ピアノと共に♪  美しい音楽を求めて♪

「より美しい音楽を奏でたい♪」という想いを抱きながら、日々レッスンに取り組んでいます。ピアノ・音楽をテーマに綴るピアノ講師の日記です♪

「型破り」と「形なし」の違いにまつわるエピソードから♪

「型破り」と「形なし」の違いについて、

「昔、無着先生が、ラジオ放送で、子どもへの質問に回答した事がある」のだと伺った後、

ピアノ講師の私も、色々と考えてみました(*^_^*)♡


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

このお話は、TBSラジオの「子供電話相談室」で、無着先生が、子供さんからの質問で、

「型破り」と「形なし」の違いを教えてください、という問いに、ラジオ番組の中で、

「形なし」は、「基本ができていない人」=「形ができていない人」

「型破り」は、基本ができている人(形ができている人)が、大胆な方法であたる事、という主旨の回答をしたそうですが、

その放送を、たまたま、タクシーに乗っていた、故中村勘三郎さんが聴いていて、

当時、まだ若かった勘三郎さんが、

「古典」である歌舞伎界で、自分が進むべき道を模索し、考え続けて、思い悩んでいた時に、

無着先生がラジオ番組で答えたこの言葉で、

「そういう事だったのか!」と、理解した、というエピソードが残っています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



ピアノを習いに来る初心者の生徒さんは、

ピアノを演奏するための技術が未熟なので、

練習を積んで、基礎力(土台)をつけていく事が必要になりますよね。



つまり、初心者の人は 「形なし」 なのですよね。




最初は 「形なし」であっても、継続的に、練習をして、鍛錬していけば、

段々と基本が身について、「形」ができてくる。




「形」ができるまでは、

「模倣」する、「真似をする」事しかできなかったのが、

本人の内側から表現できるようになっていって、

本人の「伝えたいこと」が「伝えられるように」なっていく。





演奏者が、その演奏者にしかできない表現ができるようになる事が、

「形」が出来上がった状態、一人前になった、という事なのでしょうね(*^_^*)♡




一人前になる、という事は、

模倣する事でしかできなかった事を、

自分の言葉(表現)で、発信できるようになる、という事。




でも、ある程度、「形」ができてきた人であっても、

「新しい作品」を、「はじめて練習する時」は、

1曲毎に、「形なし」状態から始まっているのですよね(^_^;)!




「形なし」だった、練習し始めの状態から、

段々と、「作品の形」が見えてきて、

一通り、演奏できるようになる。

そうなってから、「その作品を、演奏者独自の表現をしていく事」が、

「型破り」な表現に繋がっていく、という事なのかな?

と、感じるようになりました。





与えられた課題を、基本ができるようになった後、

「真似をする」から、一皮むけて、「自分の演奏」ができるようになる事が、

とても大切なのだろうなぁ…と。





音楽の演奏も、「無形の芸術」なので、

「音」それ自体を、目で見る事も、手で触る事もできません。

でも、「作品を演奏する」「再現する」中で、

「形」を生み出し、表現して、聴き手に「伝えていく事」が可能になります。




「形なし」から、「形あり」になるための修行は、

無形の芸術に携わる人間にとって、生涯、続くもの。





ピアノを続けている限り、「形」を求めて続けていくものなんだろうなぁ…と、

改めて、考えています(*^_^*)♡




1つのエピソードを知ることで、「考えるきっかけ」をいただいて、

「考え続ける」中で、「自分なりの答え」を見つけ出せるように、

生涯、探究あるのみ、ですね(*^_^*)♡




人間は、1人では生きていない。

他人様や、周りの環境などから、様々な影響を受けて、刺激をいただいて、

自分の進むべき道を歩んでいく生き物、なのだろうなぁ…と、

改めて、実感しています(*^_^*)♡





自由人の私は、「模範解答」を出す事よりも、

「自分自身の心が、納得する答え」を見つけ出したいと思っています(*^_^*)♡





只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ


  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

  1. 2015/09/11(金) 08:00:00|
  2. 講師のひとり言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ご家庭が、一番の「応援団」になってほしいなぁ♪ | ホーム | 来年の発表会に向けての選曲♪>>

コメント

「型」が破られるとき

「型破り」まで到達できる人の数は、ごくごくわずかなんだろうと思います。

「型破り」という言葉を聞いて私がまず思い浮かべる人は、グレン・グールドです。

彼の演奏を初めて聴いた時は、「奇異な演奏」との印象がありました。
それまで様々な演奏者のバッハの演奏を聴いてきて、自分の心の中に、「バッハの譜面は、このように解釈・演奏されるべし」というような、「デファクトスタンダード」(自分の主観的な)みたいなものが形づくられていたんだろうと思います。

グールドの演奏は、その「デファクトスタンダード」とは大きく異なる世界にあるものでした。

彼の演奏を聴き続けていくうち、「なるほど、バッハはこのようにも弾けるんだ(バッハの譜面をこのように解釈することも、大いにありなんだ」との、納得の感動が自分の心の中に生まれてきました。

それぞれの時代の聴者の心の中には、様々な「デファクトスタンダード」(XXXの音楽は、このように演奏されるべし)が存在するのでしょうが、それを打ち破ろうと試み、自分のオリジナリティを打ち出そうとする演奏者は多いのでしょうが、(デファクトスタンダードの打破)、それを聴いた人(聴者)が、その演奏をどのように受け止めるか、ということが重大な問題となるわけです。(演奏という行為は、演奏者と聴者との共同作業(弾く、と聴く)でもって成立しますから)

その演奏を聴いた人の感想が、
 「なにか、ヘンな演奏ね」
で終わってしまったら、それでおしまいなわけです。

その演奏を聴いた人が、
 「なるほど、バッハをこのように弾くのも、ありだねぇ」
と思えた時に、
「型破り」が成立し、「型」は破られるのでしょう。

「型」は、演奏者と聴者とによって(演奏者のみではなく)、演奏者のオリジナリティと、聴者の納得の感動とによって、破られていくものなのだろうと思います。
  1. 2015/09/12(土) 08:58:01 |
  2. URL |
  3. runningWaterX #5Fh6fpqM
  4. [ 編集 ]

Re: 「型」が破られるとき

runningWaterXさま、おはようございます(*^_^*)♡

全ての演奏者は、型破りの域にまで到達できる表現を目指していきたいですよね♪

グレン・グールド氏のバッハの演奏の録音を、私も、何度も聴き続けていくうちに、
彼独自の音楽の世界を、段々、受け入れ、理解し、享受できるようになった人間の1人だと思っています♪

人は、はじめて「新しいもの」「型破りのもの」に接した時には、
その本当の「真価」を、理解できるだけの力が備わっていない、という事なのだと思います(*^_^*)♫

今は、全世界で「名曲」と称される優れた芸術作品も、
「初演の時は、聴衆が理解できずに、不評に終わった」、
というエピソードがたくさんありますよね!

「新しいもの」、「革新的なもの」に対しては、
享受する側が、すぐには、「わからない」という状態になるものなのだろうぁ…、
と、私も感じています♪

聴き手(享受する人)の中に、それを受け入れるだけの「力」が確立されないと、
理解できないものが、たくさんありますよね(^_-)-☆

絵画にしても、「ゴッホは、存命中には、1枚の絵も売れなかった」、と言われていますし、
音楽の演奏に限ったものではないのでしょうね!

逆に、「その当時は、もてはやされて、その時代を一世風靡したもの」も、
「後の世では、忘れ去られる運命の作品」もあります。

芸術家が心血を注いで創り上げた作品の中でも、
「永遠の命」を得て、後の世の人々にも愛され続けるものを、
芸術家は、そういう「永遠の命」を有した作品、演奏…を、
創造する事が、最終的な目標なのかもしれませんよね(*^_^*)♡

そして、それを受け取る側の人々も、
その作品の素晴らしさ・神髄を理解できるだけの力を身につける事も必要なのだと、私も感じています(*^_^*)♡

今、素晴らしい芸術作品が存在している事に、心から感謝して、
私自身も「私にしかできない演奏」を目指して、日々、精進していきたいなぁ…と思っています(*^_^*)♡

runningWaterXさま、いつも、素晴らしいコメントを本当にありがとうございます(*^_^*)♡

今日も、素敵な1日をお過ごしくださいませ(*^_^*)♡




  1. 2015/09/13(日) 08:29:38 |
  2. URL |
  3. chihiropiano #sdIz4UQw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chihiropiano.blog.fc2.com/tb.php/458-1aa5edf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

chihiropiano

Author:chihiropiano
このたびは、ブログ【ピアノと共に♪ 美し音楽を求めて♪】にお立ち寄りいただき、ありがとうございました!

音楽が大好きで、長年、ピアノを専門に学び、今、千葉県茂原市でピアノ講師をしています♪

縁あって私のもとでピアノを習いに来てくださっている生徒の皆さんにも、ピアノ音楽の素晴らしさを伝えていきたいと考えています。

自分の心の中にある「理想的な演奏」を再現することは至難の業ですが、演奏できる場で、少しでも想い描く理想の演奏に近づけるべく、日々練習を重ねています。

ピアノを練習する時間は、「音楽からの贈り物を享受できる至福の時間」です。ピアノを演奏できることに感謝して、これからもピアノと共に素晴らしい時間を過ごしていきたいと考えています♪

水瓶座・B型:
  独特な感性の持ち主?

好きな色:ピンク

好きな作曲家:
   ショパン
   リスト
   モーツァルト



♪ Tutti ピアノ教室 ♪ の詳細については、下記の【ホームページ】をご参照くださいませ♪ 

【♪ Tutti ピアノ教室 ♪】
 
  【ホームページ】

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
講師演奏・動画 (19)
発表会 (113)
グレードテスト (13)
演奏に関する私見 (12)
レッスンの特徴 (18)
レッスンでの出来事 (74)
レッスン風景 (3)
体験レッスン&レッスン風景 (27)
大人の生徒さん (19)
生徒さんとの関わり方 (13)
音楽全般 (29)
学び・気付き・感動 (26)
セミナー (12)
講師のひとり言 (93)
私の歩み~過去を振り返って (6)
ピアノを通して (83)
佛教から学ぶ事 (20)
ピアノ教室・施設紹介 (58)
お知らせ (12)
千裕先生のレッスン (8)
発表会・演奏動画(連弾) (15)
発表会・演奏動画(生徒ソロ) (22)

☆ ホームページ ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪

【ホームページ☆お店のミカタ】

ご関心のおありの方は、ご高覧いただければ幸いです♪

☆ お問合せフォーム① ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪
【お問合せフォーム①】
【体験レッスン申込用・fc2】

【体験レッスン】をご希望の方は、こちらの【お問合せフォーム①】からお申込みください♪ 現在、空き時間が少なくなってきています。ご希望の曜日・時間帯によっては、体験レッスンを実施できない場合もございますが、その折は、悪しからず、ご容赦願います。

☆ お問合せフォーム② ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪
【お問合せフォーム②・fc2】
【ご質問・お問合せ用】

【ご質問・お問合せ】については、【お問合せフォーム②】からお問合せくださいませ♪

☆ メールフォーム③ ☆

【メールフォーム③・fc2】

この【ブログ】をご高覧いただいての【ご感想など】については、こちらのメールフォームからどうぞ♪

☆ Tutti ピアノ教室 ♪ ご案内 ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪

ピアノ教室.COM

Music Square.jp

【音楽教室検索サイト】☆リンク☆

☆ facebookバナー ☆

Chihiro Takahoso


Tutti ピアノ教室

☆ 演奏動画 ☆

発表会での講師演奏です♪

華麗なロンド Op.62
(ウェーバー)

スケルツォ 第2番 Op.31
(F.ショパン)

3つの演奏会用練習曲よりⅢため息
(F.リスト)

バラード 第3番 Op.47
(F.ショパン)

幻想即興曲 Op.66 (F.ショパン)
ラ・カンパネラ (F.リスト)
①きらきら星変奏曲 K.265
(W.A.モーツァルト)

②きらきら星変奏曲 K.265
(W.A.モーツァルト)

超絶技巧練習曲 第10番
(F.リスト)

ソナタK.330 第1楽章
(W.A.モーツァルト)

ノクターンOp.27-2(F.ショパン)
月の光(C.ドビュッシー)
ロンドK.485(W.A.モーツァルト)
バラード 第1番 Op.23
(F.ショパン)

アラベスク第1番(C.ドビュッシー)
ソナタK.333 第1楽章
(W.A.モーツァルト)

ノクターンOp.9-2(F.ショパン)
ラ・カンパネラ(F.リスト)

ご関心がございましたら、どうぞお聴きください♪

リンク

このブログをリンクに追加する

☆ お友達ブログ ☆

【facebook】お友達のピアノ講師の先生方のブログ集♪

【磯山久理ピアノ教室】
【Piano Diary~ようこピアノ教室】
【鈴木直美ピアノコラム】
【白石ピアノ教室『頑張ってる通信』】
【いつも心に音楽をくちびるに歌を♪】
【荒井千裕*ピアノの音の綴り方】
【香港発ピアニスト/ピアノ講師*音の綴り方(荒井千裕)】
【保科陽子 近況ご報告】
【コーチングレッスン(保科陽子)】
【せとピアノ教室(瀬戸喜美子)】
【どれみスタジオ(遠藤 操)】
【しょうこ先生の日々。(益子祥子)】
【ワクワクピアノレッスン(大石富子)】
【ピアノ脱力法メソッド(大嶋聡子)】
【大竹道哉・日々雑感】
【想い出の樹(中嶋恵美子)】
【やすこ先生の日記帳(荒木安子)】
【ピアノの音色(愛野由美子)】
【山口県下関市・little-Note Piano Studio(神野由香)】
【音楽センスを~(山本美芽)】
【Piano Room(藤代のりこ)】
【俺達の遺伝子(沖田大佑)】
【いのうえピアノ教室・トピックス】
【みさきピアノ教室(千葉美咲)】
【アルモーニア教室(高野芳美)】
【ゆきえせんせい(矢内幸恵)】
【今時のピアノの先生(石嶺尚江)】
【優しい風(大原由紀)
【楕円は踊る♪(緒方ヤヨイ)】
【未来輝くピアノレッスン&コーチング♪(林 美紀)】
【ぴあのすく~る(中塚三貴子)】
【茉音's Diary Sweet Harmony(若谷茉音)】
【キティのお部屋(キティ先生♡)】
【チッペンデール(冨永雅子)】
【中川純子ピアノ教室】
【Life with Klavier(大西由佳)】
【すくすくミュージック(信定千尋)】
【寺坂亜紀音楽教室】
【ミュージックサロン(望月 和)】
【取手市もみの木のうた(坂上明子)】
【美音・音もだち(佐藤 美和)】


【ブログ】には書いている方の個性が表れます♪ 素敵な先生方のブログ、ご関心がございましたら、是非、ご高覧ください♪

☆ お気に入りブログ ☆

過去に“コメント”を残した事のあるブログ集♪

☆【しんわのばら日記】☆
☆【仏の赤川塾】2011.8.8☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

只今、ランキングに参加中です。 皆様からの【クリック】が【大きな力】になります♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ



趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

皆様の【1クリック】が【大きな力】となります♪ 温かい【応援クリック】どうぞよろしくお願いします♪

アクセスランキング

音楽

[ジャンルランキング]
音楽
1041位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
31位
アクセスランキングを見る>>

ピアノ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

下記のQRコードを携帯電話で読み取り、アクセスしてください♪

QR

RSSリンクの表示

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: