ピアノと共に♪  美しい音楽を求めて♪

「より美しい音楽を奏でたい♪」という想いを抱きながら、日々レッスンに取り組んでいます。ピアノ・音楽をテーマに綴るピアノ講師の日記です♪

休日の出来事♪

土曜日は、月3回レッスンしている曜日です
9月は、7日・14日・21日がレッスン日でしたので、
28日は、お休み。

この「お休みの日」にしかできない作業。
【バルサン】という「くん煙殺虫剤」で、家1軒分の「くんじょう」をしました。

こういう作業は、夫が担当してくれます。
私は、このての作業がニガテ(というか、出来ません…)なので、
こういう作業をやってくれる夫には、心から感謝です!

この【バルサン】を使用する時は、各部屋の「火災報知機」に「袋」をかぶせて、
殺虫成分の煙が出ている間は、人間は、外に出ていないといけません。

各部屋に、それぞれの部屋の大きさに応じた薬剤を置いて、
お家1軒まるごと「くんじょう」するので、
結構、手間暇のかかる作業です。

レッスンがお休みの日で、夫がいる日でないとできません。

「くんじょう」を始めてから、2~3時間は、全室締め切って、人間は、立ち入り禁止。

という事で、この「くんじょう」している間、午前中から、市内のお店に出かけました。



私は、大人ですが、可愛らしい商品がある「ファンシーショップ」は大好きです。
かわいいぬいぐるみや、髪飾り、キャラクター商品…。
購入しなくても、見ているだけでも目の保養というか、楽しい気分になれます。

この日、ファンシーショップで見つけた、キティちゃんのピンクのお財布とパスケース
かわいいですよね~
お財布も、随分使いこんで、古びてきていましたし、
時々、電車に乗る時にも、使えそうでしたので、
先日、このショップでお買い物をした時にいただた、
9月末まで有効の「5パーセント引き券」を使って、購入しました。

キティお財布・ピンク・1
キティ・お財布・2
キティ・パスケース・1
キティ・パスケース・2


私の1番好きな色は、ピンク
子供の頃から、ずーっと、変わることなく、今でも「ピンク」が1番好きです。
きっと、死ぬまで「ピンク好き」のままだと思います。

サンリオのキャラクターのキティちゃんも、子供の頃から大好きです



私は、ブランド物や貴金属類には、ほとんど興味がなく、
ある意味、とっても「安上がり」。

レッスン室の中のカレンダーも、100円ショップで見つけた
キティちゃんやマイメロちゃんなどのカレンダーを愛用。

女の子の生徒さんにも、大人気です!


私って、小学生位の生徒さんと、趣味が同じ? なのかな?

大人になっても、「童心」を持ち続けている私は、
「希少生物」「天然記念物」扱いをされることもありますが…、
これからも、「自分の好み・美意識」を大切に、
マイペースを貫き、強く生きていたいと思っています


この日は、「関東は晴天」のはずが…、
ランチをいただいて、後、数件、用事が残っていましたが、
雨がパラパラと降りだしてきて、
残りの用事を後回しにして、いったん帰宅。

お洗濯ものとお布団を取り込んだら、
自宅付近にも「パラパラ」と、雨が降り出しました。

間一髪で、何とか濡れずにすんんだ お洗濯ものとお布団。

よかった~
と、心から感謝して、再度、残りの用事のために、外出。

全ての用事を済ませて帰宅すると、自宅付近は、雨でしっとりと濡れていました。

千葉県の東側の茂原市は、「関東(千葉県)のお天気予報」を信じていると、
「大外れ」することが、時々あるので、気をつけないといけません。

土曜日のレッスン生のYくんは、この日、保育園の運動会。
小雨だったから、最後までやったのかな?

来週、レッスンの時に、お話を伺いたいなぁと思っています。


帰宅して、クローゼットの引き出しの中を覗いたら…、
以前、母からプレゼントしてもらった「ピンクのキティちゃんのお財布」を発見

そういえば、今年のお正月に、プレゼントしてもらっていたのでした…


キティ・お財布・母プレゼント1
キティ・お財布・母プレゼント2

物が多いと、「自宅にある」事に気付かずに、「買ってしまう」事がよくあります

という事で、今回、母からプレゼントしてもらっていた、こちらのお財布の方を使う事にしました。

プレゼントしてただいた、キティちゃんのお財布、ようやく、活用できます。

お母さん、どうもありがとうね!

この日、私が購入した「キティちゃんのお財布」は、しばらくは「眠り姫」。
クローゼットの引き出しの中で、出番がくるまで、ゆっくり休んでいてね…



レッスンがお休みの土曜日。
講師の休日の1ページ。
色々ありましたが…、平和な時間を過ごすことができて、

素敵な1日に、心から感謝です



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

スポンサーサイト
  1. 2013/09/29(日) 08:30:00|
  2. 講師のひとり言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンサートの「お土産」をいただきました♪

宮崎アニメに出てくる曲は、生徒さん達にも人気があって、
ピアノの発表会でも、よく演奏してもらっています。

小学生の生徒さんは、【となりのトトロ】【さんぽ】【君をのせて】など、
皆さん、とっても「大好きな曲」のようですね


宮崎アニメの「ゲド戦記」「コクリコ坂から」などの主題歌をお歌いになっていた

手嶌 葵(てしま あおい)さん。

大学生のHくんは、この 手嶌 葵 さんの大ファンなのだそうです

夏休み期間中に、
8月10日に千葉
9月16日に茨城県の結城
9月23日に埼玉県の加須 の
コンサートを聴きにいらっしゃったそうです。

10月6日は、群馬県の高崎にもいらっしゃる予定だそうです。

8月10日は、同じW大学のお友達とご一緒に鑑賞したそうですが、
それ以外は、このHくんお一人で聴きに行くのだとか
本当に「大ファン」なのですね!


9月16日は、あの「猛烈な台風上陸の日」でしたので、

「Hくん、きっと、コンサートは諦めたんだろうなぁ…」

と思って、前回の土曜日のレッスン日にお尋ねしてみましたら、
何と、3時間以上予定より早くに出発して、
コンサートを聴いてきたのだそうです

確かに、千葉県は、関東でも東側ですので、
朝早い時間帯は、それ程、風雨も酷くなく、

「外房線も普通に動いていたし、帰りは、もう平常に戻っていたので…」との事で。

「本当に、大好きなんだね~」

そして、その日のレッスンの時に、Hくんから、

手嶌 葵 さんの アルバム(CD)をいただきました。

てしま あおい アルバム 1
てしま あおい アルバム 2
てしま あおい アルバム 3

とても澄み切った清潔感のある美しい歌声、
聴く人の心にスーッと浸透するような 優しく語りかけるような歌声で、
私もCDを聴いて、感動しました

てしま あおい アルバム 4
てしま あおい アルバム 5



アルバムの曲は、映画の主題歌などが収録されていて、
全ての曲は知りませんが
「英語」得意ではありませんが…、
下記の曲は、音楽・メロディーは、私も知っている曲で、
楽しませていただいきました


4曲:Bibbidi Bobbidi Boo(映画【メリーポピンズ】の曲ですよね!発表会でも人気の曲です♪)

5曲:I Wanna Be Loved By You(マリリン・モンローさんが歌っていましたか?)

てしま あおい  アルバム 6


6曲:’S Wonderful(この曲も、聴いたことありました!)

てしま あおい  アルバム 7


8曲:Que Sera Sera(【ケ・セラ・セラ】ヒッチコックの映画の中でも、聴いたような…。とても有名ですよね。)

9曲:Someday My Prince Will Come(【いつか王子様が】は、発表会でも連弾でよく演奏します)

てしま   あおい  アルバム 8


Hくん、すてきなアルバムを、どうもありがとうね!
大切にしますね~




Hくん、来年の発表会に向けてレッスンしている曲(ショパン2曲)の他に、
ご自身が楽器店などで見つけた「宮崎アニメ」の曲集なども
「楽しみ」ながら練習してくださっています。


本人が「心惹かれるもの」そういうものも、大切に育みながら、
ピアノを楽しめるようになるって、中々、素敵ですよね


私も、「この曲弾きたい!」と思う曲は、
「憧れ」であり、「理想」であり、いつか「手に入れたいもの」なのです。

今、すぐに「弾けない曲」であっても、
「いつか、きっと弾きたい曲」につなげていけるようにする。

希望を持って、練習し続ける事で、それが可能になるんですよね


「美しいと感じる心」を大切にして、
夢と希望をもって、ピアノを続けていきたいなぁ、と。
生徒さんも、そうあってほしいですし、
私自身も、そうありたいです




只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/09/26(木) 08:30:00|
  2. レッスンでの出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お彼岸の行事

私は、佛教徒です。
もちろん、出家もしていませんし、厳しい修行もしていませんが…

お正月(1月1日)、春のお彼岸、お盆(8月8日)、秋のお彼岸と、年4回程、
お寺(千葉県多古町の福泉寺)に行って、お寺の行事に参加しています。

平日に当たってしまうと、参加できない場合もありますが…

今回の秋の「彼岸会(ひがんえ)」は、9月22日(日)でしたので、
参加することができました。

今回は、お寺の写真を撮ってきました!


福泉寺・入口


紅白の彼岸花も美しく ↓ ↓ ↓

福泉寺・彼岸花・紅
福泉寺・彼岸花・白



「知足」足るを知る(貪らない事を戒めているんですね) 通路に、この石が埋め込まれています。

 ↓ ↓ ↓

福泉寺・足るを知る


「空」倶会一処:くえいっしょ  私も、天寿を全うしたら、ここに眠り、土に帰ります。

↓ ↓ ↓

福泉寺・空


「鐘」 これを建立する時に、寄付してくださった方々のお名前が、前の石碑に刻まれています。
このお寺の鐘は、誰でも鳴らせるのですが…、
「普段、めったに触れないお寺の鐘、鳴らして楽しいな~」
と、何度も何度もお寺の鐘を鳴らす行為は、
「そのお寺の住職が逝去された事を知らせる意味」になるそうなので…、
むやみに鳴らしてはいけないのだとか。
皆様、どうぞお気をつけて!

↓ ↓ ↓

福泉寺・鐘


福泉寺・本堂

↓ ↓ ↓

福泉寺・本堂

福泉寺・ご本堂様



ご住職の 無着 成融 様 
(「山びこ学校」、「TBSラジオの子供電話相談室」等で活躍された「無着 成恭先生」のご子息様)

↓ ↓ ↓

福泉寺・成融さん1
福泉寺・成融さん・2


「彼岸会」では、檀家・信徒も、ご住職様とご一緒に、毎回「お経」を唱和します。
ちなみに私は「在家・信徒」になります。
このお寺での「法要」に参加していると、
「般若心経」を唱えるのも、回を重ねるごとに、上手になっていきますね! 
全ての意味がわかっていなくても、不思議と心が安らぎます

↓ ↓ ↓

福泉寺・お経の本

福泉寺・般若心経


お天気にも恵まれて、本堂にさわやかな風が吹き抜ける中、
清々しい気持ちになりました

般若心経などのお経を唱えて、手を合わせて、
ご先祖様や故人を偲ぶ時間を持つ、
命のつながりに感謝する時間を持つ事って、
人間としてとても大切だと思っています

「手を合わせる」という行為は、
「私は、何も武器を持っていません」という事を表しているのだと、
以前、無着成恭先生から伺った事があります。

合掌するポーズって、「平和の象徴」なのですね。


そういえば、以前、歴博に勤めていた時に、研究部長の先生が、
「海外に行くと、必ず、あなたの宗教は何ですか?と尋ねられるんですけれど、
それ程、日頃、信仰していなくても、「佛教です」と、私は答えるんです。
ヨーロッパなどの異国の方は、信仰している宗教で、その人物の思想などを判断するんです。
だから、無宗教です、何て言ったら、「こいつは、信用できない危険な人間だ」と思われるのですよ。」

と、お話を伺った事があります。


私は、「佛教徒です」と、自信を持って答えられる、
それがはっきりとしているだけでも、
「心を安定させる力」があるのかな?と思ったりします。


「佛教」の「佛(ホトケ)」という文字(漢字)。
「人に非ず」という形になっています。
ホトケ(佛)は、「人」を超えた存在 なのだそうです。
(これも、無着成恭先生が、よくおっしゃっていました!)

僧侶の方々は、本当に、よくお勉強していらっしゃいます。

 
お釈迦様の説いた「真理」の道を歩む事 = 佛教徒として生きる事

「ホトケの心」で、日々生きることができれば、
「世の中の争い事」なんてなくなるんだろうなぁ、と思います。

年に数回でも、お寺の行事に参加できる事は、
私にとって、とても幸せな事なんだなぁ、と感じています

感謝の気持ちを忘れずに…合掌




只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/09/24(火) 07:30:00|
  2. 佛教から学ぶ事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レッスンの「敵」は?

先日の4歳の男のレッスン

この生徒さんは、お母様のお仕事が終わった後、
保育園から直接、ピアノ教室に通って来ています

6月に入会したので、発表会は未経験。

3ヶ月程、レッスンした今は、
音名の「色」も覚えて、「ピアノの鍵盤の配置」も覚えて、
右手・左手の区別や、指番号も理解してきました。

少しずつ、ピアノについて、わかってきて、
ピアノランド1巻も、7番まで進み、
右手「ド・レ・ミ」 左手「ド・シ」
の音で作られている【りぼん】の曲をレッスンしています。


前回のレッスン日のこの日は、駐車場のあたりから、
「あれ? Nくん、泣いてるの?かな?」

教室の呼び鈴が鳴って、ドアを開けて「こんにちはのご挨拶をしましたが…、

何だか「イヤイヤモード」で、「帰る~

まだ来たばかりなのに…

ママによると、何だか今日はぐずっていて、
もう一つの習い事の「英語」には、お友達がいるけど、
ピアノは、お友達がいないから「ヤダ」との事。


「ピアノ、お友達いるよ!
発表会の時に、会えるんだよ!
ほら、この前の写真、見て!
この子は、Yくん、3月から習い始めて、発表会に出たの。
同じ年中さんだよ!
ピアノは、一人でやっているように思うけど、そうじゃないの。
発表会の時に、習っているお友達に会えるの。
発表会でカッコよく弾けるように、みんな頑張っているんだよ!
ピアノの上に飾ってあるあのトロフィーも、
発表会にたくさん出て、頑張っている子がもらえるんだよ!
Nくんも、来年は、発表会に出られるように頑張らなくちゃね!…」


と、お話をしまして…、

ママも「せっかく、おうちで宿題を練習したんだから、弾いて帰ろうよ。ママも聴きたい!」
と一緒に「声援」を送ってくださって、

何とか、テクニックの【それいけロックロール】を連弾できました!

この曲、伴奏がお洒落で、講師の伴奏が入ると、
一気に「素敵な曲」に劇的に生れ変ります

ママも「この曲、本当に素敵だね~と、応援の声をかけてくださいました~。

ちょっと「ロックンロール」の雰囲気のこの曲の伴奏が入ると、
生徒さんが弾く「自分のパート」を弾く時に、混乱してしまって、
「変な音が入るから、伴奏やめて!」っていう子もいる中、
Nくん、「伴奏につられることなく」しっかりと、弾けました!

ママも私も「上手だね~と、大きな拍手を贈り…

大分、「耳」がよくなってきている感じですね


でも、この日は、何だか「イヤイヤモード」
1曲終わると、床に寝ころんで、「やりたくない~と。


「運動会の練習で、疲れちゃったのかな?」
と尋ねてみると、どうも、そうらしい。

この時期の「レッスンの敵」は、何といっても「運動会の練習」です

まだ、幼少の生徒さんにとっては、
普段の幼稚園・保育園・小学校生活よりも「キツイ練習」が行われる訳で。

「運動会の練習」で、疲れちゃう子、結構いるんですよね~。

ピアノの「レッスンの前の時間に、その日、どんなことがあったのか?」
そういう事にも、思いを巡らせて、ちょっと「気を配って」あげながら、
その日、「できるところまで、できればOKよ」と、
本人の「その日の許容度」を見極めながらレッスンしていくことも大切ですよね。


お家で、「宿題」をやっていても、
その日、「運動会などのキツイ練習」があると、心身ともに疲れ果てて、
「ピアノ、イヤ~」となっちゃうんです

こういう日は、時々、床にコロンとなっちゃったり、
ピアノのイスから離れて、ソファでコロンとしちゃったり、
物に八つ当たりしたり、屁理屈を言ったり…します。


もちろん、「30分間、みっちりと~」なんて超ハードな「スパルタレッスン」ではないですよ


この日の「ごほうびのお菓子」は、「さくさくぱんだ」「星食べよ」「一口ゼリー」の3つ。

「レッスンきちんとできた子には、“さくさくぱんだ”のお菓子が出るんだよ~
宿題の曲、ちょっと弾いてみようよ!せっかく、お家で練習したんでしょ?
レッスンで弾いてくれないと、ごほうび、出ないかも…」


「ごほうびのお菓子」が大好きなNくん。

物でつる、というわけではありませんが…、
毎回用意してある「ごほうび」も、こういうときは「やる気復活」の便利なアイテムです


そんなこんなの30分間のレッスンで…、
宿題の曲を、全部弾いてもらって、「花マル」ももらって、
だましだまし、それぞれの教材の「新しい課題」もレッスンして、
「新しい宿題の曲」も出して、何とか、無事終了


この時期の「レッスンの敵」の「運動会」が終わるまで、
こんな感じの日が、「もう少し続くかも…?」と、覚悟しています。


最初は「イヤイヤモード」でも、
やる事をやって、ごほうびのお菓子ももらって、
帰る時には、「ニッコリ」笑顔になってくれたNくん

運動会の練習で、疲れていたのに、よく頑張ったね!

また今度のレッスン待っているね~



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング


  1. 2013/09/22(日) 06:30:00|
  2. レッスンでの出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シクラメンのその後~1

台風一過で、さわやかな秋晴れが心地よい今日この頃

すっかり「秋」の空気に入れ替わって、
夏場は、「ピアノの練習」は、30分弾き続けるのも大変だったのに、
「芸術の秋」の今は、気付けば1~2時間、
ピアノの練習を続けられるようになっています

夏場、暑さを理由に、練習をサボっていた分
「芸術の秋」に、練習、頑張らないと! と思っています




夏休みに投稿した記事 ↓ ↓ ↓
【シクラメンの不思議♪・2013年8月6日投稿記事】

【シクラメンの不思議】という記事を投稿してから、1ヵ月以上経過しましたが…。


昨年初冬にホームセンターで半額になったシクラメンを購入してから、
咲き続けている「不思議なシクラメン」の鉢植え。

9月まではもたないだろうなぁ…、と思っていましたら、

実は、まだ咲いているんです

 ↓ ↓ ↓

シクラメン・9月7日・1

シクラメン・9月7日・3

シクラメン・9月7日・5


つぼみもあります!!

 ↓ ↓ ↓
 
シクラメン・9月7日・2


撮影したのは、9月7日ですが、まだ、咲いています。

大分「弱々しく」なってきてはいますが、
本当に「ど根性」で、しぶとく 咲き続けています

今年の秋の「シクラメンの鉢植え」が、
もう数ヶ月で店頭に出るシーズンになってしまいますよね。

このまま、咲き続けるのでしょうか



夏休みにいつも楽しく視聴している
【NHK夏休み子供科学電話相談】というラジオ番組

もしも私が「子供」だったら、質問できたのに…
本当に、残念だなぁ…



それにしても、「不思議なシクラメン」です。

500円で購入した、このシクラメンの鉢植え、
本当に「お買い得」でした


我が家で咲き続ける不思議なシクラメンの事など、
それ程、ご関心もないかと思いますが…、

一体いつまで咲き続けるのか?
これからも、「観察」を続けてみます

気が向いたら…、【シクラメンのその後~2】も、投稿するかもしれません



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/09/19(木) 08:00:00|
  2. 講師のひとり言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

次回のセミナーも楽しみです♪

前回のブログでも話題にした、9月13日に受講した石嶺先生のセミナー、
先生のお話がとても興味深く、面白くて、
2時間があっという間に過ぎていって、
ワクワクする素敵な時間でした

今年の4月からフェイスブックに参加して、
少しずつ「お友達」を増やし…、お友達が発信してくださった「情報」

フェイスブックに参加していたからこそ、
今回の「セミナー」がある事を知り、参加することができました。

本当に「お友達」って、大切ですね、心から感謝です


石嶺先生の「ブルグミュラー25」のセミナーは、
「関東地域では、今回が初めて」の開催だったそうですが、
石嶺先生の「聴く人を魅了する語り」に、もうすっかり大ファンになりました。

「ためになる事」とわかっていても、中々、自分の心に響かない事もあるのですが…、
(ちょっと「義務感」で忍耐強く、「聴かなければ…」という感じ…

石嶺先生のお話は、「ためになる」という部分ももちろんですが、
それと同時に、もっと純粋に、
「もっとこの先生のお話をお聴きしたい!」という気持ちを抱き、
やはり「この人のセミナーなら、レッスンなら受けたい!!」
と思わせるような魅力がありました

人から人へ何かを伝えたり教えたりする時には、
「相性」のようなものがあるんですよね~。

「直感的に、これは、いい!」と思える感覚、
それが、「相性」なのかな。

とっても魅力的な先生のセミナーを1度、受講すると、
「また、今度もお聴きしたい!」と思うものなんですね。


受付の時にいただいた

11月18日の石嶺先生のセミナー
「テクニック・クリニック」のご案内


この日は、レッスン日でしたが、生徒さんに連絡して、
別の日に代講をすることにして、早速、受講申し込みの電話を入れました。

レッスン日を変更するのって、ちょっと、申し訳ない気持ちになるものですが…、
今回、先方の生徒さん側も、丁度その日は、学校行事の振り替え休日で、
「子供会のバス旅行」があり、レッスン日を変更してほしいと考えていたそうなのです!

という事で、本当に「円満」に、レッスン日変更ができました!

何だか、こういう偶然って、
「このセミナーを受ける事」が、「運命」みたいな感じがして、
とても、幸せな気分になりました。

セミナーの「テーマ」は、別のものですが、
こちらのセミナーも、今からとても楽しみです

セミナーチラシ・11月18日・石嶺先生・船橋


【お問合せ・申込先】

伊藤楽器YAMAHAピアノシティ船橋   Tel:047-431-0111 


【申込】に関する詳細はこちらからどうぞ  ↓ ↓ ↓


【伊藤楽器・船橋・セミナーイベント情報・2013年11月18日 石嶺 尚江 テクニック・クリニック】



私、ほとんど活動していませんが…、
一応PTNAの会員なので、
受講料が、少し割引になりました


私も、ピアノの先生として、日々レッスンしていますが、
まるで、自分が「学生」に戻ったような気持ちで、
お勉強出来るんだなぁ、と、セミナーを受講して実感しました。

いくつになっても「学び続けられる事」って、
本当に幸せですよね

とても素敵な先生の「貴重なお話」が拝聴出来るセミナーは、
本当に、お勉強になり、刺激をいただけます。

「先生」と呼ばれる立場の人間であっても、いつまでも「学び続ける」

セミナーは、そういう方々の集いでもあるんですよね!

生徒さんへのレッスンでも、こういう積み重ねをする事で、
きっと、少しずつ「セミナーから学んだこと」を活用できるようになっていきます。

これからも、自分にとって必要と感じられるセミナー、
少しずつ受講してお勉強していきたいなぁ、と考えています



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/09/17(火) 08:40:00|
  2. セミナー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ブルグミュラー25』セミナー(石嶺先生)にて♪

9月13日(金)、船橋で開催された

石嶺 尚江先生のセミナー
【『ブルグミュラー25』で生徒のやる気倍増!!】


を受講してきました。


日本に「ブルグミュラー25」の楽譜が入ってきたのは、明治時代。
その時入ってきた楽譜は、「原典版」ではなかった。
日本で「普及版」として、今、優位を保っている楽譜を研究していく中で、
石嶺先生の中に「どうして?このフレーズなの?この指使いなの?…」という疑問が生まれた。
そこで、「原典版」との比較をしてみると、
「普及版」で書かれている、フレージング、指使い、書式…、など、
色々なところに「違い」がある事に気付き、
「ブルグミュラー先生」が「どんな想いでこの作品を書いたのだろう…」
と、探求する事になった経緯を、最初にお話してくださいました。


「伝言ゲーム」という遊び。
昔、小・中学生のころ、学校でやったのですが、
元々「伝える言葉」が、何人もの「人」を介する事で、
最後の人に辿り着くころには、「伝えた言葉」が「変化する」
というゲームでしたが…、

作曲家が「作曲した作品」を出版する時にも、
この「伝言ゲーム」のような事が起こるものなんだ、
と、石嶺先生のお話を伺って、ふと、感じました



同じ「ブルグミュラー25」の楽譜でも、原典版と普及版(全音など)とは、
フレーズのかかり方や、指使い、指示された記号などに違いがある事、
「普及版」の楽譜しか知らないと「気付かない部分」についてのお話、
生徒さんに指導する時に、「普及版」でレッスンしていても、
必ず、「原典版」の楽譜を見せて、
「違いがある」という「“情報”を伝えること」の大切さを教えていただきました。

「普及版」に記されている「指使い」ですが…、
「楽譜に書いてあるから、その通りに弾きなさい!」と、指導する必要はないんですね。
だって、「原典版」との「指使い」が「異なっている」のですから。

どんな事も「素朴な疑問」が「探求のスタート」なんだな、と、改めて実感しました。
「軟らか頭」で、物事を感じとっていくことで、本当に大切な「気付き」へとつながるんですね



ブルグミュラーの作品には、それぞれ「タイトル」がついていて、
その「タイトル」から「イメージを膨らませる」ためには、とても効果的な教材。

そして、イメージ力を高めるためのレッスンができる時期は、
8歳~9歳位の時期が、一番ピークなのだとか。

「子供の夢」を尋ねてみた時に、
「実現できるか否か」なんて事を考えずに「無邪気に答える」ことができるのも、
この年齢(8~9歳)位までなのだそうです。

10歳を過ぎてしまうと、段々「現実」を知って、「クール」というか「ドライ」になっていく。
だから、「あなたの将来の夢は?」と質問してみると、
「公務員になりたい」といった、「超、現実的な答え」をするようになってしまうのだそうです。

そうなってしまう前の、「まだ瑞々しい感覚」を育てるには、
その年齢の頃には、「イメージ力を高めるためのレッスン」をしておくことがとても大切だそうです。



生徒さんにも伝わりやすいような「物語(妄想の世界もあり!)」を「音で表現する」
という形で、レッスンしていく中で、
生徒さんの中に「イメージする力」を育て、音楽に命を吹き込む演奏ができるようなっていく、
という事なのかしら…と感じました。



セミナーでは、先生ご自身が、1曲ずつ演奏しながら、
とても丁寧にポイントを解説してくださいました。

(ほんの少し・1部だけ、ご紹介させていただきます)


【1番 素直な心】
冒頭の「左手の和音」は、3つの音が重なって出来ていますが、
「3人のおじさんが、“それぞれの声部を横に歌っている”イメージ」で。 等々。

【2番 アラベスク】
原典版と普及版の「記号」が、違っている事実を確認。
8小節目の右の2拍目の「レ」の音についている記号が、
普及版では「アクセント」記号ですが、
原典版では、「デクレッシェンド」なのです。意味が全く違ってきますよね。 等々。

【3番 牧歌】
まずアニメの「アルプスの少女ハイジ」のテーマソングを聴かせていただいて…、
このハイジの冒頭の「ホルンの音」ですが、
この曲の「左の音」は「この楽器(ホルン)で奏でる」イメージ、
右手のメロディーは、「パンフルート」の音色をイメージして弾くとよいこと。 等々。

【4番 小さな集まり】
タイトルの「小さな集まり」って、どんな集まり?を(妄想を膨らませて)
例えば、「カフェに集まった主婦」が「女子会」をしているようなイメージで…、
「物語」を作ってみて、それを音楽で表現する。 等々。

※石嶺先生のそれぞれの曲に対する「妄想の世界」の「物語」は、
子供にも具体的なイメージがしやすい、とても面白い「物語」でした



石嶺先生が実際に、ブルグミュラーの作品を演奏しながら、
レッスンの時に、気を配って指導しているポイントを解説していただき、
本当に、とてもお勉強になりました。


普段、ついつい「義務的」に練習しがちな「テクニックの教材」
テクニックの教材にでてくるパッセージが、
具体的に、「この曲を弾くためには、こういう技術が必要なのよ」と、
「何れ演奏する曲を弾くために、必要な技術」だという事を、伝えて、
「テクニック教材」と「曲」を「つなげていく事」の大切さ、なども教わりました。

そういう指導をする事で、
生徒さん自身にも「ビジョン」が見えてくる、
生徒さんに「次の目標」を「感じさせる事」も大切なのだと。

やはり「いつか弾いてみたい!」と憧れを抱いている曲に、
「一歩一歩、近付いているんだ」と、
本人が感じながら学んでいける事って、本当に大切ですよね。

発表会などで、「生徒さんが弾く」という事、
もちろん、それはとても大切ですが、
少し上を歩んでいる生徒さんや、演奏家の演奏を聴いたりする中で、
「いつか、あの曲を弾いてみたい」という「憧れ」が生まれて、
「ピアノへの意欲」を抱き続けられるようにしていく事も、とても大切なのだと。


ピアノは、結局「継続して練習している者」が、
その「技術を維持」出来る習い事なので、
「ピアノを続けていけるようなレッスン」が、最後は勝るのだろうなぁ…と。


石嶺先生のレッスンでは、イメージを膨らませる力を育てるために、
その曲を演奏・理解する上でプラスになりそうな、
様々な映像や写真・楽器の音色などを、
生徒さんに見せたり、聴かせたりしているそうです。


生徒さんに「教える」という事は、
「生徒さんに、先生の模倣(まねをする事)を強いる」という事ではありません。

生徒さんの中に「眠っているもの」を呼び覚まして、
「ご本人が、こういう風なイメージで、この曲を弾くんだ」
という部分を引き出す、お手伝いをする、という事なのでしょう。


生徒さんに「ブルグミュラー」をレッスンする時に、
こういう点に気を配りながら、生徒さんを指導していく事で、
生徒さんが自分で曲のイメージを膨らませていく力、表現していく力を育てる下地ができます。

そして、この先、もっと技術的に難しい曲を練習する事になった時にも、
「自分の音楽表現」をしていけるようになるのかな?
と、感じました。



『ブルグミュラー25』の1番~10番まで、
とても丁寧に解説・指導していただきました。

今回、セミナーでお話をお聴きして学んだ事を、
まるで「学生」のように、
持参したテキストの「ウィーン原典版」の楽譜に、
先生がおっしゃった事を、書き込んできました!

これは、私にとって、とても大切な「宝物」です


25曲のうち、セミナーの限られた時間内に、全ての曲はできずに、
今回は、1番~10番までで「時間切れ」となり、続きは、また後日。
11番以降についても、是非、お聴きしたい!と思っています。

石嶺先生の日頃のレッスンを垣間見たような、今回のセミナー。
きっと、生徒さんたちも、レッスンが「発見の連続」で、
本当に「楽しく」レッスンしているのだろうなぁ、と感じました。

とても有意義な石嶺先生のセミナー、拝聴する事が出来て、本当によかったです!

このセミナーで学んだ事を、自分の中で咀嚼して、
これからのレッスンに活かしていきたいなぁ、と思います。

石嶺先生、ありがとうございました



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/09/15(日) 09:20:00|
  2. セミナー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

発表会へ向けて、始動♪

毎年開催している発表会で、生徒さんには、ソロ2曲と連弾1曲を演奏してもらっています。

人前で演奏する曲を計3曲仕上げるには、やはり時間がかかります。

小学6年生の2人の生徒さんの選曲、まずは、ソロ1曲を。

来年6月開催予定の発表会本番は、中学生に進級しているお2人。

小学校から中学校に環境が変わりますので、
早めにある程度弾けるようになっていてほしいなぁ、と、
来年の発表会に向けてのソロの曲1曲を、それぞれにお渡ししました。

Mちゃんは、出張レッスンでご自宅へ伺って指導していますが、
月曜日・月3回コースになりますので、他の生徒さんより「レッスン回数」が少ないのです。
月曜日は、祝日が多いので、今月2回続けてお休みになります。
早めに決めたかった理由は、その点にもありました。

Mちゃんへは、【シャコンヌ】を。

前回の発表会では、大好きな「嵐」の曲を弾きたいと言って、演奏してくださいました。
やはり「自分の好きな曲」だと、より一層頑張れるんだなぁ、と感じました。

本人が選んだ「嵐」の【truth】という曲も、短調でした。
(ドラマの「魔王」という番組の主題歌になった曲です。)

だから、「短調の曲」を、って、ちょっと単純ですが…

1曲で5ページ程で、少し長い曲ですが、
発表会の時には、もう中学生ですので、
少し大人びた印象のこの曲なら、相応しいかな?と。

【新曲】を渡す時には、1度、私が全曲通して弾いて聴かせています

初めて耳にする曲のようでしたが、
「この曲は嫌だ!」とは思っていない様子でしたので、
右手を2ページ目の途中まで、宿題にしました。

レッスンを終えて、お母様も「いい曲ですね!」とのご感想
ご本人も、練習していく中で「好きな曲」になってくれるといいなぁ、と願っています。



もう1人のCちゃんには、【チャルダッシュ・ラプソディー】を。

「発表会用の曲、1曲決めたんだよ」と言って、1回通して弾いて聴かせました。

Cちゃんは、とても「ご本人の意志の主張」がはっきりしている生徒さんなので、
「もう1回弾いて」と、結局、3~4回、弾いて聴かせました

「Cちゃん、短調の曲が好きだって言っていたし、この曲、カッコいいでしょ!」

「カッコいいけど、難しくて、後9ヶ月しかないのに、弾けるようにならないかも!!」

と、口では弱気な発言をして。

「大丈夫だよ! 練習すれば、発表会で絶対に弾けるようになるよ! 曲も気に入ったでしょ?」

「晴れの舞台での演奏に力を注ぐ」この生徒さんなら、きっと大丈夫だと思います。


そして、卒業式の【旅立ちの日に】の伴奏者に決まったようです。
このCちゃん、小学校3年生の時にピアノの「体験レッスン」をした時に、
「6年生のお姉さんが、卒業式の時にピアノの伴奏をしていたの、私も、そうなりたいの」
と言って、ピアノを習い始めたのでした。
この「ピアノを習い始めた時の目標」を達成して、
「念願」が叶って、「大喜び」するのかな?と思いきや…、

5年生の時に「6年生を送る会」で、ピアノ伴奏者のオーディションで2番になって、
ちょっと悲しい想いをしたCちゃんでしたが…、
今年は、その時のライバルの男の子が、この「伴奏者」に立候補しなかったので、
「不戦勝で、その地位を獲得」したのだとか。

「よかったね!じゃあ、この伴奏も頑張らないとね!」と話しましたら、

「この曲も“オーディションで選ばれて”伴奏者になりたかったの」との事。

そうだったのね~。中々、このお年頃の生徒さんの心の中は「複雑」なのですね!
何はともあれ…、ピアノを習い始めたころからの「念願」が叶いましたし、
卒業式での大役、立派に務めあげられるように…、
【旅立ちの日に】の伴奏も、頑張りましょうね~!


来年の発表会に向けてのレッスンも、スタートしたばかり

まだ曲が決まっていない生徒さんも、もう少しお待ちくださいね~





只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/09/12(木) 09:45:00|
  2. 発表会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きっと、できるようになるよ♪

先週の土曜日にレッスンだった5歳のYくん。

9月1日にママと一緒に【ディズニーランド】に行ったそうで…、

おみやげをいただきました

 ↓ ↓ ↓

ディズニーランドのおみやげ・Yくん

Yくんが、選んでくださったとの事。

プーさんのキャンディです。

キャンディなので、しばらく置いておけそう。
教室の中に、飾ってから、いただこうと思っています。

Yくん、どうもありがとうね

9月1日、とても暑かったそうで、いっぱい歩いて、お疲れになったようですが…、
ママとのディズニーランド、きっとY君の【思い出の1ページ】に刻まれることでしょう



Yくんは、3月から習い始めたばかりですが、
とてもよく練習してきてくれて、
6月の発表会にも出演し、ピアノランドも1巻が終わりました

ピアノランド2巻に進み、

今、「自分で、音符に色を塗る」という段階になりました。


「5線上の音符」を見て、「この音は何の音か」を判断して、
音名ごとに決まった「色」を塗るという、一連の作業

1巻の時は、私が「音符に色を塗って」レッスンしていたので、
「自分で、音符に色を塗る」という新しい課題は、
Yくんにとっては「慣れない作業」です

まだ「慣れない」うちは、とても「時間」がかかります
でも、1つ1つ、音符を見て、確認していく事で、
「音符を読む力」が、確実に身についてきます

とても「根気のいる、地道な作業」ですが…、
「自分でやる事」が大事なのですよね

「自力でやる」、これを繰り返し繰り返し、積み重ねる事で、
はじめのうちは「大変だった色を塗る作業」も、
簡単に出来るようになっていくものです


元々、とても「頑張り屋さん」のYくん

きっと、出来るようになるね

大変だけど…、これからも、頑張ってね




只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/09/10(火) 12:30:00|
  2. レッスンでの出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

発表会の選曲中です♪

【音楽教室の発表会】は、2014年4月5日(土)

【自宅教室の発表会】は、2014年6月28日(土)

それぞれ開催予定です


勤務先の音楽教室の発表会の方が先に開催されますので、
前回のレッスンの時に、それぞれの生徒さんに、
ソロの曲1曲は、「今度の発表会の曲にしようね!」と決めたところです。

高校1年生のK君は   「エリーゼのために(ベートーヴェン)」
小2の女の子のAちゃんは   「チクタク時計(ツェル二―)」
小2の男の子のT君は    「かっこう」と「メリーさんのひつじ」

発表会当日までに「仕上がる見込みのある曲」でないといけませんので…。

実際に、レッスンし始めてみて、
「どうも、本人に合っていないかなぁ?」と感じる場合もありますが、
その際も、「曲目変更」できる時間的なゆとりもないといけませんよね。

生徒の皆さんが、今回の曲目を気に入って、
順調に仕上げてくれればいいなぁ…、と願っています




自宅の生徒さんの選曲は、
大学生のH君については、ソロの2曲は決まっています。
「英雄ポロネーズ(ショパン)」と「ワルツ 遺作 ホ短調(ショパン)」

大学生で、月3回コースの土曜日の生徒さんですので、早めに決定しました!

「英雄ポロネーズ」とても難しい曲ですが、
本人が高校生の時に、自力で譜読みしていて、
「いつか発表会で演奏したい!」という大きな夢を持っている曲です。
ご本人にとっての「憧れの曲」ですので、
是非、来年の発表会で演奏していただきたいです!
H君、難しい曲だけど、練習、がんばってね!



来春、中学生になる生徒さんが2人いらっしゃいます。
小学校から中学校に「環境」が変わるので、
このお2人に関しては、少し早めに「選曲」してあげたいなぁ、と思っています。

という事で、今、色々な楽譜を広げて、選んでいるところです。
先ずは「ソロの1曲」を。
「お勧めの1曲」を次回のレッスンの時にお渡ししようと思っています。

小6の女の子、MちゃんとCちゃん。

お2人とも、ブルグミュラーに進級したばかりです。
進度もほぼ同じ位ですが、「個性」は全く違いますね。

Mちゃんは、与えられた教則本を「地道に一歩ずつマイペースで」進んでいくタイプ。
出された宿題にも、地道に努力してこなしていきます。
学校では、金管部に所属していますが、合唱の伴奏などには手をあげません。

Cちゃんは、教本を時々忘れてきたり(故意にかも?)して、
出された宿題をやってこない事も多々あります…
いわゆる「晴れの舞台での演奏」のためには「力を注ぐ」タイプ。
学校での合唱の伴奏などは、必ず「やりたい!」といって立候補します。

今回は、【大村典子ピアノ・ピースコレクション 8 お祭りと踊り グレードB】の楽譜の中から、

Mちゃんには、「シャコンヌ(デュラン)」
Cちゃんには、「チャルダッシュ・ラプソディ(シャー)」

を選んでみました。


小6にもなると、「本人の好み」も段々とはっきりとしてきますよね。

「こんな曲なら、気に入ってくれるかなぁ?」と、
生徒さんを思い浮かべながら、選んでいるのですが、

実際に「レッスン」を始めてみて、
「この曲を選んでよかった!」という場合は、全く問題ありませんが…、

「この曲、あまりやる気がおきない感じかな…」とか、
「ちょっと、まだ難しすぎたかな…」となる場合もあります。

果たして今回はどうなるでしょう…。

取りあえず、数ヶ月、レッスンしてみたいと思っています。




小学校低学年、幼稚園の生徒さんについては、もう少し「通常のレッスン」をして、
「実力アップ」させてから、選曲したいなぁ、と思っています。
今からはじめても、9ヶ月も同じ曲を弾いていると「飽きて」しまうでしょうし…。

時期がきましたら、徐々に、発表会用の曲をレッスンしていきますので、
まだ「発表会の曲」をもらっていない生徒さんも、
「今やるべき事」をしっかりレッスンして「実力アップ」してくださいね~

今、頑張って練習していると、
今度の発表会では、「とっても素敵な曲」が弾けるようになりますよ



毎回、自宅の発表会では、生徒の皆様には、「ソロ2曲」「連弾1曲」を演奏してもらっています。

前回での「発表会に向けてのレッスン」でわかった【生徒さんの個性】

【少し背伸びさせても大丈夫な子】
【はじめは曲を気に入っても、中々練習がはかどらず、曲目を変更する子】


毎回毎回、本番を迎えるまでの間に、「ドラマ」があります。
そういう時間を過ごせるのも、ピアノの先生の楽しみの1つなのかな

生徒さん1人1人、みんな違います。
その子の「性格・個性」なども考慮して…、「選曲」をしなくては…。

前回は、途中で曲目を変えてしまった生徒さんも、
「まだ、少し練習する時期が早かった」だけなので、
しっかりと「実力をつける事」で、時を経て「再挑戦」すればいいんですよ

1回1回、発表会を体験して「目に見えない成長」をし続けている生徒さんたち。

次回の発表会でも、色々な事を体験し、感じていただきたいなぁ、と思っています。


【発表会の選曲】は、ピアノ講師にとって「とても大きな仕事」の1つです。
出演してくださる生徒の皆様が、当日、笑顔で発表会の日を迎えられるように、
選曲していきたいなぁ、と思っています




只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/09/08(日) 15:00:00|
  2. 発表会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色音符からのスタート♪

夏休みも終わり、新学期、学校に通い始めている生徒さんたち。

まだまだ暑い日が続いている中、
運動会の練習がある学校もあったりで、本当に大変ですよね!

熱中症にならないように、気をつけて、頑張っていただきたいです!



私のレッスンでは、習い始めたばかりの生徒さんには、
「色音符」にして指導しています。


ド:赤(ドーナツ)

レ:黄色(レモン)

ミ:緑(緑色の葉っぱ)

ファ:オレンジ(ファンタオレンジ)

ソ:水色(青空)

ラ:茶色(茶色のウサギちゃん・ラビット)

シ:ピンク(幸せのピンク)


上記の色で「私が描いた(下手な)イラストのカード」を使って、
まず、音名と色を一致させてから、
鍵盤に、同じ色の細い紙片をおいて、
鍵盤の配置を覚えてもらう、という形でレッスンしています。


本当は、音符を読むための「ソルフェージュレッスンのみ」を出来ればいいのですが、
やはり、生徒さんは「早く、ピアノが弾けるようになりたい!」という願望が強いので、

音符を読むための訓練にばかり時間をかけ過ぎてしまうと、
30分間のレッスンで、「ピアノに一切触れない」という事になってしまい…、
限られたレッスン時間に、「ピアノの練習」ができるようにするために、
色々と試行錯誤の結果、私は「色音符にして指導する方法」を選択しました。

なので、ピアノランド1巻の生徒さんには、
(ちょっと甘いのですが…、)
私が「音符に色を塗ってあげて」レッスンすることが多いです。

ト音記号も、ヘ音記号も「ド」の音は、
小さな生徒さんもすぐに判断出来るのですが…、

ト音記号の「レ」の音と、ヘ音記号の「シ」の音の区別が…、
すぐに出来ない生徒さんが多いです


でも、色音符にすれば、楽譜に書いてある音をすぐに判断できて、
指の運動機能の向上に専念できて、
本人も「ピアノで音楽が弾けた」という自信を持って楽しく弾く事が出来ます。

「色音符でしか弾けない」という捉え方ではなく、
「音符に色を塗れば、弾ける」と認めてあげると、
生徒さん自身も、「自信を持ってピアノを弾ける」ようになって、
ピアノの音楽自体に興味を示してくれるようになるのかな?
と感じています。


「色音符」にして、ピアノを弾く事って、
ちょっと難しい漢字に「ルビ」をふる、とか、
外国語の単語に「読み方」を書く、とか、
自転車にまだ乗れない子の「補助輪」のようなものなのでしょうね。



色音符でスタートして、音符の事を少し理解できるようになってからは、
「本人に、色を塗ってもらう」ようにしています。

やはり、「自力で音符を読んでいく力」も身につけないといけませんので。

慣れないうちは、「色を塗る」という課題も、
本人も大変そうで、とても時間がかかりますが、
本人の「音符を読む力」をつけるためには、
「通らなければいけない道」=「必要な課題」です。

時間をかかっても、「自力でできるようになる事」が大切ですよね。


国語でいえば、「あいうえお…」を覚える、
算数でいえば、「数字」を覚える、

というのに似ているのかな?

ピアノを弾くためには、どうしても
「楽譜を読む力」を身につけないといけません。



今は、色々な事が「便利」になっていますが、
「知識や技術を身につける」ための、近道はないんですよねぇ…。

音符を読めるようにするためには、
何度も何度も何度も…、自分で読んだり、書いたりしながら…、
「アナログ」な方法で覚える事が、「確実に身につく方法」なんでしょうね。

時間をかけて、ゆっくりでいいので、
「自分で読んでいく努力」をしていきましょう!


西洋音楽の『5線上の音部記号(ト音記号・ヘ音記号など)による記譜法』は、
その「法則」を覚えてしまえば、極めて「合理的」で、わかりやすいです。


「譜読み」は、結局、

習うより慣れろ

ですから。


少し前のブログ記事
【子供番組も役立ちます♪・2013年9月1日投稿記事】
でご紹介した

「とにかく、やりはじめると、やる気スイッチが入るもの」
「覚えるためには、繰り返し、繰り返し、続ける事」

という「有益な情報」がありましたよね。


苦労して学んだ「知識・技術」は、「一生の宝物」になります。

最初は「大変な作業」でも…、

生徒の皆さん、「自分自身のために」頑張ってくださいね!!



以前、お友達の先生から教えていただいた【音符カード】が印刷できるURLです。
どうぞ、印刷してご活用くださいね ♪
↓ ↓ ↓

【音符カード】




只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/09/05(木) 08:30:00|
  2. レッスンの特徴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音楽教室の発表会について♪

週1回、勤務している音楽教室の「発表会」の日時が決まりました。

2014年4月5日・東部台文化会館の音楽ホールの会場予約をしたそうです。


この音楽教室の発表会、開催するかどうか、危ぶまれていたので、
「音楽教室側が、会場の予約をした事」で、
自分が担当している生徒さんの「発表会に向けての選曲」をし始めようと思っています

一番年上の生徒さんは、今年7月に入会された高校1年生のK君です。

K君は、「ブルグミュラー25番」に加えて、
まむし指改善のためにも…と思い、「ハノン」と、
とても素敵な曲が入っている「ギロック 子供のためのアルバム」
計3冊を、目下レッスン中です。

この生徒さんは、小学生低学年の時に3年程ピアノを習っていましたが、
その後、一旦ピアノを辞めて、6月末に体験レッスン後、入会した生徒さんです。
6年程のブランクがあるのに、結構弾けるので、
4月の発表会に向けて、「エリーゼのために」をレッスンしようと思っています。

前回の金曜日のレッスンで、

「K君なら、“エリーゼのために”を弾けるようになると思うけれど、
発表会に参加する、しないについては、後から決める事にして、
取りあえず、発表会に向けての曲の準備だけはしておきましょうね」


と伝えて、ご本人も納得してくださいました。

前回のレッスンでは、A-B-A-C-A の A の部分の右手を、
初見で弾いてもらって、ほぼ弾けていたので、

「きっと、弾けるようになるね」

とお話して、レッスンを終えました。

小学生のころに習っていた教室では、発表会に出演した経験はないようで、
初めてのステージに向けてのレッスンになるようです。



発表会での演奏を経験してみると、
「普段のレッスン」だけでは経験できない色々な事を学べます。

やはり、折角ピアノを習っているのであれば、
「人前で、ステージで演奏する」という「発表会」を
「体験させてあげたい」と願うものですよね。

なので、習っている生徒さんには、出来れば「発表会」を目標に、
日々の練習を積み重ねる、という形が「望ましい」のでしょう。

そして、「発表会」を経験することで、
普段のレッスンだけでは体験できない事を本人が感じ取って、
大きく成長していっていただきたいと願っています。



実は、この勤務先の音楽教室は、以前は「音楽教室」がメインでしたが、
今は、「通信制高校」としての道を歩みだして、
「音楽教室」は、今まで勤務していた先生が辞めても「欠員補充をすることもなく」
1人、また1人と、先生のご都合で辞めていった後、
どんどん、生徒数が減って、今では、本当に在籍している生徒さんの数も少なく、
次回の発表会を開催するかどうかさえ不確実でした。

でも、【10月~3月までの「後期」のレッスンカレンダー】を作成するにあたって、
「発表会開催」について、明記する必要があり…、

もしも「発表会」を行わないという決定を「音楽教室」側が選択したのであれば、
「発表会を1レッスンとする」としている「規約」についても、変更をしなければならなくなるので、
今回、教室側が、「発表会を開催する」という方向に動いたようです。

本当によかったです。

教室側で、「辞めた後任の先生」の募集をしない事については、
「教室側の判断」ですので、仕方ありませんが、
「今現在、レッスンに通って来てくれている生徒さん」たちにとっては、
「日頃の練習の成果を披露できる場」である「発表会」を、
教室側の事情で、開催しないという事になったら、残念に感じて、
もうこの教室でレッスンを継続する事自体に「見切りをつける方」も出てくるかもしれません。

急遽、会場予約をしたため、例年と同じ「3月開催」とはならず、
4月5日に開催する事に決まったそうですが、

生徒さんにとって「発表会」が「ある」のと「ない」のとでは、
練習する「意欲」の面でも、大きく左右されるので、
今回、「発表会開催」を決めていただき、
私もこの音楽教室で指導を担当している1講師として内心、安堵しています。


今回登場した「高校生のK君」の他の生徒さんについても、
先ずは、「ソロの曲」を、ご本人と相談しながら決めて、

数年前から、私のクラスの生徒さんは「連弾」もやらせてもらえるようになったので、
こちらも、ご本人と相談して、「連弾の曲」も決めていきたいと思っています。

生徒の皆さん、「発表会」に向けて、練習、頑張りましょう!!



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/09/03(火) 08:00:00|
  2. 発表会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子供番組も役立ちます♪

NHKラジオ【夏休み子供科学電話相談】
今年も、楽しく拝聴させていただきました

子供さんからの質問、とても興味深いものが多く、
そして、質問者の子供さんに「わかるように」とても丁寧に回答をしてくださる
専門家の先生方の一生懸命さも伝わって、
本当にとても勉強になりました

この番組、今年は8月30日が最後の放送でした。
今日から9月。夏休みも終わるんですね…。

個人的には、「心と体」の質問について、
とても興味深く、大人の私もとても参考になる回答がありましたので、
ご紹介させていただきますね!



「やる気はどうしたら出るの?」

質問者の男の子は、
「やらなくちゃいけない事をやる時に、これが終わった後に、自分にご褒美をあげる」
という形で、いつも努力しているそうですが…

「あぁ、それもとてもよい方法だよね!」と、先生。

「勉強しなくちゃ」と、おぼろげに思っているだけの時は、
何か、別の事(例えば、テレビを見ていたり…)をしていて、
実際には、そのための行動を起こしていない状態が多い。

でも、具体的に「勉強」するために
「机の方向に向かって歩き出す」
「イスに座って、机に向かう」
「鉛筆を持って、教科書を開いて、お勉強をする」…
という「具体的なイメージ」を抱く事、そういう訓練をする事で、

ただ「漠然と、勉強しなくちゃ」と思っていた時よりも、
はるかに「勉強する、“やる気”を出すためのトレーニング」になる。

そして、イメージを抱き、それを実行する時に、
「勉強するために、机に向かっている自分」
「あ、自分は、勉強するために机に向かっている、エライじゃん!」
「ちゃんと教科書を開いて、これから勉強する自分、エライよね!」
と、「出来た事柄1つ1つ」に対して、
「それが出来た自分をほめる、肯定してあげる」と、より一層、やる気が出るそうです。

また、「人間のやる気」をつかさどる「脳の部分」といのは、
「やり始める事で、スイッチが入り、やる気が増す」という性質があるそうなので、
「漠然と、考えている事から脱して、先ずは、一歩を踏み出し、やり始める事が大切」なのだとか。



これは、子供だけでなく、老若男女、全ての人々にとっても有益な情報ですよね!


ピアノも「練習しなくちゃ」と思っているだけで行動しないのではなく、
取りあえず、「練習を始めてしまう事」で、
眠っていた「やる気」を目覚めさせて、
気付いたら、「あら、もうこんなに弾いちゃっていたんだ!」
って事になるんですね!

先ずは「行動を始める事」これが大切なんですね!





「どうして涙が出るの?涙をこらえる方法は?」

「涙」は、悲しい時、辛い時などに涙が出ますが、
辛い時、悲しい時は、「交感神経」の部分が強くなって、
緊張感が高まっているのだそうです。
人の体は、その「交感神経の高ぶりを鎮めるために」
「涙」を流して、「リラックスした状態」の「副交感神経」にチェンジすることができる。

だから、「悲しい時、辛い時は、泣いちゃっていい」そうです
それが、「人を自然の状態(リラックスした状態)に戻すために必要」なのですね!

でも、人前では「泣けない」時に、それを抑える方法としては、
(副交感神経優位にする方法)

1、深呼吸をして、リラックスした状態にする。
2、拳(こぶし)を握り締めた後、すっと力を抜くと、リラックスできる。
3、小さい子供は、泣いた時お母さんに抱きついてリラックスします。
  大きくなったら、実際にはお母さんに抱きついたりはできませんが、
  お母さんに抱きついた時のイメージを思い浮かべてみる。


こんな方法で、「交感神経優位」の状態から「副交感神経優位」の状態に持っていける、

涙を流さなくても、こらえられる状態になれるそうです。




「泣きたい時」は、「泣く」 それが、いいんですね。

ところで…「ピアノを人前で弾く」という行為、とても「緊張」します!

この「緊張」は、きっと「交感神経優位」の状態ですよね。
なので、「演奏する前に」上記の「リラックスさせるための方法」をやってみるのも、
効果があるのかな?と感じました!




「どうしたら、覚えられるようになりますか?」

1、繰り返し、繰り返し、(お勉強などを)続ける事
2、強く刺激する事で、覚えやすくする
3、つながりをつけて(例えば“語呂合わせ”等)覚える、「深く理解していく」


人の脳は、「覚えたい事、興味のある事」は、
「よく覚えられるようになっている」そうです。

でも、生きていく中では、とても辛い経験など「忘れたい事」もあります。
そういう「忘れたい事」、「覚えていない方がいい事」については、
「忘れた方が望ましい」のだそうです。

「忘れられる力」も、「人間にとっては必要な能力」なのだとか。



ナルホド。ですね

自分にとって「興味のある事、大切な事」をたくさん覚えて、
「必要でない事は、適度に忘れる」ことも必要なのですね!

人間の「脳」って、上手く出来ているんですね!


私も、「関心のない事」は、
まるで「全く知らない外国語」或いは「宇宙人の言葉」のように、
「何を言っているのか、示しているのか」さっぱり理解できません。

その代わり? 自分が「求めている世界」「興味のある事柄」については、
かなり「深く」理解することができます。

日本は、「平均的な人間」を作りたがる国(私はそう感じることがあります)のようですが、
「得意、不得意があってもいい」のだと思っています。



天は、二物を与えず

と、いいますよね。


今生、たった1度の「人生」

「何に打ち込むべきか」「何に時間を使うべきか」をよく考えて、
「自分にとって、必要な事」を、たくさん、深く学んでいきたいなぁ、と感じました。




今回の放送、全てを視聴出来たわけではありませんが、
幾つかの質問と回答を視聴して、本当に有益なお話が聞けて、ラッキーでした。


特に「心と体」の質問、子供だけでなく、大人も、とても参考になり、お勉強になりますよね。


子供さんからの質問って、本当に純粋に「どうして?」というものなので、
大人の私も、「その答え、聞きたい!」と思ってしまいます。

8月30日で、今年の「夏休み子供科学電話相談」は終わりでしたが、
色々な意味で、とても勉強になりました!

(大人ですが…
また来年の放送、楽しみにしています


こちらから、過去の放送内容の一部が確認できます ↓↓↓
【NHKラジオ夏休み子供科学電話相談・ホームページ】




只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/09/01(日) 07:30:00|
  2. 学び・気付き・感動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

chihiropiano

Author:chihiropiano
このたびは、ブログ【ピアノと共に♪ 美し音楽を求めて♪】にお立ち寄りいただき、ありがとうございました!

音楽が大好きで、長年、ピアノを専門に学び、今、千葉県茂原市でピアノ講師をしています♪

縁あって私のもとでピアノを習いに来てくださっている生徒の皆さんにも、ピアノ音楽の素晴らしさを伝えていきたいと考えています。

自分の心の中にある「理想的な演奏」を再現することは至難の業ですが、演奏できる場で、少しでも想い描く理想の演奏に近づけるべく、日々練習を重ねています。

ピアノを練習する時間は、「音楽からの贈り物を享受できる至福の時間」です。ピアノを演奏できることに感謝して、これからもピアノと共に素晴らしい時間を過ごしていきたいと考えています♪

水瓶座・B型:
  独特な感性の持ち主?

好きな色:ピンク

好きな作曲家:
   ショパン
   リスト
   モーツァルト



♪ Tutti ピアノ教室 ♪ の詳細については、下記の【ホームページ】をご参照くださいませ♪ 

【♪ Tutti ピアノ教室 ♪】
 
  【ホームページ】

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
講師演奏・動画 (19)
発表会 (113)
グレードテスト (13)
演奏に関する私見 (12)
レッスンの特徴 (18)
レッスンでの出来事 (74)
レッスン風景 (3)
体験レッスン&レッスン風景 (27)
大人の生徒さん (19)
生徒さんとの関わり方 (13)
音楽全般 (29)
学び・気付き・感動 (26)
セミナー (12)
講師のひとり言 (93)
私の歩み~過去を振り返って (6)
ピアノを通して (83)
佛教から学ぶ事 (20)
ピアノ教室・施設紹介 (58)
お知らせ (12)
千裕先生のレッスン (8)
発表会・演奏動画(連弾) (34)
発表会・演奏動画(生徒ソロ) (47)

☆ ホームページ ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪

【ホームページ☆お店のミカタ】

ご関心のおありの方は、ご高覧いただければ幸いです♪

☆ お問合せフォーム① ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪
【お問合せフォーム①】
【体験レッスン申込用・fc2】

【体験レッスン】をご希望の方は、こちらの【お問合せフォーム①】からお申込みください♪ 現在、空き時間が少なくなってきています。ご希望の曜日・時間帯によっては、体験レッスンを実施できない場合もございますが、その折は、悪しからず、ご容赦願います。

☆ お問合せフォーム② ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪
【お問合せフォーム②・fc2】
【ご質問・お問合せ用】

【ご質問・お問合せ】については、【お問合せフォーム②】からお問合せくださいませ♪

☆ メールフォーム③ ☆

【メールフォーム③・fc2】

この【ブログ】をご高覧いただいての【ご感想など】については、こちらのメールフォームからどうぞ♪

☆ Tutti ピアノ教室 ♪ ご案内 ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪

ピアノ教室.COM

Music Square.jp

【音楽教室検索サイト】☆リンク☆

☆ facebookバナー ☆

Chihiro Takahoso


Tutti ピアノ教室

☆ 演奏動画 ☆

発表会での講師演奏です♪

華麗なロンド Op.62
(ウェーバー)

スケルツォ 第2番 Op.31
(F.ショパン)

3つの演奏会用練習曲よりⅢため息
(F.リスト)

バラード 第3番 Op.47
(F.ショパン)

幻想即興曲 Op.66 (F.ショパン)
ラ・カンパネラ (F.リスト)
①きらきら星変奏曲 K.265
(W.A.モーツァルト)

②きらきら星変奏曲 K.265
(W.A.モーツァルト)

超絶技巧練習曲 第10番
(F.リスト)

ソナタK.330 第1楽章
(W.A.モーツァルト)

ノクターンOp.27-2(F.ショパン)
月の光(C.ドビュッシー)
ロンドK.485(W.A.モーツァルト)
バラード 第1番 Op.23
(F.ショパン)

アラベスク第1番(C.ドビュッシー)
ソナタK.333 第1楽章
(W.A.モーツァルト)

ノクターンOp.9-2(F.ショパン)
ラ・カンパネラ(F.リスト)
献呈(R.シューマン/F.リスト)


ご関心がございましたら、どうぞお聴きください♪

リンク

このブログをリンクに追加する

☆ お友達ブログ ☆

【facebook】お友達のピアノ講師の先生方のブログ集♪

【磯山久理ピアノ教室】
【Piano Diary~ようこピアノ教室】
【鈴木直美ピアノコラム】
【白石ピアノ教室『頑張ってる通信』】
【いつも心に音楽をくちびるに歌を♪】
【荒井千裕*ピアノの音の綴り方】
【香港発ピアニスト/ピアノ講師*音の綴り方(荒井千裕)】
【保科陽子 近況ご報告】
【コーチングレッスン(保科陽子)】
【せとピアノ教室(瀬戸喜美子)】
【どれみスタジオ(遠藤 操)】
【しょうこ先生の日々。(益子祥子)】
【ワクワクピアノレッスン(大石富子)】
【ピアノ脱力法メソッド(大嶋聡子)】
【大竹道哉・日々雑感】
【想い出の樹(中嶋恵美子)】
【やすこ先生の日記帳(荒木安子)】
【ピアノの音色(愛野由美子)】
【山口県下関市・little-Note Piano Studio(神野由香)】
【音楽センスを~(山本美芽)】
【Piano Room(藤代のりこ)】
【俺達の遺伝子(沖田大佑)】
【いのうえピアノ教室・トピックス】
【みさきピアノ教室(千葉美咲)】
【アルモーニア教室(高野芳美)】
【ゆきえせんせい(矢内幸恵)】
【今時のピアノの先生(石嶺尚江)】
【優しい風(大原由紀)
【楕円は踊る♪(緒方ヤヨイ)】
【未来輝くピアノレッスン&コーチング♪(林 美紀)】
【ぴあのすく~る(中塚三貴子)】
【茉音's Diary Sweet Harmony(若谷茉音)】
【キティのお部屋(キティ先生♡)】
【チッペンデール(冨永雅子)】
【中川純子ピアノ教室】
【Life with Klavier(大西由佳)】
【すくすくミュージック(信定千尋)】
【寺坂亜紀音楽教室】
【ミュージックサロン(望月 和)】
【取手市もみの木のうた(坂上明子)】
【美音・音もだち(佐藤 美和)】


【ブログ】には書いている方の個性が表れます♪ 素敵な先生方のブログ、ご関心がございましたら、是非、ご高覧ください♪

☆ お気に入りブログ ☆

過去に“コメント”を残した事のあるブログ集♪

☆【しんわのばら日記】☆
☆【仏の赤川塾】2011.8.8☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

只今、ランキングに参加中です。 皆様からの【クリック】が【大きな力】になります♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ



趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

皆様の【1クリック】が【大きな力】となります♪ 温かい【応援クリック】どうぞよろしくお願いします♪

アクセスランキング

音楽

[ジャンルランキング]
音楽
920位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
51位
アクセスランキングを見る>>

ピアノ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

QRコード

下記のQRコードを携帯電話で読み取り、アクセスしてください♪

QR

RSSリンクの表示

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: