらからも視聴できます)


【オーラの泉・2007.3.29佐渡裕☆】


【オーラの泉・2007.3.29佐渡裕★】


番組で紹介されている内容を箇条書きにまとめると、以下のようになります。
関西ご出身の佐渡裕氏は、お話もとても楽しくて、内容もとても深く、
1時間弱の番組があっという間に過ぎていく、と感じました。

指揮者になるまでのエピソード

バーンスタイン氏との出会い

トスカニーニ氏との関係性

神様から愛されている「選ばれた人物」であること

佐渡裕氏ご自身が体験したスピリチュアルな体験談
(夢の中での「啓示」体験、演奏中に幽体離脱して上から自分が演奏している姿を見ていた体験)

「音楽を楽しむ」という黄色のオーラを持っていて
素晴らしい「タイガーマスク」のリコーダー演奏
「音楽で周りのみんなを喜ばせたい」、という「純粋な想いが原点」にあること

音楽が一瞬にして、場の空気を和ませる「大きな力」があること

阪神・淡路大震災の被災者の方々への鎮魂のための活動が大きなご供養になっている事

「音楽」で「浄化」されてるという事の意味

現代は、日本の社会全体が「意地悪」になって、マイナスの波動が満ち溢れているけれど、
「美しい音の力」は「汚れた波動」を「清める力」がとても大きいこと

「音楽」を含めて、「芸術」には、神様が宿っている

この世から、音楽を含める「芸術」が消えてしまったら、全て「悪」になってしまう。
それだけ、「芸術」の果たす役割は大きい

「音楽」を響かせる事で「地球を救う事になる」など…。



この番組が放送された時(2007年)にも、私はテレビで視聴していましたが、
この映像を見つけて、今回、改めて視聴して

人類に贈られた「神様からの賜りもの」である「音楽」

「音楽」に携われる仕事ができる事自体、
本当に、素晴らしい事であり、とても幸せな事なんだなぁ、と実感できました。


「日々、ピアノを練習している時間」は、「音楽と触れ合っていられる時間」でもあります。
「魂を清めてくれる、美しい音楽」と対話できることが、いかに「幸せな事なのか」を実感しました。



私自身に出来る事は、微々たるものですが…、

これからも(拙いながらも…)「ピアノ」を演奏する事で、
聴いて下さる方々に、「音楽」で心を和ませていただきたい…。

ピアノを指導する事で、習いに来てくださる生徒さん達に、
ピアノを演奏できる技術 = 将来、ピアノを奏で、多くの人々に“音楽を発信する力”
を身につけていただきたい…。

この番組を久しぶりに視聴して…、これからも微力ながらでも、
「人々の心を豊かにするお手伝い」をしていきたい、と改めて考えています




只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング


  1. 2013/08/20(火) 16:00:00|
  2. 音楽全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「千里の道も一歩から」と信じて♪

6月の発表会が終わってから、「次に弾く曲」をどうしようかなぁ…、
と、色々と考えているところです

発表会が終わった直後は、
やはり「今年弾いた曲」なら、「それなりに弾ける」ので、
その「ギャップ」を強く感じてしまう、「新しい曲」の練習はとても大変です。

「たどたどしくしか弾けない新しい曲」を選ぶのには、ちょっと腰が重いというか…。

発表会が終わって約2ヵ月、
今年も「非常に暑い夏」で、「差し迫って人前で弾く必要がない」となると、
ちょっと練習をおサボリしてしまったり

とにかく、「練習し始めたばかりの曲」というのは、
特に私の場合、情けない位に「下手くそ」なのです…

「この曲、本当に仕上げられるのかなぁ?」なんて、ちょっと不安に思ったりして。

でも、その「未熟な演奏」の「新曲」でも、
毎日、根気強く少しずつ練習を積み重ねていると、
段々と「形」が見えてきます

「もう少し練習し続ければ、弾けるようになるかも」という「希望の光」が感じられると、
「後、もう少し、頑張ってみよう!」って、自分でも思えるようになるんですよね

私は、いつもこの繰り返しです。

新しい曲は、譜読みをするのも一苦労。

「ピアノを弾きたい!」という気持ちは一杯あるけれど、
実際に「弾けるようになるまで」は、本当に「苦難の連続」です

「この曲を弾けるようになりたい!」という気持ち、ピアノに対する情熱があるからこそ、
その大変な苦難の道のりを「乗り越えていこう」という気持ちになるんでしょうね。

「弾ける」と一言で言っても、
「譜読みができた!」だけでは「まだまだ」で、
ここからが「本当の音楽作り」のスタートなんですよね。

本当に、ピアノって、「忍耐力」が磨かれます

色々と「便利」になって、楽に生活ができる現代ですが…、
ピアノのように「努力しないと手に入らない事」を続けていくって、
「人として、とても大切なんだ」と思います。

ちょっとのことでは「投げ出さないぞ」って、「踏ん張れる力」は、
「お金を払えば、すぐに手に入るもの」ではありません。

ピアノに限らず、どんな分野であっても、
技術を身につけるのは「大変な事」です。


千里の道も一歩から


と言いますが、ピアノを習って「新曲」に取り組むのも
正に、このことわざがピッタリだと私は感じています。

最初は、5分の曲を弾くのに、倍以上の時間がかかったり、
右手だけ、左手だけの練習を何度もやって、
ちょっとずつ「両手」の練習を増やしていって…
本当に「地道な練習」を積み重ねていく…。

それでも「きっと出来るようになる」と信じて、
日々の練習を続けてくことで、少しずつ「自分のもの」になっていくのですよね



今、練習している曲は、

モーツァルトのソナタ、ショパンのノクターン、ショパンのエチュード、リストの練習曲など。

まだまだ、選曲の途中ですが…、

千里の道も一歩から

自分自身に、この言葉を言い聞かせながら、
1人の「ピアノを弾く事が大好きな人間」として、
「これからも、地道な練習、頑張らなくちゃ!」と思っています



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/08/18(日) 13:45:00|
  2. 演奏に関する私見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プレゼントはピアノ型の電卓♪

先日、しょうこ先生が、ブログでご紹介してくださった
【ピアノの鍵盤の形の電卓】、
とてもラブリーでしたよね。

私は、「あら、可愛い電卓があるのねと思いはしたものの、
「購入したい!」、とまでは思わなかったのですが…。

私が昨年の秋からブログを始めてから、
夫にも「ブログ読んでね」と、半ば強制的?に読んでもらっていますが…、
それをきっかけに、夫が「しょうこ先生」のブログの大ファンになりました。

「世の中にはこんなにすごいピアノの先生がいるんだね」と、大絶賛です

夫曰く、しょうこ先生のブログは、「ピアノの先生、教育者」のブログで、
私のブログは、「ピアノ好きな人」のブログって感じがする、
と。

そっか~、まぁ、書いている人が私なので…

私、一応「ピアノの先生」ですが、もう既にお気付きの方も多いかと思いますが…、
「先生としての威厳」がほとんどありません
でも、そのおかげ?で、生徒さんが気軽に「心のうち」を話してくれます

はい、確かに、私は「ピアノ好きな人」です

第3者の立場からの率直な感想を聴く事も大切ですし、
毎年、発表会の裏方でお手伝いしてくれる夫には、
日頃の生徒さんの様子をブログで伝えることができるので、
これからも、夫には「私のブログを読んでもらわなくちゃ」と思っています。


7月末のある日、宅急便で「精密機器在中」のお届け物が届きました。

夫宛でしたので、開けずにそのまま机の上に保管していましたが、
帰宅後、早速、開梱した夫から、
「これ、1つプレゼントしてあげると言って差し出したのが、↓ ↓ ↓

ピアノ型電卓

「あ、これ、この前、しょうこ先生のブログにあった電卓だよね!」

しょうこ先生ファンの夫が、秘かに、自分用と私用に、2台、ネットで購入していたのでした

早速、実際に開けて、使ってみましたが、
鍵盤に数字や記号が並んでいる電卓は、
あまり【実用的】ではありませんでした。【鑑賞用】かな。
やはり、電卓は、「通常の配列」の方が使い勝手はいいんですね。

鍵盤の数字を押してみると、ちょっと軟らかめで「クニャ」っとした感触でしたね。

でも、思いがけずに、夫からいただいたプレゼント

あまり実用的ではありませんが、とても可愛らしい【ピアノ型の電卓】は、
教室のピアノの上に飾ってあります

どうもありがとうね


(「この事を是非ブログの記事にして!」という夫からのリクエストで…、書きました!)

フェイスブックでお友達になっていただいているピアノの先生方のブログは、
常時、左バナーの【お友達ブログ】にリンクさせてあります。
今回、ご紹介したしょうこ先生のブログは【しょうこ先生の日々。】です



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/08/15(木) 16:30:00|
  2. 講師のひとり言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏休みのお仕事♪

今週いっぱいは、ピアノ教室も夏休みです

という事で、ホームページ等の写真を今年の発表会のものに差し替える作業をしています


久しぶりに操作すると、「あれ、どうすればいいんだっけ?」と、
思い出すまでに、手間取りながら…ですが

このブログにも、常に「左バナー」にリンクしてありますが、
私のピアノ教室のホームページです ↓ ↓ ↓


【♪ Tutti ピアノ教室 ♪ ホームページ☆お店のミカタ】

【♪ Tutti ピアノ教室 ♪ ホームページ☆ヤフーロコプレイス】



この他にも、色々な「音楽教室検索サイト」等にも
教室の情報を掲載させていただいていますので、
掲載できる写真の数など、それぞれのサイトでマチマチですが、
発表会の様子の写真を載せられそうなところは、
教室の夏休みのこの時期に、写真の変更等の作業をしておきたいなぁ、と思っています。

2番目の「Lococom」は、「フォトギャラリー」の掲載写真を追加して、
3番目の「エブリタウン」にも、「発表会写真」を追加しました。

下記の3つの【音楽教室検索サイト】は、
教室の案内情報をかなりしっかりとお伝えできるサイトなので、
常時、左バナーにリンクさせてあります。


【♪ Tutti ピアノ教室 ♪ ピアノ教室.COM】

【♪ Tutti ピアノ教室 ♪ Lococom】




ピアノ教室を探している方が、どこをご覧になって探しているのかはわかりませんので、
できるだけ、多くのサイトに登録して掲載していただいています。


この「インターネットでの教室の宣伝」については、
私は、昨年9月から始めたました。もう少しで1年になるんですね

ブログは、昨年の10月からスタートして、
フェイスブックは、今年の4月から参加しました。

スタートした頃は「ピアノ教室の宣伝」のみが目的でしたが、
1つの事を始めると、段々、広がっていくものなのですね!

教室の宣伝で「インターネットを利用することが有効なんだろうなぁ」と考えた理由は、
やはり、私自身も何か調べ物をする時は、先ず「パソコンで下調べをして」からなので、
ピアノ教室を探している方々も、
「まず、最初にネットで検索してみるのではないかしら?」と考えたからです。

インターネットで「自宅ピアノ教室を宣伝・紹介」をする事に、
最初は、やはり個人情報をさらす事になるので、多少、抵抗はありましたが、
約1年が経った今、体験レッスンの後、新しく通い始めてくださる生徒さんが徐々に増えてきています。


ブログが「最新の情報発信」になりますが、
私の教え方、生徒さんへの接し方等が伝わるように…、
という気持ちで、書き続けています。

ブログは、書く人の人柄・個性も表れますよね。
「水瓶座のB型」という私の「ちょっと変わり者の人物像」も暴露されてしまうので、
お恥ずかしいところもありますが…
これをお読みになって、
「この人には教わりたくないなぁ」と感じれば、
お問合せには至らないわけですから、
「ありのまま」を出して書き続ける事が、「誠実な対応」になるのだろうなぁ、
と考えて、これからも投稿していきたいなぁ、と思っています。

ホームページ、ブログ等の【1クッション】があって、
「問合せをする」か、「しないか」を、生徒さん側ができます。
それは、ピアノ講師の私自身にとっても、プラスになると考えています。

ブログでは、レッスンの様子、発表会等の行事についても書いているので、
「この教室で習ったら、どんな感じなんだろう?」というイメージを抱きやすいように、
ご紹介しているつもりです。
そして、こういう「記録」を積み重ねる事で、
教室の特徴を多方面から伝えることができるのだろうな、と感じるようになりました。

ブログも1年弱ですが、大分書き溜めてきましたので、
「教室選び」をする生徒さんにとって、「大きな判断材料」になるかな?と思っています。

ホームページには、お月謝についてや、使用教材などについても明記してあり、
予め「イメージ」できれば、「全くの未知の世界」になっているよりも「安心」ですよね。

とは言え、私もホームページに「わかりやすく」説明書きをしているつもりでも、
「え、そんな風に読みとったの?」と、思うご質問があったりするんですよね。

なので、やはり最後は、「百聞は一見にしかず」で、
「直接、お目にかかって」の「体験レッスン」で、
ご判断いただくことになります。
私も、生徒さんが「ご納得」した上で、
私のもとで習うのか、習わないのかを決めていただきたいです。


この暑い時季には、「ピアノを習いたい」という体験レッスンのお申込みはほとんどありませんが、
「芸術の秋」になってから「ピアノを習いたい」とお考えになる方々のために、
今、しっかりと「教室案内」のページを整備して、
新たな出会いができますように、準備を整えておきたいなぁ、と思っています




只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/08/13(火) 08:15:00|
  2. ピアノ教室・施設紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「好きこそものの上手なれ」のススメ♪

先日もブログでご紹介しましたNHKラジオ【夏休み子供科学電話相談】
高校野球の期間中はこの番組もお休みになりますが、
「子供」を対象とした番組から「大人」も学べて、興味深く視聴できますので、
私も、高校野球の始まる前の放送日、8月7日の番組を聴いていました

その番組中、小学生の女の子からの質問、ちょっと面白かったのでご紹介します。

「AKBの歌やダンスは、すぐに覚えられるけど、漢字や算数は一生懸命お勉強しないと覚えられません。どうしてすぐに覚えられないのですか?」

この質問を受けて、スタジオの皆様も「あは♡」という感じの和やかな雰囲気の中で、
回答者の先生のお答えの要旨は、

AKBの歌やダンスは、○ちゃんが好きで興味のある事だから、
テレビなどで放送されている時や、その直後に、歌ったり踊ったりして、
何度も何度も繰り返しやっているんだよね。
好きなことは、何回やっても、飽きないし、楽しくて苦痛じゃないから
知らず知らずのうちに、何度も繰り返し練習することができるんです。
だから、○ちゃんは、それが早く覚えられるんだよね。

それと、歌やダンスは「覚えやすい区切り(リズム)」があるので、
元々「覚えやすいジャンル」のものなのです。

なので、漢字や算数を覚える時も、
「覚えやすい区切り」をつけて、リズムよく覚えるように工夫してみると、
覚えやすくなりますよ。

そして、あまり好きじゃない事をやっている時も、
無理やりでもいいから、顔を「ニコニコと笑って」いる状態にしてみると、
脳の中で、「今、好きな事をやっているんだ」と感じ取って、覚えやすい信号が出るので、
顔だけ、気持ちだけでも、「これをやっていると楽しいんだ」と思いこませる事で、
漢字や算数も、よく覚えられるようになるかもしれません。

そして最後に、回答者の先生は
「自分は、AKBの歌や踊りを覚えることの方が難しいよ。」と。



「好きこそものの上手なれ」ということわざがありますが、

好きな事は、何回やっても苦痛じゃないですし、
楽しみながら、繰り返し繰り返し、練習し続ける事ができます。
だから、どんどん「上達」していけるんですよね。

また、最初は「ちょっと苦手」と思っていることでも、
繰り返し、継続的に学んだり、練習し続ける時に、
「これは、楽しい事なんだ」と「脳に思いこませる事」も、
「よい方向」に持っていくのには、「有効」なんですね!



アナウンサーの方も「この質問は、大人も興味津々ですよねと。

私も、「ナルホド」と思いました。


私のところにピアノを習いに来てくれている生徒さんの全てが
「ピアノ大好き♡」と思っているわけではありませんが…

どうせやるなら「ピアノって楽しいなぁ」と感じてもらえた方が、
教わる側も、教える側もハッピーですよね。

習い始めのころは、それ程「好き」ではなくても、
繰り返し繰り返し、練習をし続ける中で、「音楽・ピアノの楽しみ」を実感する事、
生徒さん自身が「音楽・ピアノ」に感動しながら、喜びを感じながら、続けていっていただきたいと、
今回の放送を聴いて、改めて感じました。


「先生の事は好きだけど、ピアノは練習が大変であまり好きではない」っていう生徒さんもいますが、
そういう子の場合、お家での練習の時に「無理矢理でも、ニコニコと笑顔を作って」練習してもらうように、
お話してみようかなぁ、と思っています!

先ずは練習の時に「ニコニコ笑顔」にして、
繰り返し練習することが「苦痛の時間」にならないようにすること、
練習自体が「喜び」になるように、
「ピアノが好き」になる事が、ピアノ上達の一番の近道なのですね。


子供の質問はとても純粋で、とても新鮮で、ビックリするような発想だったりして、
回答者の先生方も「子供さんたちは、こんな視点で見ていたんだなぁ」と、
普段気付かないことを、「へぇ」という新鮮な気持ちで質問に答えていらっしゃるようでした。

私もピアノの生徒さんたちの「子供の視点」からのお話を伺っていると、
「へぇ、そんなことを考えているんだ!」と思う事もしばしばあり、
ピアノを「教えて」いるけれど、色々な事を「教わっている」のかな、とよく感じます

レッスンの時間に、生徒さんと関わる事自体、とても面白くて、
「ピアノの先生」というこのお仕事、私は本当に大好きです。
私自身が「ピアノの先生の仕事が大好き」だから、長年、続けてこれたのですね

大好きなピアノを弾いたり、教えたりできる仕事ができる私は、
本当にとても幸せなんですね~。

「好きこそものの上手なれ」を大切にして、
これからも、生徒さんを指導していきたいなぁ、と思っています。


下記をクリックすると、NHKラジオ「夏休み子供科学電話相談」のホームページが出ます。
この中の「答えをきく」というところをクリックして、
8月7日の「心と体」の篠原菊紀先生のところをクリックすると、
この「AKB~」の質問の答え(篠原先生ご本人の音声)のまとめを視聴できます。

(篠原先生も、このAKBの質問が、とても印象に残ったんですね!)

今まで放送された質問の答え、
それぞれの先生が「その日の質問」の中から1つだけ選んで聞けるようになっています。
その先生が選んだ「答えのまとめ」とても面白いですよ!

放送を聞き逃した皆様、ご関心がございましたら、是非、お聞きくださいね!
 ↓ ↓ ↓

【NHKラジオ:夏休み子供科学電話相談】ホームページ



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/08/10(土) 17:45:00|
  2. 学び・気付き・感動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

教室も夏休み♪

8月は全国的にお盆休みなので、私の教室も今日から夏休みです

お盆休みの時は混雑しますので、私自身は遠出はせずに過ごしたいと思っています。

8月6日に、5歳のYくんから「暑中見舞い」のおはがきをいただきました!↓

2013年8月暑中見舞い・Yくん

Yくんは、「ちひろ先生は、いつもピンクのお洋服で、リボンもつけていて、お目目がかわいい」と言って、
私の事をとても気に入ってくださっているのだそうです。Yくん、ありがとうね

8月6日、受取ったその日のうちに暑中見舞いのお返事を書いて、投函してきました
この日までなら、「暑中見舞い」で出せましたので。
(7日の立秋を過ぎると、もう「残暑見舞い」にしないといけませんよね。)

前回の土曜日のレッスンが終わって、Yくんも夏休みで2回レッスンがお休みになります。

3月からピアノを習い始めてから、いつも「お家での練習」をしっかりとやってきてくれて、
前回のレッスンの時に、ママから、

「Yくん自身が、“ピアノの練習しなくちゃ”と言って毎日練習しているんです!
宿題の新しい曲を毎日練習して、木曜日あたりになると出来るようになるんですよ!」

とおっしゃっていました。

Yくんが、毎回レッスンで上手に弾けるのは、
「毎日、お家での練習を続けているからこそ」なんです
まだ5歳になったばかりなのに、本当に「生徒さんの鏡」です。


Yくんは、習い始めてまだ5ヵ月ちょっとですが、
ピアノランド①も、8分の6拍子の曲を後2曲残すのみ。

前回のレッスンで
「Yくん、今度のレッスンの時に、新しい楽譜を準備しておくね!」
と、お約束をしました。

よく練習して来てくれるYくんには、下記の楽譜を準備しました。

ピアノランド 2巻
ピアノの森 1巻
はじめてのギロック


これからのレッスンがとても楽しみですね!

今までの教材よりも、少し難しい曲になっていくので、
1週間でマルをもらえなくなるかもしれません。

楽譜に書かれている音を指示通りに弾けるようになった後に(譜読みができた後に)、
段々「より音楽的に弾けること」を目指していくことになります。
でも「そういう要求」をしていくことで、
生徒さんが「表現していこう」という部分が育っていきます。

「弾ける」という基準が、段々とレベルアップしていくことになるんですよね。
小さな生徒さんにとっては、「忍耐力」のいることですが、
「ピアノがイヤ」になってしまわないように、
気を配りながら、レッスンしていきたいです。


段々と、大変になりますが、Yくんなら、
「音楽を表現すること」を「面白いなぁ」と感じてくれるように育っていってくれると信じています。

とても筋もよく、責任感も強く、真面目なYくんには、
ピアノに適性があるのでしょうね!
もしかすると、前世でも「音楽」に親しんでいたのかも?
と、秘かに考えたりしています。

小さな生徒さんでも、ご本人がしっかりと「ピアノを習っているんだ!」と、
5歳で、こういうしっかりとした「意識」を持っている生徒さんは少ないのですが、
このYくんは、これがしっかりしているんですよね。
本当に素晴らしい事です。

幼少の生徒さんであっても、1人1人に「人格」があります。

講師が「まだ子供だから」と、見下ろすような対応をしたのでは、
きっと小さな生徒さんも反発して「ピアノ」から心が離れてしまったら、
それこそ「罪つくり」なことですよね。

5歳のYくんを「1人の音楽を学ぶ生徒さん」として、
これからも、「敬意を払って」指導していきたいなぁ、と思っています。


今度のレッスンまで、2回ほどお休みになりますが、
ピアノ教室が夏休みの期間中も楽しい時間を過ごして、
また元気に通って来ていただきたいなぁ、と願っています



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/08/08(木) 09:00:00|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シクラメンの不思議♪

昨年の11月末に、ホームセンターで「半額」になったシクラメンの鉢植え。
この写真、7月末に撮影しましたが、
8月になった今なお、咲き続けています ↓ ↓ ↓


シクラメン・2013年7月撮影1


何と500円で購入したものです♪

例年ですと、3月頃になるとお花も終わり、
冬の時季、「4ヶ月くらいお部屋を彩ってくれてありがとう!」で終わるものですが…

今年は、不思議な事に、8月になってもなお「咲き続けて」いるんです

まだ、つぼみまであります。
一体いつまで咲き続けるのだろう… ↓ ↓ ↓


シクラメン・2013年7月・2・つぼみあり

3鉢購入したシクラメンでしたが、
このシクラメンの鉢植えだけ、
1月頃に、数週間程、「一時、花が咲かない時期」がありました。
その時に「休眠」していたのかな?

それにしても、もう8月。本当に不思議です。

500円で購入した当時は、
「3月まで持てば御の字」、という思いでしたが…、
今なお咲き続ける【不思議なシクラメン】で、
ある意味、「本当にお得なお買いもの」でしたよね


他の2鉢のシクラメンは、もう花は咲いておらず、
葉っぱだけの状態ですが、(←これも、例年より葉が落ちるのがゆっくり過ぎ!)

シクラメン・2013年7月・3 2鉢

(あ、この葉っぱだけになったシクラメンの方は、
7月末に撮影後、8月に入ってから、ようやく葉っぱが落ちました。)

そういえば、春に庭に植えた「芝桜」も、
季節外れなのに、今、数輪、花が咲いています。

これって「異常気象」とかと関係があるのでしょうかね~?

私自身、とても「のんびり」な性格ですが、
それがうつってしまったのかなぁ?

こういう「不思議な現象」って他にもあるのでしょうかね?

ピアノ教室も、お盆休みの時期が近付いて、
そろそろ「お休みモード」という事で…。
今回は私の「素朴な疑問」の記事でした。

音楽・ピアノとは無関係で、スミマセン…




只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/08/06(火) 08:30:00|
  2. 講師のひとり言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「子供に伝わるように」と願いながら♪

もう8月になって、立秋になる前の今のうちに、
「“暑中見舞い”を出さないと!」と、
7月31日にはがきの印刷をしました。

手書き部分を加筆して、8月2日にポストへ投函できました
「暑中見舞い」の期間に何とか間に合ってホッとしています

2013年暑中見舞いはがき1

この作業をしている時に、NHKラジオで「夏休み子供科学電話相談」を放送していました

4歳位~中学生位までの子供さんが、その日スタジオにいらっしゃる専門家の先生方に、
電話で「不思議に思っていること」等を質問して教えてもらうという番組です。

大人の私も、興味深い質問と回答の数々、
とても為になり、楽しく拝聴させていただきました


まだ幼少のお子様の皆様からの質問は、とても純粋で素朴ですが、
限られた短い時間の中で、的確なお答を出すのは、
専門家の先生方にとっても「難しいんだろうなぁ」、
と感じて、回答者の先生方を心から尊敬しています

専門家の先生方は「質問の答え」を
子供さん達に「わかるように」本当に一生懸命伝えていますね。

回答者である専門家の先生方は、普段は「大人」相手に、
難しい専門分野について、日々研究しているのだと思いますが、
小さなお子様に「わかるように伝えること」はとても大変な事です。
多分、相手が「大人」よりも「子供にわかるように伝える」事は、
本当に難しいのだろうなぁ…



私はピアノの先生をしていますが、
ピアノの先生という仕事では、
普段から「幼少の生徒さん」に指導することがとても多いのです。
まだ小さな生徒さんに「ピアノ」を教えることも、
とても難しい事なことなんですよね~。

生徒さんにしてみても、
「はじめて見る形の記号」や、「鍵盤の配置」「音の名前」等を、覚えないといけません。
それがわかった上で、「ピアノを少しずつ弾く」という事になるので…。

幸い、「ピアノを生徒さんに教える」のは、「継続的」に指導できるので、
このラジオ番組の短い時間内だけしか与えられていない時間よりも
遥かに長い期間・時間をかけて伝えていくことができるので、
その点は本当に助かりますよね


今回、質問をして、答えを聞いていたお子様たちも、
「わかったかな?」との先生からの問いかけに
「はい、わかりました!」と答えていますが、
本当に「わかった!」子と、
ことばでだけ「わかった!」と言っているんじゃないかな?
と感じられる子といらして…。



でも、ここで「質問をして、答えていただいた」経験は、
その時に「全てがわからなくても」
質問をしたお子様ご自身が成長していく中で、
「あの時、先生が教えてくれたことは、こういうことだったんだ!」
と、本当に「わかる時」が来るのだと思います。



私自身も、今まで多くの先生方から学んできましたが、
全ての事柄を「その時に全てを理解できたのか?」と言えば、答えは「否」です。
でも、過去に教えていただいた事を、
時を経て、「あの時、先生がおっしゃっていたことは、本当は、こういうことだったんだ!」
と、気付く瞬間があります。
「もうその先生からの直接の指導が終わった後に気付く事」って、
私以外の皆様にもご経験があるのではないでしょうか?


「教える」という仕事は、生徒さんに「色々な“種を蒔く”事」であり、
蒔かれた種が「すぐに花開く」こともあれば、
「何年も、何十年も経って、ようやく芽を出すこと」だってあります

指導する者として大切にしなければいけないのは、
「目の前にいる1人1人の生徒さんへ、たくさんの種をまき、
少しでも、その土壌を豊かにしていくお手伝いをしてあげること」
なのかもしれませんね



ピアノを小さなお子様に教える時に「その技術を指導する」ためには、
「その生徒さんの気持ち・興味がピアノから離れないように」
気を配りながら指導いていくことも大切です

だって、「続けていなければ」その後「気付くかも知れない事」に辿り着く前に、
その探求を放棄してしまう事になるのですから…


もちろん、ピアノを習っていれば、「自然に弾けるようになる」のではなく、
生徒さんご自身が、先生に出された課題を「努力して、練習を重ねる」ことで、
「できるようになっていく」類いのもの
なのですよね。

「練習しないとできるようにならない」ピアノは、
生徒さんにしてみれば、「大変」なことですが、
習い続けて、練習し続けていく中で、少しずつ弾けるようになって、
ピアノで曲が弾けることが「楽しいな」と思ってもらえるように、
指導していくことが大切なんだろうなぁ、と常日頃から考えています。


ピアノを習っていると、
「先生から教えてもらえること」
「生徒さん自身が経験を積むことで理解していくこと」

この2つがあります。

今回のラジオでも、多くの場合、最後に先生から
「あなたも、今度それを観察してみて」とか、
「君自身も、研究してみようね」と、
「質問者自身」が「自ら学ぶこと」を推奨していました。



どんな分野であっても、
全てを「教えてもらえる」だけの「他力本願」で終わらせるのではなく、
「自分自身が考え、つかみとっていく」という部分を忘れずに、
生徒さんが成長していってくれることが大切なんですね



NHKラジオ、「夏休み子供科学電話相談」の番組、
色々な意味で、大人の私も学び、とても楽しく聞かせていただきました


まだ、夏休み期間中、この番組は続くようです。
ご関心のおありの方は、視聴してみてはいかがでしょうか?

こちらから、過去の放送内容の一部が確認できます ↓↓↓
【NHKラジオ夏休み子供科学電話相談・ホームページ】




只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/08/04(日) 11:30:00|
  2. 学び・気付き・感動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月スタート、5歳の女の子♪

先日、登録してあるピアノ教室紹介サイトから、
体験レッスンの希望のご連絡をいただきました

早速、「電話連絡」を入れて、
申込者のお母様とコンタクトをとらせていただきました。

5歳の年長さんの女の子で、
体験レッスンは、7月28日(日)の10時~で実施いたしました。

体験レッスンで使用した教材は、いつもと同様に

ピアノランド①
ピアノランド楽しいテクニック上

右手にピンクのリボン左手に水色のリボンをつけて、
左右の区別がついているかの確認しながら、
指番号を覚える・黒鍵で遊ぶ・音名を覚える・鍵盤の図に色を塗る等をやってもらって、
この教材で十分やっていけると私は判断しました。

30分間の体験レッスンを終えて、
ご本人が、「ピアノ習いたい!」という事で、
8月からご入会いただくことになりました。

お母様ご自身も、幼少の頃に、ピアノを習い始めたそうですが、
その先生がとても厳格すぎて、レッスンに通うのが怖くなってしまい、
数ヶ月で辞めてしまったそうです。かわいそうに…

私の事は、ご本人もお母様もご信頼いただけたご様子で、
「先生だったら、安心してレッスンお願いできます」
とおっしゃってくださり、

そのとてもありがたいお言葉、
裏切らないように、大切に育てていきたいなぁ、と気を引き締めています。

ママから、
『運動会の時も、大勢の人目にさらされると怖くなっちゃうタイプのようなんです。
去年の運動会でも、この子だけ、泣きながら走っていたんです。
幼稚園の面談の時も、「なるべく、ほめてあげた方がいいですね」と言われて。
私も子供の頃に習ったピアノの先生がちょっと怖くて、手を叩かれたりして、
でも、この子は、お家にある「キティちゃんのおもちゃのピアノ」で
自分なりに弾いている姿を見て、やりたいのかなぁ…、と思って…。』

多分、お母様も過去のトラウマから「ピアノに対する心のハードル」があっただろうに、
お嬢様のお家での様子を見て、
勇気を出して、体験レッスンの申し込みをしてくださったんですよね。

Mちゃんのピアノ人生を豊かに育てていくことが、私の役目。
お家で自分で遊びながらおもちゃのピアノを楽しそうに弾いているMちゃん。
その「楽しい」という部分を失わないように、レッスンしなくちゃ♪

木曜日のレッスンになりましたので、8月1日からスタート

Mちゃん、ピンクがお好きとの事で、
春に買ってあった「キルティングのレッスンバック」を
「入会記念品」として、差上げました。 
ご本人も、気に入って、大喜びしてくださいました!↓

入会記念品2013.8・Mちゃん・ピンクうさぎバック

今日は、28日の体験レッスンをした部分の復習と、
テクニック教材の中から、
黒鍵で弾く「シーソー」「きかんしゃ」
「みぎてひだりて」「りょうて」等も宿題にしましたが、
楽譜に書いてあることをよく理解してできていましたよ。

Mちゃん、ピアノが得意になるかも。
自信を持って「できること」があるって、とても大切ですよね。

ピアノは個人レッスン。
他者との比較をせずに、Mちゃんのペースに合わせて、
少しずつ、上達していくお手伝いをしていきたいと思っています

Mちゃん、これからも一緒に、ピアノ、頑張ろうね



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/08/01(木) 21:35:00|
  2. 体験レッスン&レッスン風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

chihiropiano

Author:chihiropiano
このたびは、ブログ【ピアノと共に♪ 美し音楽を求めて♪】にお立ち寄りいただき、ありがとうございました!

音楽が大好きで、長年、ピアノを専門に学び、今、千葉県茂原市でピアノ講師をしています♪

縁あって私のもとでピアノを習いに来てくださっている生徒の皆さんにも、ピアノ音楽の素晴らしさを伝えていきたいと考えています。

自分の心の中にある「理想的な演奏」を再現することは至難の業ですが、演奏できる場で、少しでも想い描く理想の演奏に近づけるべく、日々練習を重ねています。

ピアノを練習する時間は、「音楽からの贈り物を享受できる至福の時間」です。ピアノを演奏できることに感謝して、これからもピアノと共に素晴らしい時間を過ごしていきたいと考えています♪

水瓶座・B型:
  独特な感性の持ち主?

好きな色:ピンク

好きな作曲家:
   ショパン
   リスト
   モーツァルト



♪ Tutti ピアノ教室 ♪ の詳細については、下記の【ホームページ】をご参照くださいませ♪ 

【♪ Tutti ピアノ教室 ♪】
 
  【ホームページ】

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
講師演奏・動画 (18)
発表会 (111)
グレードテスト (11)
演奏に関する私見 (12)
レッスンの特徴 (18)
レッスンでの出来事 (73)
レッスン風景 (3)
体験レッスン&レッスン風景 (25)
大人の生徒さん (19)
生徒さんとの関わり方 (13)
音楽全般 (28)
学び・気付き・感動 (26)
セミナー (12)
講師のひとり言 (93)
私の歩み~過去を振り返って (6)
ピアノを通して (83)
佛教から学ぶ事 (20)
ピアノ教室・施設紹介 (56)
お知らせ (12)
千裕先生のレッスン (8)
発表会・演奏動画(連弾) (15)
発表会・演奏動画(生徒ソロ) (22)

☆ ホームページ ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪

【ホームページ☆お店のミカタ】

ご関心のおありの方は、ご高覧いただければ幸いです♪

☆ お問合せフォーム① ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪
【お問合せフォーム①】
【体験レッスン申込用・fc2】

【体験レッスン】をご希望の方は、こちらの【お問合せフォーム①】からお申込みください♪ 現在、空き時間が少なくなってきています。ご希望の曜日・時間帯によっては、体験レッスンを実施できない場合もございますが、その折は、悪しからず、ご容赦願います。

☆ お問合せフォーム② ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪
【お問合せフォーム②・fc2】
【ご質問・お問合せ用】

【ご質問・お問合せ】については、【お問合せフォーム②】からお問合せくださいませ♪

☆ メールフォーム③ ☆

【メールフォーム③・fc2】

この【ブログ】をご高覧いただいての【ご感想など】については、こちらのメールフォームからどうぞ♪

☆ Tutti ピアノ教室 ♪ ご案内 ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪

ピアノ教室.COM

Music Square.jp

【音楽教室検索サイト】☆リンク☆

☆ facebookバナー ☆

Chihiro Takahoso


Tutti ピアノ教室

☆ 演奏動画 ☆

発表会での講師演奏です♪

華麗なロンド Op.62
(ウェーバー)

スケルツォ 第2番 Op.31
(F.ショパン)

3つの演奏会用練習曲よりⅢため息
(F.リスト)

バラード 第3番 Op.47
(F.ショパン)

幻想即興曲 Op.66 (F.ショパン)
ラ・カンパネラ (F.リスト)
①きらきら星変奏曲 K.265
(W.A.モーツァルト)

②きらきら星変奏曲 K.265
(W.A.モーツァルト)

超絶技巧練習曲 第10番
(F.リスト)

ソナタK.330 第1楽章
(W.A.モーツァルト)

ノクターンOp.27-2(F.ショパン)
月の光(C.ドビュッシー)
ロンドK.485(W.A.モーツァルト)
バラード 第1番 Op.23
(F.ショパン)

アラベスク第1番(C.ドビュッシー)
ソナタK.333 第1楽章
(W.A.モーツァルト)

ノクターンOp.9-2(F.ショパン)
ラ・カンパネラ(F.リスト)

ご関心がございましたら、どうぞお聴きください♪

リンク

このブログをリンクに追加する

☆ お友達ブログ ☆

【facebook】お友達のピアノ講師の先生方のブログ集♪

【磯山久理ピアノ教室】
【Piano Diary~ようこピアノ教室】
【鈴木直美ピアノコラム】
【白石ピアノ教室『頑張ってる通信』】
【いつも心に音楽をくちびるに歌を♪】
【荒井千裕*ピアノの音の綴り方】
【香港発ピアニスト/ピアノ講師*音の綴り方(荒井千裕)】
【保科陽子 近況ご報告】
【コーチングレッスン(保科陽子)】
【せとピアノ教室(瀬戸喜美子)】
【どれみスタジオ(遠藤 操)】
【しょうこ先生の日々。(益子祥子)】
【ワクワクピアノレッスン(大石富子)】
【ピアノ脱力法メソッド(大嶋聡子)】
【大竹道哉・日々雑感】
【想い出の樹(中嶋恵美子)】
【やすこ先生の日記帳(荒木安子)】
【ピアノの音色(愛野由美子)】
【山口県下関市・little-Note Piano Studio(神野由香)】
【音楽センスを~(山本美芽)】
【Piano Room(藤代のりこ)】
【俺達の遺伝子(沖田大佑)】
【いのうえピアノ教室・トピックス】
【みさきピアノ教室(千葉美咲)】
【アルモーニア教室(高野芳美)】
【ゆきえせんせい(矢内幸恵)】
【今時のピアノの先生(石嶺尚江)】
【優しい風(大原由紀)
【楕円は踊る♪(緒方ヤヨイ)】
【未来輝くピアノレッスン&コーチング♪(林 美紀)】
【ぴあのすく~る(中塚三貴子)】
【茉音's Diary Sweet Harmony(若谷茉音)】
【キティのお部屋(キティ先生♡)】
【チッペンデール(冨永雅子)】
【中川純子ピアノ教室】
【Life with Klavier(大西由佳)】
【すくすくミュージック(信定千尋)】
【寺坂亜紀音楽教室】
【ミュージックサロン(望月 和)】
【取手市もみの木のうた(坂上明子)】
【美音・音もだち(佐藤 美和)】


【ブログ】には書いている方の個性が表れます♪ 素敵な先生方のブログ、ご関心がございましたら、是非、ご高覧ください♪

☆ お気に入りブログ ☆

過去に“コメント”を残した事のあるブログ集♪

☆【しんわのばら日記】☆
☆【仏の赤川塾】2011.8.8☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

只今、ランキングに参加中です。 皆様からの【クリック】が【大きな力】になります♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ



趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

皆様の【1クリック】が【大きな力】となります♪ 温かい【応援クリック】どうぞよろしくお願いします♪

アクセスランキング

音楽

[ジャンルランキング]
音楽
1344位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
59位
アクセスランキングを見る>>

ピアノ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

下記のQRコードを携帯電話で読み取り、アクセスしてください♪

QR

RSSリンクの表示

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。