ピアノと共に♪  美しい音楽を求めて♪

「より美しい音楽を奏でたい♪」という想いを抱きながら、日々レッスンに取り組んでいます。ピアノ・音楽をテーマに綴るピアノ講師の日記です♪

【保科陽子先生・コーチングセミナー(10月31日)】楽しみです♪

保科陽子先生のセミナー、10月31日(木)に開催されますが、
私も、こちらのセミナーに参加予定です♪ 

保科先生のご著書、私のところにも届きました!

保科先生・本


保科先生のセミナー、今回、私は初めて参加させていただきます。

1日研修を受講すると…、私はどんな風に変わっていくのかな?

新しい気付き・発見…

今から ワクワク、ドキドキです

今年の4月からフェイスブックに参加して、【お友達】になっていただいた保科先生。

保科先生からの発信は、とても魅力的で、勇気を与えてくださる情報ばかり。

「機会があれば、セミナーを受講してみたいなぁ…」と思っていました。

10月は、5週あり、1回【レッスンをお休み】にできる月。

それも、【1日、みっちり学べる】今回のセミナー。

お友達になっていただいているピアノの先生方とも、直接お目にかかれるかも…。



【セミナー】も、【コンサート】も、【人と人をつなぐ素敵な時間


私も、少しずつ学んで、
【生徒さんへの“レッスン”】の際に、活用できるように、
成長していきたいな、と思っています。


茂原から新大久保まで、無事に辿り着くように、
電車の時間と、乗り換えなども、事前にチェックしておかないと!

片道3時間位かな~

当日、お寝坊をしないように、しっかりと、「目覚まし時計」をかけておかねば!

「レッスン休講日」も、ちゃんと、学んでくるからね~


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


こちらの【紹介動画】(1分半程)よかったら、ご視聴くださいね ↓ ↓ ↓

【ペースメソッドプレゼンツコーチングセミナー 新大久保 10/31(木) 一日研修 紹介動画】

お教室での保護者向けのプチセミナーのご提案をセミナー中します。

全国で、セミナー内容をお教室の保護者向けに展開したところ、
反響が大きく、大成功。

保護者との信頼関係アップや、教室の評判もアップとあって、
プチセミナー開催サポートのご要望が増えています。

【特典】
保護者向けのプチセミナーの資料を、今回特典でお付けいたします。
お楽しみに。

【ピアノの先生必見セミナーご案内~~~】
指導効果が倍増!コミュニケーションアップ講座
プロの音楽コーチをお招きして
  
日 時 :2013年10月31日(木)10:00~16:30
会 場 : 新大久保 コーラス・スタジオ
      〒169-0073新宿区百人町2-5-4 土屋ビル 4F 
TEL 03-3371-2562 JR新大久保駅下車 徒歩3分
  
講 師 : 保科 陽子
参加費 : 7000円(ぺース・メソッド研究会会員 6000円)
主 催 : ぺース・メソッド研究会・ABブロック
問い合わせ・申し込み : 畠山 くみ子 hatkumi@jcom.home.ne.jp




ご関心のおありの方は、お問合せしてみてはいかがでしょうか?


関連記事

≪保科陽子先生のセミナーを受講して~【1】≫


≪保科陽子先生のセミナーを受講して~【2】優位感覚を知る≫


≪保科陽子先生のセミナーを受講して~【3】効果的な学習スタイル≫


≪保科陽子先生のセミナーを受講して~【4】聴く≫


≪保科陽子先生のセミナーを受講して~【5】承認≫


≪保科陽子先生のセミナーを受講して~【6】質問≫





只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

スポンサーサイト
  1. 2013/10/29(火) 08:00:00|
  2. セミナー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月からレッスンスタートだね♪

10月23日(水)に体験レッスンのご予約が入りました。

小学2年生の女の子のHちゃんです。

同じ小学校の2年生の女の子の生徒さんのRちゃんも、
私のところにピアノを習いに来てくれているので、
Hちゃんは、何組かな?と、
名札のクラスを見ると、3組。

「今、ここに通って来てくれているRちゃんは、1組なんだけど、知ってる?」

とお尋ねしたら、

「Rちゃんとは、保育園も同じで、学童でも一緒で、学校の組は違うけれど、よく知っているお友達」
なのだそうです。

ということで、前回の6月の【発表会の写真】【プログラム】などもご覧いただき、
「Rちゃん、と、Rちゃんのお姉ちゃんのRちゃんのドレス姿の写真
を楽しそうにご覧になっていました


もちろん、【体験レッスン】でしたので、
こういうお話の後には、「ピアノの体験レッスン」の開始です


もう、小学2年生で、理解力もしっかりしている生徒さんでした。

お家には、キーボードがあるそうで、よく、弾いて遊んでいるのだそう。

まずは、「ピアノランド1」の一番最初の部分から、

「手の形」をなぞって、指番号を覚える。

右手と左手を合わせて、左右の同じ指番号同士を“ちょんちょん”と、合わせる。

「黒鍵で遊ぼう」で、2つの黒鍵、3つの黒鍵を、
クロスハンドで低い音から高い音まで、と、高い音から低い音まで、弾いてみる

などをやった後に、

1曲目~3曲目まで、ちょっと楽譜の説明をして、一緒に弾いてもらって、

とても「勘も、筋もよい生徒さん」という印象で



「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」の音符に色を塗った後、

「ちょっと、ピアノで弾いてみようか」と言って、一緒に弾いてみると、

右手も、左手も、指くぐりもきちんとできて、音階を弾く事ができました!



「すごいね! 音階、ちゃんと弾けるんだね!」

Hちゃんのママも、「小学生のころ、ピアノを習っていたご経験がある」との事で、
「音階の弾き方」を覚えていらっしゃって、お家で、ママから弾き方を伝授されていたのだとか。

「ナルホド、それで、こんなによく指が動くんだ!」

「楽譜を読んで、ピアノを弾く」という事については、
これから学んでいくことになりますが、

「指の運動機能」については、かなり、上達していきそうな感触がありました



ママのお話によると、

活発で運動が得意なので、“運動系の体操クラブとかがいいのかな?”と思っていたのに、
本人は、“ピアノを習いたい!” と、言い続けていたそうです。

保育園の時も、ピアノは習ってはいなかったけれど、同じ年の園児の中でも、よく弾けたそうで、
鼓笛隊や園の発表会のような演奏の時も、ピアノのような「鍵盤の楽器」をやらせてもらったりして、
保育園の先生から、“Hちゃんは、絶対、ピアノやった方がいいよ!”と薦められていたのだそうです。

保育園の頃に、大手の音楽教室を見学したこともあったのですが、
どうも 相性がよくなかったようで…。

個人のピアノの先生を探したいな、と思っていたそうですが…、

少し前までは、今は大学生になったお兄ちゃんの塾の事や、ママご自身の学びがあって、手一杯で、
Hちゃんの“ピアノの先生探し”は、後回しになっていたそうですが、
ようやく、一段落して、Hちゃんのご希望の“ピアノ”を始められる事になったそうです!

ご本人のHちゃん、この日、ちょっと「緊張気味」でしたが、

「念願だった」ピアノ教室の門を叩き、体験レッスンをしてみて
「ピアノを習いたい!」とお感じになったようで、

11月からご入会いただくことになりました


多分、Hちゃんにとっては、
「ピアノランド1」のはじめの方の曲は、「簡単すぎ」かもしれませんが、
私が使っている「メインの教材」の「ピアノランド」は、
「一通り、レッスンしておくこと」は、とても大切です。

という事で…、

「ピアノランド1」
「ピアノランド楽しいテクニック上」
「ピアノの森1」
「初めてのギロック」

レッスンでは、この4冊を、レッスンしようと思っています。 


来年の6月の発表会にも、是非、ご出演いただけるように、レッスンしていきたいなぁ、と思っています!



体験レッスンの翌日、同じ学年のRちゃんのレッスン日だったので、

「Rちゃん、3組のHちゃんの事、知ってる?」と尋ねると、

「知っているよ!」

「Hちゃん、昨日、体験レッスンして、11月からここでピアノを習う事になったんだよ!
それで、この前の発表会の時のRちゃんたちの写真も見たんだよ」


とお話しすると、

「あー!だからか~!今日、お掃除の時に、Hちゃんから、
“Rちゃんは、高細先生にピアノ習っているの?”って聞かれたけど、それでだったんだ~!」



11月から、新しいお友達が増えます


知り合いのお友達もいるので、きっと「意欲的に」練習してくださると思います

同じ学校のお友達がピアノを習い始めると、きっと、双方にとって、よい刺激になって、
頑張ってくれるんじゃないかな? 



実は…、体験レッスンにいらっしゃった Hちゃんのお洋服、水色で、

「水色が好きなの?ピンクも、好き?」と聞いてみると、

「水色は好きだけど、ピンクはあまり好きじゃない…」そうで…。

そうなんだ…。
「入会記念品」のことが、頭をよぎりました


私自身は「ピンク好き」なので、
女の子用の「新入会者用のプレゼント」は、
「ピンクのマグカップ」「ピンクのレッスンバック」等を
たくさん用意してあります。

「水色のレッスンバック」は、今、1つだけ、在庫がありますが…

自分が「ピンク好き」なので、ついつい「女の子用」は「ピンク」で、買ってしまうのですが…、
必ずしも、「女の子全員がピンク好き」であるとは限らないんだなぁ…。

今度、「水色のものも、買っておかなくちゃ!」と、反省です


Hちゃんの使用予定の楽譜も、楽器店に届いたそうです!

11月からはじまるHちゃんのレッスン、私も楽しみにしています



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/10/27(日) 08:00:00|
  2. 体験レッスン&レッスン風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

次の曲は【小さい秋見つけた】

夏に【われは海の子】をレッスンしていた、シニアの生徒さん。
7月下旬から約2ヵ月ちょっとで、この曲が マル になり、

その後、まだ暑かったので、【うみ】をレッスンしていました



うみはひろいな おおきいな 

つきがのぼるし ひがしずむ



お渡しした楽譜のこの【うみ】という曲のアレンジが、
2番の部分は、左手がメロディになったり、
途中の間奏部分がちょっと難しかったのですが、
昨日のレッスンで、マル になりました!


ご本人も、本当にうれしそうに、

「ようやく弾けるようになりました!
ちょっと難しかったんですけれど、
短い時間でも、ちょっと練習できる時間があると、
何回か弾いて、それを積み重ねて、
もう、100回以上、練習したと思います。

最初は、難しい曲だなぁ…、って思う曲も、
自分で練習を重ねて、努力して、
出来なかったものが、出来るようになる、って、
本当に、この歳になっても、とても嬉しいんですよ!」


と、おっしゃっていました。


「本当に、そうですよね!
最初は、大変な課題で、難しくても、
出来なかった事が、出来るようになるって、うれしいですよね~。
ピアノって、そういう部分が、魅力なんですよね!
私も、同じです!
新しい曲は、難しいから、“できるようになるのかな…?”って、
練習をし始める時は、とても心配なんですけれど、
でも、とにかく練習を続けていけば、段々、形が見えてきて、仕上げていけるんですよね~。」


「はい! 全く、ピアノを弾けなかった私が、
シニアになってからピアノを習い始めて、
少しずつ、弾ける曲が増えていって、
“あぁ、自分でも、ピアノが弾けるようになるんだな”、と思うと、
“よし、これからも、続けて頑張って練習しよう”と、考えるようになるんですよね!

夫に、“ちょっと聴いてみて!”と言って、弾いてみると、

夫は、“もう少し速く テンポよく弾けるようにならないとね”

なんて、言ったりするんですけれど、

でも、新曲をもらってから、練習している時間、
夫も、聴いていないようで、聴いているんですよね。
練習している音を聴いて、その過程を知っているというか、
見守ってくれているのかな、と思うんですよ。

ずーっと 夢だった、“歌詞を歌いながらピアノで弾く” 
という事が、少しずつ、出来るようになっているんだな、って、自分でも実感できて、
それに、自分が好きな曲の音楽に触れられる時間を持てるって、すごく、楽しいです!」


と、いつもお話してくださいます。


次の曲は、【小さい秋見つけた】

これからの季節にピッタリですよね

10月は、水曜日が5週あるので、来週は1回レッスンがお休みですので、
次回のレッスン日まで、たっぷり、2週間あります。

きっと、新しいこの曲を、意欲的に自主練習して来て下さると思います



このシニアの生徒さんは、本当に努力家で、

「昨日の自分と比べて、少しでも 向上できるように」

という事を、よくおっしゃいます。


「他者との比較」ではなく、「過去と現在の“自分”との比較」です。

「他者との比較」 をしてしまうと、どうしても、

自分より上手な人を、「うらやましい」という気持ちになってしまい、
「自己嫌悪」に陥ったりしますが…

「過去と現在の“自分”との比較」であれば、

「昨日できなかったことが、今日は、少し、できるようになった!」

と「自分自身の上達」を実感しながら、練習していけば、
「幸福感」を感じながら、ただひたすらに「練習」に取り組めるようになるんですよね。



シニアになってからピアノを習い始めて、
練習している時間は、「音楽」と触れ合える時間

自分のペースで、幸福感を感じながら、
練習し続けていらっしゃる、この生徒さんから、
私も、本当に「前向きに生きる事」の素晴らしさを、
学ばせていただいているんだな、と思っています


「謙虚」で「前向き」で「努力家」のこのシニアの生徒さん。

これからも、1曲ずつ、「大好きな曲」のレパートリーを増やして、
ピアノを楽しめるように、お手伝いをしていきたいなぁ…、と思っています



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/10/24(木) 08:00:00|
  2. 大人の生徒さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

回り道♪

前回の記事で、少しだけ触れた事ですが…、

私が、音大音楽専攻科を修了後、「音楽とは無関係の事務職」の仕事についた理由。


専攻科在学中に、入院生活を体験し、退院後、全力で専攻科の課題をこなし、
何とか無事に、専攻科修了出来たのですが…、
病み上がり身体で、ピアノの課題を全てこなす事は、
体力的に、かなり消耗し、「少し、ピアノを控えたい…」と思った事


「学生」の身分がなくなると、「仕事」をしないと「社会人」とは言えません

専攻科修了後の「就職活動」なんて、在学中は全くできなかったのですが…、
たまたま、本屋さんに並んでいた「就職情報誌」を手にとって、見つけたある職場。

「ここなら、私でも、働けるかもしれない

そんな直感がはたらいて、
修了演奏会の直前に、応募、面接、トントン拍子に、採用していただけたのでした。

2月の中旬頃は、全く不透明だった、「専攻科修了後の進路」は、急展開!

まるで、ここでお仕事をする運命で、「そうなる事が決まっていた」かのように…



千葉県佐倉市にある、国立歴史民俗博物館の事務補佐員、館長秘書の仕事。



当時、住んでいた自宅のある成田市からも、通勤も楽で、
民間企業の営利団体ではなく、学術的な環境の職場。
病み上がりの私にとっては、これ以上ない職場でした。


心配だったのが、

「音楽一辺倒だった私が、事務のお仕事、ちゃんと出来るかな…

多少の不安はあったものの、前任者の方から引き継ぎを受けて、
職場の皆様も、芸術系の大学を出た「変人」の私を、温かい目で受け入れてくださいました



実は、この歴博で出会った 隣の人事係にいた 色々な事を教えてくださった先輩が、
今、発表会でご一緒してくださっている、Y先生。


国の機関での仕事は、最長3年間でしたので、
Y先生と、同じこの職場で仕事をしたのは、約2年程。
職場を退職した後も、友情・交流は続き、
今では、ご一緒にピアノ発表会を開く、大切なパートナーです

Y先生は、音楽大学出身ではありませんが、国立大学を出た才媛。
幼少の頃から、ピアノを習っていて、ピアノも「生き甲斐の一つ」だったのです

ピアノの先生って、「国家資格」が必要な仕事ではありません。
音大のピアノ科を出なくても、「ピアノを教えてほしい」という生徒さんと出会えば、
「ピアノの先生」の道を歩む方々も、全国で数多く活躍していらっしゃいますよね


それにしても…、「人と人とのご縁」って、本当に、不思議ですよね!


この歴博在職中は、朝からフルタイムで仕事をして帰宅した後、
学生時代は「練習することが当たり前」だったのに、
ピアノの練習は、週末に少しできる程度

この当時、技術的には、かなり「落ちて」しまったのですけれど…

この事務のお仕事をしていた期間中に「学べた事」は、たくさんあります

「音楽一辺倒」だった私が、
少し「音楽から離れた時期」があったからこそ、
気付けた事、学べた事も、本当にたくさんありました。

なので、この経歴を、私は後悔していませんし、
むしろ、「貴重な経験」ができたこの時期がある事を、誇りに思っています



一旦、ピアノから離れた後、再び「ピアノを教える仕事」につくためには、
もちろん、それなりの苦労はありましたが…、
今は、こうして「ピアノ講師」として復帰することができました。

「離れていた時期」があるからこそ、
「ピアノを弾ける喜び」を、心から感謝する気持ちも一層強く抱くものです。



「特急電車」で、ストレートに「目的地」に行く人生では、体験できない
回り道の多い「各駅停車」の人生も、中々、味わい深いものです。



生きていく中で直面する様々な経験・体験は、「今の私」を支えています

人生、「無駄な事」なんて、1つもありません。

全てが、「大切な学び」なんですね



「回り道」したからこそ出会う事ができた「大切な友人・同志

素晴らしい「ご縁」に、心から感謝して、
これからも、Y先生と共に、ピアノの発表会を協力して続けていきたいなぁ…、
と思っています





只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/10/22(火) 08:00:00|
  2. 私の歩み~過去を振り返って
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

継続は力なり♪

【継続は力なり】

ピアノを習ったことのある方なら、
きっと、皆様、実感される方が多いのではないでしょうか?


ピアノをスタートする年齢も、人それぞれ、
ピアノの楽しみ方も、人それぞれです。

まだ幼少のころから、「ピアノの才能」が開花して、
早くから、色々な曲が弾けるようになって、
「ピアノって楽しいな」と感じてくれる生徒さんもいらっしゃいますし、

努力しても、中々、スムーズに上達できない生徒さんもいらっしゃいます。


それでも、1年、3年、5年、10年…、と、
「日々、継続的に練習を続けていれば」
「進度」については、人それぞれ異なってはいても、
必ず、「上達」していけるのが、「ピアノ」
なんです。


幼少の頃から、「ピアノの才能を持って生まれて」いても、
途中で、「やめて」しまったら…、
ピアノの技術を「維持」できません。


過去に、「輝かしい栄光」を持っていたとしても、
「継続的な練習」をしなくなったら…、
その「輝き」を、保つことができないのです。



幼稚園や小学生の頃から、習い始める方が多い「ピアノ」ですが、
学年が上がってくるにつれて、お勉強も忙しくなり…、
受験という節目を契機に、ピアノをやめる、という選択をする場合も多々あります。


成長する過程で、「ピアノを続ける事が負担になる時期」に、
「一旦、ピアノはやめよう」という選択をする。

これは、ご本人の決断なら、仕方のない事です。

1日、24時間しかない中、ピアノの他にも、学校や塾での勉強、部活、その他…、
全ての事を完璧にこなす なんて事は、できなくなりますから…。



でも、ピアノを習っていた期間中に、
「ピアノが好き」「音楽が心の拠り所だ」
という気持ちが、ご本人の中に育まれていれば、
少し「時間にゆとりができた時」に、
「また、ピアノを弾きたい」という気持ちが、復活・再燃するものです。



一旦やめた後、長いブランクを経て、再び「ピアノ」に触れる時、
やはり、「やめた時」よりも「技術的には、少し劣る部分」も出てくるでしょう。

「以前は、もっと上手だったのに…」
そんな風に、ちょっぴり「落胆」してしまったり…。

でも、「習っていた期間中に、身につけたピアノの技術」は、
すべて「消滅」している訳ではありません!

はじめのうちは、「鈍く」なってしまった指の動きも、
あきらめずに、自主練習を続けていれば、また、よみがえってくるんです




実は…、私も、「ピアノ」から離れた時期がありました。
音大を卒業した後についた仕事は「事務職」
朝からフルタイムで働くと、どうしても、「ピアノの練習」を続けることが難しかったのです。
でも、やはり、「ピアノに戻りたい」と、その後、努力を重ねて…、
今は、すっかり「ピアノの先生」として復帰することができたのです!



継続は力なり

この言葉を、胸に刻んで、あきらめずに練習を続けましょう!

ブランクのある方だって、少し時間がかかっても、大丈夫!

ピアノは 「練習を続ける事」で、必ず上達しますから





只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/10/20(日) 08:10:00|
  2. ピアノを通して
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

演奏も「十人十色」♪

先週、連弾曲【明日の記憶】をお渡ししたCちゃん。

今回、「右手・全曲」を練習して来てくれました

そして 予想していた通り…、

「先生と合わせられる?」と。

早速、「連弾で弾きたい!」というご要望。

この生徒さんは、きっとそう言ってくるだろうなぁ…。

講師の私も、うかうかしていられません

「連弾の曲をお渡ししたら、いつでも 連弾できるように」
私も第2パートを、しっかりと練習して、準備を整えておかなければいけませんよね!

この日、何度か「連弾」で弾いたので、Cちゃんも、満足げなご様子でした


今回、Cちゃんにお渡しした曲は、
前回の発表会で、Mちゃんと一緒に演奏した曲です。

でも、当たり前の事ですが…、
同じ曲でも、演奏してくださる生徒さんが違うと、
出てくる音楽も 違った演奏 になりますよね。

作品の捉え方、フレーズの感じ方、表現の仕方…、
「元の曲」の 大枠は同じでも、「違う演奏」になる。



ピアノを習ったことのない方には、
「何言っているの?」とお感じになるといけないので…、

例えば、文学作品などを読んだとしても、同様の事が起こりますよね?

どこの部分に、感動するかも、人それぞれ。

読んだ後の感想も、人それぞれ。

「答えが1つ」の世界ではないんですよね



ピアノ・音楽も「答えが1つ」の世界ではありません。

同じ曲を、複数の人が弾くと…、決して「同じ演奏」にはなりません。

10人いたら、10通りの演奏 になるんです。

だからこそ、「演奏って面白い」のだと思っています

十人十色

【みんな違って、みんないい】のです。

「答えが1つではない世界」の探求をしていくと、「違う事が当たり前」になっていきます。

「人(自分以外の人)と違う事を認める事」
「自分自身のありのままの感覚を大切に育む事」

色々な「芸術」を学ぶ意味は、そういうところにもあるのかな?



自分が 自分らしくあるために、
他者を尊重し、認めていけるようになるためにも、

「芸術」を学ぶ事は、とても大切なんだろうなぁ…

と、私は信じています



まだ、習い始めて間もない幼少の生徒さんに、
「あなたにしか弾けない演奏をするのよ!」なんて事を求めるのは難しいですが…
何れは、「自分が、どう演奏したいのか」を、考えて演奏できるように、育っていってほしいなぁ…、
と、願っています





只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/10/17(木) 08:00:00|
  2. ピアノを通して
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

発表会・選曲~中間報告1

自宅 ピアノ教室の発表会は、来年の6月28日に開催予定です

習い始めて、数ヶ月の生徒さんについては、
もう少し、普段のレッスンで使用している教材の曲を進めてから選びたいと思っているので、未定ですが…、


今年の6月に出演してくださった生徒さんについては、
少しずつ、レッスンを開始しています。

≪連弾曲≫

【さんぽ(久石 譲)】
【君をのせて(久石 譲)】
【ビリーブ(杉本 竜一)】
【星に願いを(Harline)】
【マイガール(多田 慎也)】
【明日の記憶(平 義隆)】
【エレガントなワルツ(Glenda Austin)】



≪ソロ≫

【ドレミの歌】
【トルコ行進曲(ベートーヴェン)】【クシコスポスト(ネッケ)】
【お人形の夢と目覚め(オースティン)】
【シャコンヌ】【モンスター】
【チャルダッシュ・ラプソディ】【メヌエット(パデレフスキー)】
【ワルツ 遺作 ホ短調(ショパン)】【英雄ポロネーズ(ショパン)】


ソロの曲については、まだ、お渡ししていない、
「まずは1曲から」レッスンしている生徒さん、
次回以降、2曲目をお渡しする生徒さん等もいます。

学年の高い生徒さんから、早めにレッスンを開始しているところです。



現時点の選曲状況ですので、レッスンしていく中で、
「やはり、変更した方がいいかな?」
と、思う生徒さんも出てくるかもしれません…。
それは、やってみないとわからない事なので、
先ずは、選んだ曲をレッスンしていく予定です


連弾の第2パートは、全て私が担当します。

【お気に入りの連弾曲】をもらった生徒さんが、
一気に練習して持ってくるかもしれませんので…

私も、うかうかしていられません
 
そろそろ、私も、こちらの練習も始めないといけませんよね

生徒さんも、講師の私も、発表会に向けての練習が始まっています

普段練習している曲よりも難しい曲を、1曲ずつ仕上げて、
本番、出演者の皆様が、笑顔になれるように…
これからも、練習、頑張ってくださいね




只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/10/15(火) 08:00:00|
  2. 発表会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「1年後」に叶った夢♪

勤務先の音楽教室の発表会は、来年の4月5日に開催予定

前回の発表会にも出演してくださった小2の女の子のAちゃん。

前回の発表会では、
この生徒さんの連弾曲が【手のひらを太陽に】
ソロが、【ミッキーマウスマーチ】【小さな世界】でした。

来年の発表会を目標に、今、頑張って練習してきてくれています

まずは、ソロの1曲【チクタク時計(ツェル二―)】をお渡ししましたが、
とても意欲的に練習してきてくれているので、
今では、もう「両手で全曲」弾けるようになっています。

という事で、今度は、連弾曲【さんぽ】を選んで、前回のレッスンの時にお渡ししました。

ご本人も「【さんぽ】だ!私この曲、弾きたい曲だったの!」と言ってくださって、本当によかったです

初見で、メロディーラインを弾けたので、この曲もきっと大丈夫

「後は、ソロのもう1曲を何にしようかな…」

そういえば、この生徒ちゃんの「憧れの曲」は、確か、【マル・マル・モリ・モリ】

家にある楽譜をチェックして、
「今度の発表会でなら、この曲、大丈夫そう!」


実は…、前回の選曲の時に、お母様が、
「【マル・マル・モリ・モリ】が、自宅の電子ピアノに入っていて、
この子が気に入っていて、いつも楽しそうに聴いているんですけれど、
【マル・マル・モリ・モリ】とかでは、無理ですか?」

と、お話があったのです。

ピアノを習い始めて1年程だった、昨年の今頃、
ご本人の「大好きな曲」=【マル・マル・モリ・モリ】は、少し、難しい曲でした

「もう少し、実力をつけてから、演奏しようねと言って、
「憧れの曲は、将来のお楽しみ」にして、先延ばしにさせてもらっていました。



「憧れの曲」は、その時点の「本人の実力」では、「達成困難」な場合が往々にしてあります。

もちろん「大好きな憧れの曲」は、本人の「練習意欲」を高める上で、
とても効果的な場合もありますが…、
あまりの「難しさ」で、途中で挫折してしまって、
「大好きだった曲」が、「嫌いな曲」になってしまうことだって、無きにしも非ず…

「大好きな曲・憧れの曲」だからと言って、
「簡単に、その曲を渡す」というわけにはいかないんですよね。

という訳で、前回は、「ガマン」させていたのでした。



でも、このAちゃんは、1年後の発表会で、
大好きな【マル・マル・モリ・モリ】を発表会の曲としてレッスンすることが決まりました

前回の3月の発表会の後も、「普段の練習」をコツコツと頑張ってきたからこそ、
今度の発表会では、「晴れて、憧れの曲をレッスンすることになった」のです。




「自分が、ピアノでどれ程上達しているのか?」

という事は、普段、中々、気付きにくいものですが…、

「1年前の発表会では、難しくて弾けなかった曲が、
1年後の発表会では、レッスンして弾けるようになる

これこそが、「ピアノが上達した」という1つの証明ですよね!



日々の努力を続けていたからそこ、「憧れの曲」を手にする事になったAちゃん。

次回から、【マル・マル・モリ・モリ】のレッスンが始まります


自分が「努力したからこそ、憧れの曲をもらうことができた」

本当に、素晴らしいですよね


Aちゃん、自信を持って、これからも、練習を続けて頑張ってね







只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/10/13(日) 15:20:00|
  2. 発表会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「念願の曲」をもらって♪

前回のレッスンで 発表会用のソロの曲 【メヌエット(パデレフスキー)】が1曲加わったCちゃん。

レッスン室に入るなり

「先生、メヌエット、弾いて!」とのご要望。

「えっ、私が弾くの?」

「うん」

という事で、【メヌエット】を 私が演奏

このCちゃんは、以前から、「曲を“聴く事”で、イメージをつくりたい派」の生徒さんです。

私も、新しい曲に挑戦する時は、色々なピアニストのCDを聴いて、
「曲のイメージ」を感じながら練習するタイプなので、Cちゃんの気持ち、よくわかります。

私の演奏が終わった後、いよいよ、Cちゃんのレッスンです

「今度は、Cちゃんの弾く番だね~。右手からやってみようね!」

前回、初めてこの曲をお渡しして、
「新しい記号の ターン 」が出てきて、その「弾き方」を学んでいたので、
今回は、「ド」の音についた「ターン」の記号で
「ドレドシド」と練習してきてくれました

「新しい記号」の意味がわかって、それを音にできて、よかったです

今回は、右手を1ページほど宿題を増やし、左手も、少し、宿題を出しました。



もう1曲の【チャルダッシュ・ラプソディー】も、右手のレッスンから。

このCちゃんは、「右手」のレッスンの時に
「講師の私が、右手の同じ音」で弾くよりも
「左手のパートを、弾いてほしい」と思う子なんです。

確かに、その方が、より音楽的に響きますからね~

そして、「あぁ、私、ここの部分が好きなんだよと、
時々、「お気に入りの部分」の音楽に浸って、練習しています。

今回は、「左手」も宿題を加えました。


 
このCちゃん。小学校6年生ですが…、
前回の発表会で、同じ学年(学校は別です)のMちゃんが、
「嵐」が好きなので、発表会で「嵐」の曲を演奏したのでしたが…、

その発表会で Mちゃんの演奏(嵐の曲)を聴いた Cちゃん。

「私も、嵐が好きなの! 嵐の曲 私も弾きたい!」とのご要望が…!

6年生位って、テレビ等で活躍しているアイドルグループが好きなお年頃なんですね

という事で、Mちゃんが 今年(6月)に弾いた「連弾曲」
嵐の【明日の記憶】という曲を、
Cちゃんが、次回の発表会で、連弾で演奏することが決定しました



この日のレッスン、ソロの曲のレッスンをしている最中も、
「嵐の曲 弾きたいなぁ…と、何度も「アピール」してきましたが、

「まず、ソロの曲をやってから だよね!」

2曲のレッスンが一通り終わった後で、この楽譜をお渡しすると…、
本当に「大喜び」してくださいました!


「私、嵐の二宮君が好きなんだよ、この曲は、二宮君がメインボーカルだった曲なの

「二宮君って、日産のノート のCMに出ているよね?」

「そうそう!」

私は、世事に疎い 方なので…、 

今、巷で活躍しているアイドルグループのメンバーの顔と名前が一致しなかったり…、
AKB48 等、 大人数のグル―プについては、もう、さっぱり、誰が誰だかわかりません
ファンの皆様、ゴメンなさい

さすがに、「嵐」については、ようやく、「顔」と「名前」が一致するようになりました。



でも、こんなに「世事に疎い」私でも…、

「楽譜」があれば、全く聴いた事のない、はじめての曲でも、
「どんな曲なのか」がわかるんですよね。

ピアノを習って、「自分が弾きたい曲を、楽譜を見れば弾けるようになる」

この技術が身につくと、何れ、「ピアノ」をやめた後も、
「楽譜を見れば、弾ける」んですよね。

何れは、私の手元から巣立っていく生徒さん達。

習っている間に、「楽譜を見れば、ピアノで音楽が奏でられる」
そういう技術を身につけていただきたいです。

そうすれば、ピアノを辞めた後も「ピアノとお友達」でいられますからね!

「ピアノの楽しみ方」って、色々あると思いますが、
人に強制されて、「やりなさい!」と言われても、
中々、「練習しよう!」という気分になりませんが…、

自分が「この曲を弾きたい!」と思う曲なら、
ちょっと難しい曲でも、「挑戦してみよう!」という気持ちになれるものです。


「大好きな曲」なら、普段、頑張っている生徒さんも、
「今まで以上に、楽しみながら、練習してきてくれる」と思うと、私も、楽しみです。


念願の「嵐」の曲をレッスンすることになったCちゃん。

お帰りのご挨拶の時も、もう「ニコニコ笑顔」で、
本当に「弾きたかった曲」だったのでしょうね!

ソロの曲も併せて、これからも、練習、がんばってね!!





只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/10/10(木) 08:00:00|
  2. レッスンでの出来事
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

打ち込めるもの♪

今日は、グランドピアノの調律をしていただきました。
このお家にお引越しをして以来、「弦が切れる」状態が続き
「ピアノ調律」としてお願いするのは、本当に久しぶりです!

練習している最中に、「ピアノの弦が切れる」という現象は、
弾いていて「あっ!!」と、ドキッとします

普通に、当たり前に「定期的に調律してもらえる」という事も、
本当に「幸せ」なんだなぁ、と、感じられるようになりました

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

先週の土曜日、フィギュアスケートの浅田真央ちゃん、自己ベストを更新する高得点。
浅田真央選手には、人々を惹きつける「魅力」がありますよね。
私が「一番大好きな」スケート選手の真央ちゃん

小学生の頃からの夢「オリンピックで金メダルをとりたい!」という強い想い、
来年のソチオリンピックで、念願が叶いますように…。

1ファンとして、本当に応援しています


小学生のころから「天才少女」として脚光を浴びて、今まで、第一線で活躍し続けるために、
他人にはわからない苦労・努力を積み重ねてきたのだろうなぁ…。

はじめて、【世界1】になって、その次のオリンピックでは、
「年齢制限」で、出場資格がなくて、
この年に「もしもオリンピックに出場できていたら…」、
なんて、ちょっと想像してしまったりします。

でも、そんな境遇でも「バンクーバーオリンピックを目指して頑張ります」と、
明るく語った真央ちゃんも、本当に素敵だな~。

すんなりと叶わないからこそ、「オリンピック」という特別の大会に、強い想いを抱くのでしょうね。


そして「はじめてのオリンピックの挑戦」では、惜しくも2位


どの選手も、皆さん、努力して頑張っている中で、
私は、真央ちゃんの健気な姿勢、
ただひたすらに「スケートを一途に」頑張っている姿に、強く心惹かれます


1ファンとして、彼女のスケートで演技する姿を見続ける中で、
大きな困難にも、負けずに立ち向かっていく彼女の姿に、
見ている私たちの方が、「頑張らなくちゃ!」という気持ちになって、
「勇気」をいただけた、と、感じています


努力しても努力しても、中々「報われない時期」があったり、
自分が「既に持っているもの」だけではなく、
まだ「目覚めていない部分」を覚醒・開花させようと、
「新しい技術・可能性」を獲得するための たゆまぬ努力を続けている姿…。


フィギュアスケート と ピアノ、
ジャンルは違っても、「共通する部分」がたくさんあるんですよね。


ピアノも、練習しても練習しても、中々技術的に上達できなかったり…、

作品を演奏する上で、必要な表現力も…。

演奏者自身の中に「すでに獲得しているもの」で弾ける曲と、
今の自分の心の中に「目覚めてないもの」を「目覚めさせる努力」
心の中をどんなに覗いても、「ないもの」で、演奏しなければならない時の不甲斐なさ。


こういう経験をしていくことは、「人間としての成長」を促すと思います。



「天才」と言われる人も、実は、「本当に、ものすごい努力家」なんだな、と。

「持って生まれた才能」も、もちろん大切なのでしょう。
でも、結局、「良い素材」を持っていても、
その後の「努力」なしには、光り輝く事はできないんだなぁ…、と感じます


そして、今年の初戦で、見事に自己ベストを更新した真央ちゃん。
辛い時期を乗り越えて、苦しい練習に耐え続けて、
それでも「諦めずに夢に向かって努力する」

フィギュアスケートを観戦する1ファンとして、
真央ちゃんの「スケート選手」としての成長、
「人間」としての成長を見てきたんだな、と思っています。


フィギュアスケートの選手が感じるであろう「心の葛藤」

苦しい事・思い悩む事・辛い経験をしている「渦中」にある時は、
本当に辛く、逃げ出したくなる気持ちになってしまいますが、
でも、諦めずに、投げ出さずに踏ん張って、
その中で、自分なりに、悩み、苦しんだ後に「自分なりの答え」を見つけていける。

辛い経験も、その「答え」を見出すための過程だったのだ、と気付く



そういう経験をたくさん重ねることができるという事自体、
「1段上のステージ」に登れる、レベルアップしていける事なんですよね。きっと


本当に、色々な辛い事、たくさんあったんだろうなぁ…
真央ちゃんのあの華奢な身体の中に、秘めた情熱があるからこそ、
乗り越えて、学んで、今の自分を獲得してきたんだと思うと、
年下の可愛らしい真央ちゃんを、心から尊敬してしまいます。



とても大変だけれど…、
「打ち込めるもの」があるという事は、とても幸せな事でもあります。


私の場合、それは「ピアノ」

1つの事を長く続けていく中で、学べる事は、
ただ単に「技術の向上」だけではなく、
学ぶ過程で経験する、辛い事、苦しい事を「乗り越えていける力」を身につけられた
と思っています。



人それぞれ「打ち込めるもの」は、違います。

でも、打ち込めるものがある、という事は、
それを続ける事で、自分自身を成長させていくことができますし、
何より、「生き甲斐」がある事は、人間として、とても幸せですよね


苦労して「手に入れたもの」は、簡単に「手放したい」とは思いません。
苦労して「手に入れた」からこそ、「一生、大切にしていきたい」と思うもの、
そういうものに出会うために、みんな、頑張って生きているんだろうな…、
と感じています



自分とは「別の人の人生」を応援する中で、見えてくるもの。

応援する事で「結局は、自分の人生も改めて見つめ直すきっかけ」をいただいたんだなぁ、
と思っています。



直接の知り合いではなくても、こうやって、
多くの人々に感動を与えて、生きていく「勇気」をもらっているんですね

人は「1人」では生きていないんだなぁ…、と、感じています

真央ちゃん、ありがとう。
そして、今まで、私を育ててくださった、全ての多くの皆様にも、
ありがとうございます




只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/10/08(火) 10:25:00|
  2. 講師のひとり言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「新しいリズム」とも仲良くね♪

先週の土曜日に、保育園の運動会だった5歳のYくん。

昨日、レッスンの時に、

「運動会、雨、大丈夫でしたか?」とお尋ねしましたら、

「保育園の運動会は、お昼までで終わったので、雨に当たらずにすみました!」

との事で、本当によかったです!

Yくん、運動もお得意のようで、ママと一緒に参加した親子競技でも 全て 1位

すごいなぁ~

私は、運動はニガテでしたので…、運動会などでは、ほとんど「最下位」ばかりでした

だから、「運動のお得意な方」に対しては、素直に「すごいなぁ~」って思うんです。

実は私、 「得意・不得意、あってもいいや!」 と考えている方なので、
ある意味「自分が運動ができない事に、ちょっとした“誇り”さえ抱いたりしている超ウルトラマイペース人間」なのです

運動競技が「ビリ」でも、
自分の足で歩けるし、ピアノも練習できるし、不自由を感じた事はありません。 
私は、それで十分「幸せ」なのです

天は二物を与えず

って言いますから…ね

不得意なものがあるという事も、人間、ある意味「必要な事」なんです。



このYくん。入会して3ヶ月後に開催された今年6月の発表会にも出演してくださいました。

ピアノランド2巻
ピアノの森1巻
はじめてのギロック
ピアノランド楽しいテクニック上

今は、上記の教材をレッスン中です

ピアノランド2巻の【うんどうかい】という曲は、
付点のリズム(付点8分音符と16分音符) の 新しいリズム が出てきます。


この付点のリズムは、まだ習い始めて間もない生徒さんにとっては「難しいリズム

でも、ピアノランドでは、生徒さん自身のパートでは、まだ習っていないリズムでも、
先生のパートの「伴奏」と合わせながらレッスンできる教材なので、
先生のパートの中に、「付点のリズム」は、
実は、随分前から「聴いて」育っているわけなのです


ピアノランド2巻の 5番目の曲ですが…、

「この【うんどうかい】の曲の付点のリズムが、ちょっと難しいから、後から練習しようね!」

と言って、先に 6番の曲を練習してもらっていたのですが…、


いつも 頑張って練習してきてくれる Yくんにも、
「そろそろ“発表会に向けての曲”を、選んであげようかな…」と考える中で、

この「付点のリズム」をレッスンしておけば、選曲の幅が広がるのよねぇ…


という事で、【うんどうかい】の曲の右手を、

「リズムのボール」に例えて、
○の大きさで(長い音価の音符は大きな○・短い音価の音符は小さな○)、
「視覚的に大きさの違う○」を使って、「感覚的に理解させる」という形で、
今回、一緒に弾いてもらったら…、

弾けました!

なので、右手だけ、宿題にしてみました。



「大人」になってから習い始めると、「理論」というか、「頭」でわかってから「弾く」
という形の方が「教えやすい」部分もありますが、
子供の場合、「理論」より先に「感覚」を育てる事を先に…、という指導方法が、
かなり「有効」なんだろうなぁ、と、感じています。
本当に「ピアノランド」は、よくできた教材だなぁ…、と、改めて実感しています。



それで、この「付点のリズム」に慣れてくれれば、
「発表会の曲」でも、「付点のリズムの使われている曲」を選ぶことができます。



Yくんに、「この付点のリズムができると、ミッキーマウスマーチとかも弾けるかも…」

と、お話ししたところ、

「ジブリの作品が好きなのでという「弾きたい曲のご希望」を聴くことができました

Yくんのお家には「トトロのぬいぐるみ」があるそうです!

ナルホド。ジブリですね



となりのトトロ の 【さんぽ】 この曲に挑戦してもらおうかな

「歩こう、歩こう、私は元気~…」という歌詞の 元気いっぱいの曲です!

小学校低学年位までの多くの生徒さんに、「人気の曲



ほとんどの生徒さんは、まず「ソロの曲1曲」を先にお渡ししてレッスンしていますが、

Yくんについては、「連弾の曲」で、【さんぽ】をレッスンしてみて、

普段使っている教材よりも「ちょっと難しい曲」を弾く事に「抵抗感」がなければ、
ソロの曲も、自信を持って練習できるかな?


しばらく、「連弾の曲【さんぽ】」のレッスンをしてみたいと思っています。


ちょっと「難しい曲」だと思いますが…、
「大好きな、トトロの中に出てくる曲~【さんぽ】」

普段のレッスンも並行して続けながら、
少しずつ、発表会に向けての準備も始めようと思っています。

発表会の曲は、生徒さん自身の「今」の実力よりも少し「高い、難しい曲」で、
ちょっと「先取り」して、レッスンすることが多いです。

そんな「一足先に取り組んでもらう発表会用の曲」は、
できれば「本人が“弾きたい!!”と思う曲」を選んであげたいんですよね。

ちょっと「背伸び」をさせてしまう事になりますが…、
「大好きな曲だから頑張れる」ものなんです。

来週から、Yくんも、「発表会に向けての曲」も加わります!

Yくん、これからも、ピアノの練習、頑張ってね



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/10/06(日) 08:00:00|
  2. レッスンでの出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「新しい記号」の出現!

小6のCちゃん。

発表会用の曲【チャルダッシュ・ラプソディ】
まだ、渡して日も浅いですが、右手については、ほぼ弾けるようになってきたので、
「左手の練習を頑張ってやってね!」と、宿題を出したところです



前回のレッスンの時に、もう1曲のソロの曲を弾いて聴かせてみました。

【メヌエット(パデレフスキー)】

この曲は、私も子供のころに、発表会で演奏したことのある「思い出深い曲」でもあります。

ページ数も多く、∽(ターン)の新しい記号が出てきたりで、
Cちゃんにとっては「未知のものを含む、難しい曲」です。

「Cちゃんの発表会の曲、もう1曲、この曲にしようと思ってね…」

と、弾き始めると

「え~! こんな難しいの弾けないよ!!」 と。

「大丈夫だよ、まだ時間はたっぷりあるんだし、
Cちゃんならきっと弾ける、と思って選んだんだから


この曲には、新しい記号の ∽(ターン) 1小節目から登場します!

ここの部分を私が弾いて聴かせると…、

「今の音、何だったの?」 と。

3拍目の 「ド」 の音の上に書かれている この記号 ∽(ターン)がつくと

行って戻る感じで、「ドレドシド」 と弾きます。

慣れてしまえば、どうってことないのですが、

何と言っても 「はじめて見る記号」

それだけで、「ひぇ~~~、難しい!! となったのですが…、

実際に「右手のレッスン」をはじめて、その部分を弾いてもらうと、

大丈夫、弾けました!!

という事で、初見でいきなり「右手」の宿題を出しました。
もちろん、今回は、それ程「たくさんの量」は宿題にしていませんョ



【新しい記号】 が出てくると、

「え、何? これ???」となりますが、

実際に弾いてみると、
「あら、まぁ、こんな風に弾くってことなのね」とわかれば、
「未知のもの」から「知っているもの」に変わります。

「わからなかった事」が「わかる」という事、

それが「習っている」っていう事のなんですよね!



新しい 「奏法」 「記号」 …
ピアノを習うと、次々と出てきます。

最初は「何! これ??」と思いますが…、
実際に音を出してみると
「そういう事だったんだと、納得して、弾けるようになる。

そうやって、1つ1つ、新しい事を学んで、ピアノを弾けるようになっていくのですよね!

まだまだ「未知の記号」が、これからも出てくるでしょう!

でも、大丈夫!!

弾き方は、先生に教わればいいんですから



ピアノを習い始めたばかりの生徒さんにとっては「未知のもの」だらけ。

それでも、毎週、レッスンに通って来て、レッスンをしていけば、
3ヶ月、半年、1年…と、続けていく事で、
「弾ける曲のレパートリー」も段々と増えて、
「弾けるようになってきているんだな」と実感できるものです。

「自分は、本当にピアノが上達しているのか?」 って、
普段、練習していても、中々、実感できないものですが…、
今と、3か月前とを比べてみると、
今と、半年前を比べてみると、
今と、1年前を比べてみると、
確実に「上達している自分」を実感できます。

1年前の「発表会の曲」とを比べてみると、
やはり「上達している自分」に気付くはず

時々、こんな風に、過去の自分との比較をしてみることで、
「自分が、上達した事」を確認しながらレッスンしていけば、
「段々、上手になっているんだな」と、
自信を持って、ピアノの練習に取り組めると思います



そして、ご本人が「この曲、いつかきっと弾いてみたい」という「憧れの曲」に、
「1歩1歩近付いているんだ」と感じながら、希望を持ってレッスンしていきましょう

「難しい」と感じてしまう「未知の世界」についても、
レッスンすれば、「知っている」「わかる」って、なるんですよ~

生徒の皆さん、「憧れの曲」を弾くために
これからも、ピアノの練習、一緒に頑張りましょうね



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/10/03(木) 08:00:00|
  2. ピアノを通して
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの「月曜日」のレッスン♪

今日から10月。今年も後3ヶ月ですね!

昨日は月曜日で、出張レッスン日でした

小学校2年生と6年生の姉妹さんのご自宅へ伺ってレッスンしています

9月は、前回・前々回の月曜日が「祝日」だったので、
3週間ぶりのレッスン日です。

この生徒さんの小学校の運動会は、9月28日(土)だったので、
30日(月)は、運動会の代休だったそうです。

「茂原は、この日、お昼過ぎ頃から雨が降ったんですけれど、大丈夫でしたか?」
とお尋ねしてみると、

「こっちは、雨は降らなくて、涼しくて、運動会日よりでしたよ!」との事。

同じ千葉県でも、雨が降ったのは、ごく狭い地域だったのでしょうね

お二人の組は、残念ながら負けてしまったようですが…、
勝ち負けではなく、楽しい思い出を刻む事ができたご様子でした。
妹ちゃんは、徒競争で、1位だったそうです


11月18日(月)に、私が「受講したいセミナー」があったので、
メールで、別の日に代講の打診をした際に、
偶然にも「学校の振り替え休日で、子供会のバス旅行で帰宅が遅くなる日」で、
円満に「レッスン日変更」ができたのですが、

10月~12月までの3ヶ月分の「レッスン予定カレンダー」をお渡しする際に、
「先生は、きっと、そのセミナーを受ける運命だったんですね」
と、おっしゃってくださって、本当によかったです

お二人のママさんは、ご自身もピアノを小さい頃から習っていて、
「ピアノが、ずっと続けられる趣味になってほしい」と願っていらっしゃいます。
ご家庭でも「温かい目で、お二人のピアノ人生を見守ってくださる」
とても素晴らしい家庭環境だと思います

いつも、発表会の時にも「アナウンスのお手伝い」をしてくださって、
スタッフの手が不足している「発表会の裏方のお手伝い」をしてくださる保護者の方のお一人なのです。
本当に、いつもご協力してくださるこのママさんには、心から感謝しています



普段なら、ご帰宅の早い、妹ちゃんから先にレッスンしていますが、
学校が代休だったこの日は、お姉ちゃん⇒妹ちゃん の順番でのレッスン

ピアノランド
こどものポリフォニー
ブルグミュラー25番
トンプソン

と、普段練習している教材をレッスンした後に、
前回の時にお渡しした【発表会用の曲】「シャコンヌ」の右手のレッスン。

「宿題」の部分は、しっかりと、よくできていたので、少し先まで進みました。
同じところまでの「左手」をやるか、
「右手」を全部やってから、「左手」をやるかを、ご本人に選択していただき、
先に「右手」をやることになりました。




お姉ちゃんのレッスン後、引き続き、妹ちゃんのレッスン。

トンプソン
初めてのギロック
ピアノの森
ピアノランド

【発表会用の曲】は、「トルコ行進曲(ベートーヴェン)」

この曲は、前回の発表会で弾いてもらおうかな?と思ったのですが、
ちょっと大変そうだったので、途中で曲目を変更したので、
来年の発表会の時に演奏してもらう事になっていました。

「宿題」は、「右手」全曲。以前、途中までレッスンした曲なので、
とてもよく弾けていました!
「左手」も、宿題を増やしました。



レッスンを終えて、帰り際に、
「先生、これ、少ないですけれど、よかったらお召し上がりください」
と、おじいちゃんのご親戚の方からいつも贈ってくださる「お米」
今年も、お裾分けしていただきました!

こういう「さりげないお心配り」をしていただくのって、とても嬉しいものですよね。

毎年、美味しいお米、ありがとうございます




お二人とも、ソロの1曲は、この曲で大丈夫そうです。

ソロのもう1曲と、連弾の曲も、決めないといけませんね。

「この曲、○○ちゃんにどうかな?」と、
生徒さんの顔を思い浮かべながら考える選曲の作業。
大変ですが、楽しい時間でもあります。

芸術の秋、ピアノに向かえる時間が増える中、
来年の「発表会の構想」を想い描きはじめています。

発表会当日、参加する生徒の皆さんが「笑顔」になれるように…、
私も、頑張ります



只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

  1. 2013/10/01(火) 08:15:00|
  2. レッスンでの出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

chihiropiano

Author:chihiropiano
このたびは、ブログ【ピアノと共に♪ 美し音楽を求めて♪】にお立ち寄りいただき、ありがとうございました!

音楽が大好きで、長年、ピアノを専門に学び、今、千葉県茂原市でピアノ講師をしています♪

縁あって私のもとでピアノを習いに来てくださっている生徒の皆さんにも、ピアノ音楽の素晴らしさを伝えていきたいと考えています。

自分の心の中にある「理想的な演奏」を再現することは至難の業ですが、演奏できる場で、少しでも想い描く理想の演奏に近づけるべく、日々練習を重ねています。

ピアノを練習する時間は、「音楽からの贈り物を享受できる至福の時間」です。ピアノを演奏できることに感謝して、これからもピアノと共に素晴らしい時間を過ごしていきたいと考えています♪

水瓶座・B型:
  独特な感性の持ち主?

好きな色:ピンク

好きな作曲家:
   ショパン
   リスト
   モーツァルト



♪ Tutti ピアノ教室 ♪ の詳細については、下記の【ホームページ】をご参照くださいませ♪ 

【♪ Tutti ピアノ教室 ♪】
 
  【ホームページ】

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
講師演奏・動画 (19)
発表会 (113)
グレードテスト (12)
演奏に関する私見 (12)
レッスンの特徴 (18)
レッスンでの出来事 (74)
レッスン風景 (3)
体験レッスン&レッスン風景 (27)
大人の生徒さん (19)
生徒さんとの関わり方 (13)
音楽全般 (29)
学び・気付き・感動 (26)
セミナー (12)
講師のひとり言 (93)
私の歩み~過去を振り返って (6)
ピアノを通して (83)
佛教から学ぶ事 (20)
ピアノ教室・施設紹介 (58)
お知らせ (12)
千裕先生のレッスン (8)
発表会・演奏動画(連弾) (15)
発表会・演奏動画(生徒ソロ) (22)

☆ ホームページ ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪

【ホームページ☆お店のミカタ】

ご関心のおありの方は、ご高覧いただければ幸いです♪

☆ お問合せフォーム① ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪
【お問合せフォーム①】
【体験レッスン申込用・fc2】

【体験レッスン】をご希望の方は、こちらの【お問合せフォーム①】からお申込みください♪ 現在、空き時間が少なくなってきています。ご希望の曜日・時間帯によっては、体験レッスンを実施できない場合もございますが、その折は、悪しからず、ご容赦願います。

☆ お問合せフォーム② ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪
【お問合せフォーム②・fc2】
【ご質問・お問合せ用】

【ご質問・お問合せ】については、【お問合せフォーム②】からお問合せくださいませ♪

☆ メールフォーム③ ☆

【メールフォーム③・fc2】

この【ブログ】をご高覧いただいての【ご感想など】については、こちらのメールフォームからどうぞ♪

☆ Tutti ピアノ教室 ♪ ご案内 ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪

ピアノ教室.COM

Music Square.jp

【音楽教室検索サイト】☆リンク☆

☆ facebookバナー ☆

Chihiro Takahoso


Tutti ピアノ教室

☆ 演奏動画 ☆

発表会での講師演奏です♪

華麗なロンド Op.62
(ウェーバー)

スケルツォ 第2番 Op.31
(F.ショパン)

3つの演奏会用練習曲よりⅢため息
(F.リスト)

バラード 第3番 Op.47
(F.ショパン)

幻想即興曲 Op.66 (F.ショパン)
ラ・カンパネラ (F.リスト)
①きらきら星変奏曲 K.265
(W.A.モーツァルト)

②きらきら星変奏曲 K.265
(W.A.モーツァルト)

超絶技巧練習曲 第10番
(F.リスト)

ソナタK.330 第1楽章
(W.A.モーツァルト)

ノクターンOp.27-2(F.ショパン)
月の光(C.ドビュッシー)
ロンドK.485(W.A.モーツァルト)
バラード 第1番 Op.23
(F.ショパン)

アラベスク第1番(C.ドビュッシー)
ソナタK.333 第1楽章
(W.A.モーツァルト)

ノクターンOp.9-2(F.ショパン)
ラ・カンパネラ(F.リスト)

ご関心がございましたら、どうぞお聴きください♪

リンク

このブログをリンクに追加する

☆ お友達ブログ ☆

【facebook】お友達のピアノ講師の先生方のブログ集♪

【磯山久理ピアノ教室】
【Piano Diary~ようこピアノ教室】
【鈴木直美ピアノコラム】
【白石ピアノ教室『頑張ってる通信』】
【いつも心に音楽をくちびるに歌を♪】
【荒井千裕*ピアノの音の綴り方】
【香港発ピアニスト/ピアノ講師*音の綴り方(荒井千裕)】
【保科陽子 近況ご報告】
【コーチングレッスン(保科陽子)】
【せとピアノ教室(瀬戸喜美子)】
【どれみスタジオ(遠藤 操)】
【しょうこ先生の日々。(益子祥子)】
【ワクワクピアノレッスン(大石富子)】
【ピアノ脱力法メソッド(大嶋聡子)】
【大竹道哉・日々雑感】
【想い出の樹(中嶋恵美子)】
【やすこ先生の日記帳(荒木安子)】
【ピアノの音色(愛野由美子)】
【山口県下関市・little-Note Piano Studio(神野由香)】
【音楽センスを~(山本美芽)】
【Piano Room(藤代のりこ)】
【俺達の遺伝子(沖田大佑)】
【いのうえピアノ教室・トピックス】
【みさきピアノ教室(千葉美咲)】
【アルモーニア教室(高野芳美)】
【ゆきえせんせい(矢内幸恵)】
【今時のピアノの先生(石嶺尚江)】
【優しい風(大原由紀)
【楕円は踊る♪(緒方ヤヨイ)】
【未来輝くピアノレッスン&コーチング♪(林 美紀)】
【ぴあのすく~る(中塚三貴子)】
【茉音's Diary Sweet Harmony(若谷茉音)】
【キティのお部屋(キティ先生♡)】
【チッペンデール(冨永雅子)】
【中川純子ピアノ教室】
【Life with Klavier(大西由佳)】
【すくすくミュージック(信定千尋)】
【寺坂亜紀音楽教室】
【ミュージックサロン(望月 和)】
【取手市もみの木のうた(坂上明子)】
【美音・音もだち(佐藤 美和)】


【ブログ】には書いている方の個性が表れます♪ 素敵な先生方のブログ、ご関心がございましたら、是非、ご高覧ください♪

☆ お気に入りブログ ☆

過去に“コメント”を残した事のあるブログ集♪

☆【しんわのばら日記】☆
☆【仏の赤川塾】2011.8.8☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

只今、ランキングに参加中です。 皆様からの【クリック】が【大きな力】になります♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ



趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

皆様の【1クリック】が【大きな力】となります♪ 温かい【応援クリック】どうぞよろしくお願いします♪

アクセスランキング

音楽

[ジャンルランキング]
音楽
1081位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
36位
アクセスランキングを見る>>

ピアノ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

下記のQRコードを携帯電話で読み取り、アクセスしてください♪

QR

RSSリンクの表示

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: