ピアノと共に♪  美しい音楽を求めて♪

「より美しい音楽を奏でたい♪」という想いを抱きながら、日々レッスンに取り組んでいます。ピアノ・音楽をテーマに綴るピアノ講師の日記です♪

ご家庭が、一番の「応援団」になってほしいなぁ♪

先日、アメブロでご交流させていただいてる山形 かおる先生が、

ご自身のブログで、

「マルをもらってこないと、ダメよ!」とおっしゃる保護者の方の要求で、

生徒さんが、「マルをもらう事」が目的になって、

「よい音楽を奏でる事」に意識がいかなくなってしまうという点について、

ご意見を述べられていらっしゃいました。

↓ ↓ ↓


やまがたピアノ教室ブログ【合格して来い!は禁句です その②】




私も、かおる先生のおっしゃる通りだと思っています♡




音楽を奏でる力をつけるために、

一生懸命、練習して、

「形なし」状態の生徒さんを育てているんですよね(*^_^*)♡




「マルをもらう」=「(学校教育でしみついた)点数でしか、評価できない」

という事に通じているんだろうなぁ…と、

私も、心を痛めるんです…。



音楽の演奏は、生涯にわたって、終わりのない修行をしても、

本当に奥が深くて、絶対に手に入る、とは限らない世界 なのです♪



自分の中にある「美意識」を高める事で、

少しずつ、「ステキな演奏って、どんな演奏だろう?」と考えるようになって、

「自分の思い描く理想の音楽を表現していけるようになる事」が、

「到達すべき目標」のはずですよね(*^_^*)♡




でも…、もしも、ご家庭で

「○をもらう事」=「ピアノで素晴らしい演奏ができる事」

だと考えていたら…、

結果的に、その子供さんは、

「音楽を奏でる目的」を、勘違いしたまま、

結果的に「ピアノが嫌い」になってしまうかもしれません…




「条件付きで、子どもを愛する」事は、とても危険な事です。




「○○ができる、あなたなら、愛してあげる」

これは、子どもにとってみれば、

「○○ができなければ、自分は、愛してもらえないんだ」

という恐怖心を抱く事になるんですよね…。





ご家庭では、ピアノを頑張ってい学んでいるお子様を、

励まして、勇気づけてあげる事が、

子供さんご自身が、一番安心して、ピアノを学べるようになると私は感じています(*^_^*)♡





それでなくても、学校では、「点数で評価する」のですから、

せめて、学校以外のピアノ教室や、ご家庭では、

学校での「点数での評価から離れた視点」で、

きちんと、その子供の成長を見守りながら、育んでいけますように…と、

私は、心から願っています(*^_^*)♡





私は、お寺に通うようになってから、

それまで以上に、

「人間を育てる時には、減点法で、点数での評価をしてはいけない」

という事を再認識しています(*^_^*)♡




ピアノを習いにいらっしゃる生徒さんは、

初心者のうちは全ての方が 「形なし」 です。

だから、少しずつ、「形」ができるように、

加点法で、私は育てていきます(*^_^*)♡





ピアノを習いにいらっしゃる全ての生徒さんが、

「加点法」で、「出来ない事が、できるようになったね♡」

と、本来 こうあるべき 教育 を受けられますように…と、

心から願っています(*^_^*)♡








只今【にほんブログ村】【FC2】【趣味なび】ランキングに参加中です。
皆様の【1クリック】が「とても大きな力」になります。

「このブログ、応援してみようかな」とお感じになられましたら、
応援  のクリック、どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ


  趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

  1. 2015/09/14(月) 08:00:00|
  2. ピアノを通して
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<憧れの曲を弾けるのは、今? | ホーム | 「型破り」と「形なし」の違いにまつわるエピソードから♪>>

コメント

教える人に対しても「説明」という行為が求められる時代

 「○○ができる、あなたなら、愛してあげる」
とまで、(ここまで極端に)考えている親の人数は、それほど多くはないのだろうと思いますが、
親としてはやはり、「マル」をもらえなかったレッスンは、気になるのではと思います。
 21世紀の日本においては、「説明」が大いに求められるようです。
 ピアノを教える側が、どのような基準でもって「マル」を出しているのか、例えば、
  ある水準を設定していて、それに到達できていなければ「マル」を出さない
  (絶対比較)
という事なのか、あるいは
  前回のレッスン時より進展が見られれば、「マル」を出す
  (相対比較)
という事なのか
 このような事(ピアノ講師が「マル」を出すか出さないかの基準、今回のレッスンではなぜ、「マル」を出せなかったのか、といったような事々)を、ピアノ講師が親(音楽の専門家ではない場合が多い)に対して、事細やかに、ていねいに(親が理解できるように)「説明」できれば、生徒を送り出す親の側の安心はより深まるのではないでしょうか。
 「説明」という行為により、納得と安心が生まれるのだろうと思います。
  1. 2015/09/16(水) 04:18:17 |
  2. URL |
  3. runningWaterX #lqvbC.bc
  4. [ 編集 ]

Re: 教える人に対しても「説明」という行為が求められる時代

runningWaterXさま、おはようございます(*^_^*)♫

「○○ができる、あなたなら、愛してあげる」という「条件付き」で、子どもに接している親御さん、
現実に、結構いらっしゃるんですよ。
親御さんの方は、さほど「気にしないで」発信している言葉であっても、
受取る子供の心には、深く突き刺さる言葉になるんです。
子供さんの感受性は、非常に敏感なものなのです…。

☆☆☆☆☆☆☆☆

「何故、○にならなかったのか?」

それは、「その演奏が、美しい音楽の領域に達していないから」なのです。

音楽の演奏は、指さえ動けばそれで「美しい演奏」なのか?

と言われれば、答えは「ノ―」ですよね?

ピアノを学ぶという事は、「指の運動機能を高めるためだけではない」、という事なのです♪

演奏するためには、「演奏技術」が必要ですが、それだけでは、「美しい音楽」にはなりませんよね?

これを、ピアノのレッスンをしていく中で、ご本人にわかってもらう事が大前提ですよね?




「何故、○にならなかったのか?」

その意味を考えるのも、本人の学びの大切な1項目になります。

ピアノの演奏には、「これが答え」というものが存在しません。

美を追求する世界だからです。

全ての人々が、各々持っている美意識は、それぞれ「違う」

だから、10人いれば、10通りの演奏になる世界です。

指さえ動けば、それで「美しい演奏だ!」と感じている人は、「そこまでの演奏」しかできない。

「指が動いて、楽譜の指示された音が出せている」これが、「まずは、第一歩」であって、

それができるようになった後に「どうすれば、より美しい音楽にしていけるのか」を模索する事が必要なのです。




講師から、「もうちょっと」と言われたとすれば、

それは、「その生徒さんなら、もう少し、より美しい演奏をする可能性が残っている」という事なのです。

つまり、期待されている訳です。

この生徒さんは、「指が動けば、もう、○にしてあげないと、それ以上、期待しても無理ね」

と思われるより、ずっと素晴らしいと思いになりませんか?



「○」は、「一旦の終止符」であって、

次の別の課題に取り組んでいけるだろう、というメッセージ、という事なのではないでしょうか。




「○をもらってこい」とおっしゃる方は、「指さえ動けば、それで合格」だと感じているという事なのかもしれませんよね。

習う側の生徒さんが、この点をわかった上で「ピアノを習う」事をしないと、

結局、「美の追求」に至る事なしに終わってしまうんです。




美しいものを、美しいと感じ取る心を育てる事が、ピアノを習う意義なのではないでしょうか?

ピアノを習い始めて、かなりの期間、その「基礎」を積み上げていく必要があります。

「形なし」の方を、「形あり」にするための時間ですね。

1つの道を歩み、自分のものにするまでには、非常に時間がかかります。




縁あって、私のもとに通って来て下さる生徒さんたちには、

「ピアノを学ぶ意味」を、きちんと理解できるように、これからも、丁寧に、伝えていきたいと思っています(*^_^*)♡







  1. 2015/09/16(水) 10:12:35 |
  2. URL |
  3. chihiropiano #sdIz4UQw
  4. [ 編集 ]

運指と表現

 「「○をもらってこい」とおっしゃる方は、「指さえ動けば、それで合格」だと感じているという事なのかもしれませんよね。」

うーん・・・どうなんでしょうねぇ?・・・そこまで深く、「マル」の意味を考えて(知って)おられる方も、おられるのかもしれませんが、そうではない方もおられるかも・・・。

「演奏技術」と「美しい音楽」との関係についても、よく分からないなぁ、という人もけっこうおられるかもしれませんねぇ。

 ピアノをうまく弾ければ、それでもう、美しい音楽が演奏されてるってことなんじゃぁ?

と考えている人も、けっこうおられるかもしれません。

(「美しい音楽」とはいったいなにか、という事まで考え始めると、迷路に入ってしまうおそれもあります。「全ての人々が、各々持っている美意識は、それぞれ「違う」」、だから、100人の人がいれば(100人の講師がいれば)、100通りの「美しい音楽」の定義(考え方)がありえますよねぇ。)
  1. 2015/09/17(木) 08:56:38 |
  2. URL |
  3. runningWaterX #lqvbC.bc
  4. [ 編集 ]

Re: 運指と表現

runningWaterXさま、おはようございます(*^_^*)♫

>  ピアノをうまく弾ければ、それでもう、美しい音楽が演奏されてるってことなんじゃぁ?
>
> と考えている人も、けっこうおられるかもしれません。



その「うまく弾けていない状態」で、「マルをもらってこい」、という方がいらっしゃる、という事なのです(^_^;)

100人の講師が、「同じ演奏」を聴いたとして、
恐らく、100人とも「これじゃ、マルは上げられない」状態の演奏であっても、
「○をもらってきなさい」とご家庭の方がおっしゃる場合は、
「おまけ」でも「○」をあげることは、その子自身のためになりませんよね(^_^;)。




演奏技術が未熟な場合は、指が動くなるようになる事もとても大切ですよね。

技術がなければ、ピアノは弾けませんから…。

習いにいらっしゃる生徒さんは、「スムーズに指が動く子」もいれば、「中々、指が思うように動かない子」もいます。

持っている能力も、人それぞれです。

「同じ課題の曲」であっても、1週間、練習すれば上達できる子もいれば、

1ヵ月以上かかっても、習得できない子もいます。




学校教育では、「既定の時間数の授業が終われば、不十分な習得度であっても、先へ進んでいきます」が、

ピアノの場合は、個人レッスンで、「本人の習得度」によって進めていきます。

習得に時間のかかる子は、時間をかけて、じっくりと、「きちんと習得したことを確認して」マルにする。

これが、ご本人のためになると私は信じています♪




100人いれば、100通りの教え方をするピアノ講師が存在しているので、

生徒さん(保護者)側が、「この先生の教え方や、マルの与え方に問題がある」と感じれば、

「別のピアノ講師」を探して、「ご自分に合った先生」を見つけて、移籍する事もできます♪

生徒さんと講師の間で、「信頼関係」が築けないのであれば、そういう行動もありだと思います。




学校の担任の先生を、「気に入らないからかえてくれ」、と言っても、中々難しいですが、

ピアノの先生が気に入らなければ、「かえること」は可能。




一生懸命努力しているお子様の演奏を、親御さんがお聴きになって、

「この子の演奏は、親から見て、とても素晴らしいのにマルがもらえない」とお感じになって、

「自分との相性の悪いピアノの先生をかえる事」で、

「正当な評価」をしてもらえるようになって、ピアノが楽しくなれば、

それで、新たなピアノライフが豊かになっていくと思います。




音楽は「答えのない世界」なので、

【捨てる神あれば、拾う神あり】 という面がありますので。




でも、複数の先生にかわっても「マルをもらえない」状態が続くなら、

それは、その方の「演奏レベルが、マルに到達していない」という事になるんだと思いますよ♪


  1. 2015/09/17(木) 09:47:33 |
  2. URL |
  3. chihiropiano #sdIz4UQw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chihiropiano.blog.fc2.com/tb.php/464-c984fe71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

chihiropiano

Author:chihiropiano
このたびは、ブログ【ピアノと共に♪ 美し音楽を求めて♪】にお立ち寄りいただき、ありがとうございました!

音楽が大好きで、長年、ピアノを専門に学び、今、千葉県茂原市でピアノ講師をしています♪

縁あって私のもとでピアノを習いに来てくださっている生徒の皆さんにも、ピアノ音楽の素晴らしさを伝えていきたいと考えています。

自分の心の中にある「理想的な演奏」を再現することは至難の業ですが、演奏できる場で、少しでも想い描く理想の演奏に近づけるべく、日々練習を重ねています。

ピアノを練習する時間は、「音楽からの贈り物を享受できる至福の時間」です。ピアノを演奏できることに感謝して、これからもピアノと共に素晴らしい時間を過ごしていきたいと考えています♪

水瓶座・B型:
  独特な感性の持ち主?

好きな色:ピンク

好きな作曲家:
   ショパン
   リスト
   モーツァルト



♪ Tutti ピアノ教室 ♪ の詳細については、下記の【ホームページ】をご参照くださいませ♪ 

【♪ Tutti ピアノ教室 ♪】
 
  【ホームページ】

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
講師演奏・動画 (19)
発表会 (113)
グレードテスト (13)
演奏に関する私見 (12)
レッスンの特徴 (18)
レッスンでの出来事 (74)
レッスン風景 (3)
体験レッスン&レッスン風景 (27)
大人の生徒さん (19)
生徒さんとの関わり方 (13)
音楽全般 (29)
学び・気付き・感動 (26)
セミナー (12)
講師のひとり言 (93)
私の歩み~過去を振り返って (6)
ピアノを通して (83)
佛教から学ぶ事 (20)
ピアノ教室・施設紹介 (58)
お知らせ (12)
千裕先生のレッスン (8)
発表会・演奏動画(連弾) (26)
発表会・演奏動画(生徒ソロ) (22)

☆ ホームページ ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪

【ホームページ☆お店のミカタ】

ご関心のおありの方は、ご高覧いただければ幸いです♪

☆ お問合せフォーム① ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪
【お問合せフォーム①】
【体験レッスン申込用・fc2】

【体験レッスン】をご希望の方は、こちらの【お問合せフォーム①】からお申込みください♪ 現在、空き時間が少なくなってきています。ご希望の曜日・時間帯によっては、体験レッスンを実施できない場合もございますが、その折は、悪しからず、ご容赦願います。

☆ お問合せフォーム② ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪
【お問合せフォーム②・fc2】
【ご質問・お問合せ用】

【ご質問・お問合せ】については、【お問合せフォーム②】からお問合せくださいませ♪

☆ メールフォーム③ ☆

【メールフォーム③・fc2】

この【ブログ】をご高覧いただいての【ご感想など】については、こちらのメールフォームからどうぞ♪

☆ Tutti ピアノ教室 ♪ ご案内 ☆

♪ Tutti ピアノ教室 ♪

ピアノ教室.COM

Music Square.jp

【音楽教室検索サイト】☆リンク☆

☆ facebookバナー ☆

Chihiro Takahoso


Tutti ピアノ教室

☆ 演奏動画 ☆

発表会での講師演奏です♪

華麗なロンド Op.62
(ウェーバー)

スケルツォ 第2番 Op.31
(F.ショパン)

3つの演奏会用練習曲よりⅢため息
(F.リスト)

バラード 第3番 Op.47
(F.ショパン)

幻想即興曲 Op.66 (F.ショパン)
ラ・カンパネラ (F.リスト)
①きらきら星変奏曲 K.265
(W.A.モーツァルト)

②きらきら星変奏曲 K.265
(W.A.モーツァルト)

超絶技巧練習曲 第10番
(F.リスト)

ソナタK.330 第1楽章
(W.A.モーツァルト)

ノクターンOp.27-2(F.ショパン)
月の光(C.ドビュッシー)
ロンドK.485(W.A.モーツァルト)
バラード 第1番 Op.23
(F.ショパン)

アラベスク第1番(C.ドビュッシー)
ソナタK.333 第1楽章
(W.A.モーツァルト)

ノクターンOp.9-2(F.ショパン)
ラ・カンパネラ(F.リスト)
献呈(R.シューマン/F.リスト)


ご関心がございましたら、どうぞお聴きください♪

リンク

このブログをリンクに追加する

☆ お友達ブログ ☆

【facebook】お友達のピアノ講師の先生方のブログ集♪

【磯山久理ピアノ教室】
【Piano Diary~ようこピアノ教室】
【鈴木直美ピアノコラム】
【白石ピアノ教室『頑張ってる通信』】
【いつも心に音楽をくちびるに歌を♪】
【荒井千裕*ピアノの音の綴り方】
【香港発ピアニスト/ピアノ講師*音の綴り方(荒井千裕)】
【保科陽子 近況ご報告】
【コーチングレッスン(保科陽子)】
【せとピアノ教室(瀬戸喜美子)】
【どれみスタジオ(遠藤 操)】
【しょうこ先生の日々。(益子祥子)】
【ワクワクピアノレッスン(大石富子)】
【ピアノ脱力法メソッド(大嶋聡子)】
【大竹道哉・日々雑感】
【想い出の樹(中嶋恵美子)】
【やすこ先生の日記帳(荒木安子)】
【ピアノの音色(愛野由美子)】
【山口県下関市・little-Note Piano Studio(神野由香)】
【音楽センスを~(山本美芽)】
【Piano Room(藤代のりこ)】
【俺達の遺伝子(沖田大佑)】
【いのうえピアノ教室・トピックス】
【みさきピアノ教室(千葉美咲)】
【アルモーニア教室(高野芳美)】
【ゆきえせんせい(矢内幸恵)】
【今時のピアノの先生(石嶺尚江)】
【優しい風(大原由紀)
【楕円は踊る♪(緒方ヤヨイ)】
【未来輝くピアノレッスン&コーチング♪(林 美紀)】
【ぴあのすく~る(中塚三貴子)】
【茉音's Diary Sweet Harmony(若谷茉音)】
【キティのお部屋(キティ先生♡)】
【チッペンデール(冨永雅子)】
【中川純子ピアノ教室】
【Life with Klavier(大西由佳)】
【すくすくミュージック(信定千尋)】
【寺坂亜紀音楽教室】
【ミュージックサロン(望月 和)】
【取手市もみの木のうた(坂上明子)】
【美音・音もだち(佐藤 美和)】


【ブログ】には書いている方の個性が表れます♪ 素敵な先生方のブログ、ご関心がございましたら、是非、ご高覧ください♪

☆ お気に入りブログ ☆

過去に“コメント”を残した事のあるブログ集♪

☆【しんわのばら日記】☆
☆【仏の赤川塾】2011.8.8☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

只今、ランキングに参加中です。 皆様からの【クリック】が【大きな力】になります♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 教育ブログ 音楽科教育へ



趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

皆様の【1クリック】が【大きな力】となります♪ 温かい【応援クリック】どうぞよろしくお願いします♪

アクセスランキング

音楽

[ジャンルランキング]
音楽
584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
15位
アクセスランキングを見る>>

ピアノ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

下記のQRコードを携帯電話で読み取り、アクセスしてください♪

QR

RSSリンクの表示

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: