ピアノと共に♪  美しい音楽を求めて♪

「より美しい音楽を奏でたい♪」という想いを抱きながら、日々レッスンに取り組んでいます。ピアノ・音楽をテーマに綴るピアノ講師の日記です♪

保科陽子先生のセミナーを受講して~【3】効果的な学習スタイル

保科先生のセミナーを受講して学んだことのブログ記事、第3弾は、

それぞれの【優位感覚】の≪効果的な学習スタイル≫について

前回のブログ【優位感覚を知る】で、ご自身の【優位感覚】は、ご確認いただけましたか?

どの【優位感覚】かによって、「得意」「不得意」があって、
「効果的な学習方法」があるようですよ。

今回も、セミナーでいただいた資料から、ご紹介させていただきます。


【視覚優位の人

《効果的な学習方方法例》
・スライド・イラスト・チャート・フラッシュカード・マインドマップを効果的に使うとよい
・蛍光ペン、3色ボールペンなどで、楽譜を色分けする
・言葉だけの説明だと理解しにくいので、情景を説明する
・気持ちがあちこちに飛びやすいので、大切なことは「メモ」に書く
・スケジュールや全体イメージも、目で見てわかる形にするとやる気が出る
・歴史上の事実や言葉のつづりは、イメージ化して覚える
・「どんなイメージ?」と聞くと、答えやすい

《音楽系・効果的な学習方法例》
♪ 演奏を深める時は、模範演奏を見たり、VTRを見て学ぶと効果的
♪ 楽譜に図や絵を描いてあげると、画像として記憶に残る
♪ 曲を映像として見せる
♪ タイトルから浮かぶイメージを引き出し、映像化する
♪ このフレーズはその演奏のどの部分なのか、この音はその絵のどんな部分をあらわしているのか具体化させる
♪ 「綺麗な音」と子供が言ったら、どんな絵が見えるのかイメージを持って綺麗な音へと結びつけていく
♪ 先生が弾く「手の動き」を見て真似できる
♪ 周りが気になって集中できないことがある(まわりを少し暗くする。目をつぶるなど)




【聴感覚優位の人

《効果的な学習方法例》
・騒音が苦手。静かな環境を整える
・聴いて学習することが得意なので、授業・講義・録音テープ・CD等を活用
・学んだことは、友人と一緒に話しながら覚えると理解が深まる
・音読学習が効果的
・リスニング
・速聴
・テープ学習
・何かを教える場合には、考えるので、考えさせた方がよい
・できるだけ論理的に説明すると、納得する
・納得しないと進まないので、1つ1つ説明した方がよい

《音楽系・効果的な学習方法例》
♪ 演奏のデモンストレーションを聴かせる
♪ 「音が大きく聴こえました」「きれいに粒がそろって聴こえてきました」などと、聴こえた事を忠実に伝える(視覚や感じに訴えても反応しにくい)
♪ 暗譜はステップごとに順番に記憶する。途中からは苦手。
♪ 読譜は、声に出して歌ったり、演奏したものをテープで聴くと頭に入りやすい




【言語感覚優位の人

《効果的な学習方法例》
・学んだ事を誰かと話し合うことにより理解が深まる
・規制の資料でまとめるよりも自分なりのまとめ方をする方がよい
・ほかの事とリンクさせて記憶する
・わからない言葉は、辞書を引くことで学習欲が増す。意味がわからなかったり、つじつまが合わないと意識がその言葉で止まってしまう。
・論理的な説明で納得させる
・自分で考えさせる
・参考文献をまとめ読みする
・シュミレーションをするとその後の進行がスムーズになりスピードアップする
・ニュアンスではなく、具体的に指示を出す
・書いて覚える
・記憶するときには、視覚・触覚・聴覚、それぞれを試す
・物事によって記憶の方法が違う場合が多い
・また、他のことと関連付けながら記憶すると効果的である (例:源義経、凧の絵柄、勧進帳、五条の大橋)
・文章を書いたり、まとまった話をつくり、それを発表する機会があると学習の動機になりやすい

《音楽系・効果的な学習方法例》
♪ 暗譜する場合は、アナリーゼをし、ほかの事と関連付ける
♪ リストを作ったり、メモを取る
♪ 楽譜にメモする
♪ 暗譜するときには、視覚・触覚・聴覚、それぞれを試す
♪ 暗譜の方法もそれぞれ違う場合が多いのも特徴
♪ 発表したりする機会があると学習の動機になります
♪ 練習もシュミレーションをすると、その後の進行がスムーズになり、スピードアップします




【触覚優位の人

《効果的な学習方法例》
・理屈ではなく、とにかく体験させる(実験・ロールプレイなども)
・勉強のときは、たびたび休憩時間を取るようにする
・単語のつづりは指でなぞって覚える
・歴史上の事実は、文章を指でなぞり追いながら覚える
・コンピュータも効果的
・何かを覚えるときは、体を動かしながら覚える
・何度も弾いて、手になじむ感じになると安心する
・弾いた「感触」「感じ」「タッチ」に敏感
・経験者の体験談を聴くと、やる気が出る
・体がどんな感じかを質問する

《音楽系・効果的な学習方法例》
♪ 先生が生徒の手や体に触れる・触れさせる
♪ 指先(感触・タッチの意識・鍵盤の深さ・押している感覚)
♪ 呼吸(浅く・深く・長く・短く・ブレス・一緒に横で息を吸ったり吐いたりして体感させる)
♪ 緊張と脱力(こわばった感じ・リラックス。比べて「このフレーズはどっち?」)
♪ アクセントやリズムの切れ(立ち上がってジャンプ・ゴム・ボール・布・紐を使って)
♪ 重心と姿勢(重心の高低・姿勢の良し悪しを実際にやる。「体になじむのはどっち?」)
♪ 音色…さわる
ふわふわ=スポンジ  硬い=石  
あたたかい=毛布・お湯  冷たい=氷  
さらさら=砂  しっとり=土  とげとげ=たわし  
暗い=押し入れの中  明るい=太陽の光  
なめらか=背中をなでる  やわらかい=猫・ぬいぐるみ  
ごつごつ=先生の握りこぶし  ころころ=ビー玉  
がっしり=巨人になったイメージで歩く  
軽く=紙  重く=想い物を持たせる
♪ 感情表現… 
嬉しい=ニコニコ・ジャンプ  悲しい=悲しみを思い出し一人になる  
怒り=悔しい事を思い出し地団駄を踏む  やさしい=ぬいぐるみを抱く  
無機質=無表情になる  懐かしむ=目をつぶり深呼吸・懐かしい香り
愛=大好きな人を思い自分自身を抱きしめる・胸に手を置く  
おもしろい=ひょうきんな顔をする・面白い動きをする
美しい=美しい曲にあわせて踊る・ゆれる 
♪ テンポ…実際に歩く・走る・止まる
♪ 運動神経はよいが、反応が鈍いので、何度でも丁寧に教える
♪ いったん体になじむと飲み込みは早い 
  



【優位感覚】が違うと、「得意」なもの、「不得意・苦手」なものも異なります。

ご自身の【優位感覚】がわかっていれば、「得意なもの」を【効果的な学習方法】で、より一層、高めることができます。

また、自分の【優位感覚】ではない部分で取り組まなければならない「苦手な分野」については、
「長期間かけて、指導していく」という形で、少しずつ、力をつけていけるように、
得意・不得意、それぞれ、伸ばしていけるように指導していくことが望ましいとの事。



例えば、【視覚優位】の場合、譜読みも早く、要領もいいので、スラスラと、弾けてしまうけれど、
表現力がやや乏しかったり、「努力不足」「根気がない」
という一面もあるそうです。

「できるところ」は、生徒さん自身も「上機嫌で」取り組めますが、
「できないところ」は、身につくまでに、「時間をかけて」指導して、
「長期的な目標として、将来的には、できるように育てる」ことが必要ですよね。

「できないところ」を「できるようにする」事は、
生徒さんも、指導する講師側も「根気」がいりますが、
「生徒さんのやる気」がなくならないような配慮をしながら、
レッスンを続ける事が、大事なのですね。


私も、ピアノの生徒さんの【優位感覚】を見極めて、
レッスンで、「効果的な指導」ができるようにしていきたいな、と感じました



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


保科陽子先生の著書
【ピアノの先生の伝え方トレーニング 上手なコミュニケーション術】

保科先生・本

この本の中に、「30人の生徒さんの事例」が掲載されています。

この事例を参考にする事で、自分のレッスン生の皆様に、
「よりよい対応」ができるヒントがきっと見つかるんだ、と感じています。

この本、これからもしっかりと読んで、レッスンに活用していきたいな、と思っています。

たった1日のセミナーしか受講しいませんが、
1度、保科先生のコ―チングセミナーを受けた後で、この本の読むと、
事例で登場する生徒さんたちが、どの優位感覚の生徒さんなのか、
わかるようになり、より一層、この本を、活用していけそうです。


セミナーの日に、保科先生のサインをいただいちゃいました

保科先生・本・サイン

【この本の狙い】にも書かれていましたが、
コーチングとは、相手の目標達成を助ける技術。
コーチが相手の代わりに何かをやってあげる事はできない。

生徒さんがステージに立つ時、「代わりに講師が演奏してあげる」なんてできませんから。

結局、生徒さん「本人」が、乗り越えなければならない事の、手助けをする、応援する、
講師は、そこまでしか、できないのです。

生徒さんを「目的地」に送り届けるために、全力で応援すること、
それが、「コーチング」を踏まえたレッスンなのだと思います。



「輝いて」という保科先生からのメッセージ

私の元に通って来ている生徒さんが「輝けるように!」お手伝いしていきなぁ…、と、感じています。

生徒の皆さん、ピアノを学ぶって大変だけど…、頑張ろうね、私も応援するから



次回も、セミナーで学んだ事を記事にする予定です。
どうぞ、お楽しみに~


関連記事

≪保科陽子先生・コーチングセミナー(10月31日)楽しみです♪≫


≪保科陽子先生のセミナーを受講して~【1】≫


≪保科陽子先生のセミナーを受講して~【2】優位感覚を知る≫


≪保科陽子先生のセミナーを受講して~【4】聴く≫


≪保科陽子先生のセミナーを受講して~【5】承認≫


≪保科陽子先生のセミナーを受講して~【6】質問≫






只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ
にほんブログ村

  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/11/07(木) 08:00:00|
  2. セミナー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<保科陽子先生のセミナーを受講して~【4】聴く | ホーム | 保科陽子先生のセミナーを受講して~【2】優位感覚を知る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chihiropiano.blog.fc2.com/tb.php/170-becfcb4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

chihiropiano

Author:chihiropiano
このたびは、ブログ【ピアノと共に♪ 美し音楽を求めて♪】にお立ち寄りいただき、ありがとうございました!

音楽が大好きで、長年、ピアノを専門に学び、今、千葉県茂原市でピアノ講師をしています♪

縁あって私のもとでピアノを習いに来てくださっている生徒の皆さんにも、ピアノ音楽の素晴らしさを伝えていきたいと考えています。

自分の心の中にある「理想的な演奏」を再現することは至難の業ですが、演奏できる場で、少しでも想い描く理想の演奏に近づけるべく、日々練習を重ねています。

ピアノを練習する時間は、「音楽からの贈り物を享受できる至福の時間」です。ピアノを演奏できることに感謝して、これからもピアノと共に素晴らしい時間を過ごしていきたいと考えています♪

水瓶座・B型:
  独特な感性の持ち主?

好きな色:ピンク

好きな作曲家:
   ショパン
   リスト
   モーツァルト



♪ Tutti ピアノ教室 ♪ の詳細については、下記の【ホームページ】をご参照くださいませ♪ 

【♪ Tutti ピアノ教室 ♪】
 
  【ホームページ】

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
講師演奏・動画 (19)
発表会 (112)
グレードテスト (12)
演奏に関する私見 (12)
レッスンの特徴 (18)
レッスンでの出来事 (74)
レッスン風景 (3)
体験レッスン&レッスン風景 (25)
大人の生徒さん (19)
生徒さんとの関わり方 (13)
音楽全般 (29)
学び・気付き・感動 (26)
セミナー (12)
講師のひとり言 (93)
私の歩み~過去を振り返って (6)
ピアノを通して (83)
佛教から学ぶ事 (20)
ピアノ教室・施設紹介 (57)
お知らせ (12)
千裕先生のレッスン (8)
発表会・演奏動画(連弾) (15)
発表会・演奏動画(生徒ソロ) (22)

☆ ホームページ ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪

【ホームページ☆お店のミカタ】

ご関心のおありの方は、ご高覧いただければ幸いです♪

☆ お問合せフォーム① ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪
【お問合せフォーム①】
【体験レッスン申込用・fc2】

【体験レッスン】をご希望の方は、こちらの【お問合せフォーム①】からお申込みください♪ 現在、空き時間が少なくなってきています。ご希望の曜日・時間帯によっては、体験レッスンを実施できない場合もございますが、その折は、悪しからず、ご容赦願います。

☆ お問合せフォーム② ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪
【お問合せフォーム②・fc2】
【ご質問・お問合せ用】

【ご質問・お問合せ】については、【お問合せフォーム②】からお問合せくださいませ♪

☆ メールフォーム③ ☆

【メールフォーム③・fc2】

この【ブログ】をご高覧いただいての【ご感想など】については、こちらのメールフォームからどうぞ♪

☆ Tutti ピアノ教室 ♪ ご案内 ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪

ピアノ教室.COM

Music Square.jp

【音楽教室検索サイト】☆リンク☆

☆ facebookバナー ☆

Chihiro Takahoso


Tutti ピアノ教室

☆ 演奏動画 ☆

発表会での講師演奏です♪

華麗なロンド Op.62
(ウェーバー)

スケルツォ 第2番 Op.31
(F.ショパン)

3つの演奏会用練習曲よりⅢため息
(F.リスト)

バラード 第3番 Op.47
(F.ショパン)

幻想即興曲 Op.66 (F.ショパン)
ラ・カンパネラ (F.リスト)
①きらきら星変奏曲 K.265
(W.A.モーツァルト)

②きらきら星変奏曲 K.265
(W.A.モーツァルト)

超絶技巧練習曲 第10番
(F.リスト)

ソナタK.330 第1楽章
(W.A.モーツァルト)

ノクターンOp.27-2(F.ショパン)
月の光(C.ドビュッシー)
ロンドK.485(W.A.モーツァルト)
バラード 第1番 Op.23
(F.ショパン)

アラベスク第1番(C.ドビュッシー)
ソナタK.333 第1楽章
(W.A.モーツァルト)

ノクターンOp.9-2(F.ショパン)
ラ・カンパネラ(F.リスト)

ご関心がございましたら、どうぞお聴きください♪

リンク

このブログをリンクに追加する

☆ お友達ブログ ☆

【facebook】お友達のピアノ講師の先生方のブログ集♪

【磯山久理ピアノ教室】
【Piano Diary~ようこピアノ教室】
【鈴木直美ピアノコラム】
【白石ピアノ教室『頑張ってる通信』】
【いつも心に音楽をくちびるに歌を♪】
【荒井千裕*ピアノの音の綴り方】
【香港発ピアニスト/ピアノ講師*音の綴り方(荒井千裕)】
【保科陽子 近況ご報告】
【コーチングレッスン(保科陽子)】
【せとピアノ教室(瀬戸喜美子)】
【どれみスタジオ(遠藤 操)】
【しょうこ先生の日々。(益子祥子)】
【ワクワクピアノレッスン(大石富子)】
【ピアノ脱力法メソッド(大嶋聡子)】
【大竹道哉・日々雑感】
【想い出の樹(中嶋恵美子)】
【やすこ先生の日記帳(荒木安子)】
【ピアノの音色(愛野由美子)】
【山口県下関市・little-Note Piano Studio(神野由香)】
【音楽センスを~(山本美芽)】
【Piano Room(藤代のりこ)】
【俺達の遺伝子(沖田大佑)】
【いのうえピアノ教室・トピックス】
【みさきピアノ教室(千葉美咲)】
【アルモーニア教室(高野芳美)】
【ゆきえせんせい(矢内幸恵)】
【今時のピアノの先生(石嶺尚江)】
【優しい風(大原由紀)
【楕円は踊る♪(緒方ヤヨイ)】
【未来輝くピアノレッスン&コーチング♪(林 美紀)】
【ぴあのすく~る(中塚三貴子)】
【茉音's Diary Sweet Harmony(若谷茉音)】
【キティのお部屋(キティ先生♡)】
【チッペンデール(冨永雅子)】
【中川純子ピアノ教室】
【Life with Klavier(大西由佳)】
【すくすくミュージック(信定千尋)】
【寺坂亜紀音楽教室】
【ミュージックサロン(望月 和)】
【取手市もみの木のうた(坂上明子)】
【美音・音もだち(佐藤 美和)】


【ブログ】には書いている方の個性が表れます♪ 素敵な先生方のブログ、ご関心がございましたら、是非、ご高覧ください♪

☆ お気に入りブログ ☆

過去に“コメント”を残した事のあるブログ集♪

☆【しんわのばら日記】☆
☆【仏の赤川塾】2011.8.8☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

只今、ランキングに参加中です。 皆様からの【クリック】が【大きな力】になります♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ



趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

皆様の【1クリック】が【大きな力】となります♪ 温かい【応援クリック】どうぞよろしくお願いします♪

アクセスランキング

音楽

[ジャンルランキング]
音楽
1310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
45位
アクセスランキングを見る>>

ピアノ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

アクセスカウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

下記のQRコードを携帯電話で読み取り、アクセスしてください♪

QR

RSSリンクの表示

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: